ブラウザチャート。 ブラウザ別のチャート表示対応方法|初心者にもわかりやすい株式投資、資産運用入門のグッドイシュー

【株価ブラウザ明日香】財務チャートと理論株価

ブラウザチャート

comチャート 両方 Cymo NEXT 両方 Exチャート ブラウザ i-NET TRADER 両方 トレードツールに含まれる FXブロードネットTrader 両方 トレードツールに含まれる FX TRADER 2 ブラウザ トレードツールに含まれる 基本的にFXは、 ブラウザ版よりもインストール版のアプリの方が、高機能で取引しやすいという傾向があります。 本記事ではブラウザに対応している会社も紹介していますが、 基本的にはアプリ対応した会社を優先して選んだほうが良いでしょう。 ですが、近年はブラウザ版でも性能が上がっているため、口座の総合的な特徴を必ず確認して口座開設することをおすすめします。 さて、Macでも取引できる会社は分かりましたが、MacユーザーにおすすめのFX会社は一体どこなのでしょうか。 Macユーザーにおすすめの厳選FX業者3社 ここからはMacユーザーにおすすめのFX会社を3社紹介していきます。 この記事でおすすめするFX会社は「」「」「」の3社です。 この3社はMacに対応しており、なおかつ操作性や口座のスペックの高い業者となっています。 それぞれの業者の特徴やおすすめポイントも解説していきますのでお見逃しなく。 ちなみに、数多くあるFX会社の中でも、 Mac専用取引ツールをリリースしているのは「ヒロセ通商」と「JFX」の2社だけですので、必ず選択肢に入れておきましょう。 高性能な分析特化チャートに加え、未来予測チャートも利用可• 取引量に応じたキャンペーンは業界随一 ヒロセ通商ではトレードツールの種類がとても多く、 インストール版としてMac専用アプリが利用可能です。 インストール版の「LION FX」は、「自由な画面レイアウト」「優れた視認性と操作性」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「取引分析機能」と十分な特徴を持っています。 取引量に応じた食品やキャッシュバックのキャンペーンも常時実施しているため、 MacでFXする場合のメイン口座としておすすめです。 しかし、Silverlightを利用している「LIONチャート」に関しては、多くのブラウザがSilverlightのサポートを終了していく関係上、開発がストップします。 さきよみLIONチャート 「さきよみLIONチャート」は過去のデータから直近のチャートと同じような値動きを自動で探し、未来の値動きを予想する機能です。 またチャート画面の横にはテクニカル指標に基づいた売買傾向を表示するため、 テクニカル分析に慣れていない初心者でも手軽にトレードを行うことができます。 テンプレート保存やチャートデータ出力も可能• 大口トレーダー向けのキャンペーンも常時実施 JFXはヒロセ通商の関連会社という事もあり、基本的なスペックはほぼ同一です。 大きな相違点は、 「通貨ペア数がJFXの方が少ないという点(ヒロセ通商:50 JFX:26)」「取引量に応じたキャンペーンの内容がJFXは若干豪華」という点が言えます。 キャンペーンの内容はヒロセ通商に比べてJFXの方が豪華ですが、その分必要な取引量も多くなるため、 100万~1,000万円以上の高額での運用を考える方はJFXがおすすめです。 インストール版のトレードツール「MATRIX TRADER」の特徴は、ヒロセ通商とほぼ同様で「自由な画面レイアウト」「優れた視認性と操作性」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「チャートから直接注文可能」と一般的です。 「MATRIX TRADER」メイン画面 右クリックで直接注文可能な「インストール版付属のチャート」 チャートは「インストール版付属のチャート」「Silverlight版のMATRIXチャート」の2種類がMacで利用可能です。 インストール版は、チャートから直接注文可能ですがテクニカルの種類が若干少なめ、Silverlight版は、チャートから直接注文可能でテクニカルの種類が多く分析向き、という特徴があります。 現在のところSilverright版の方が多機能になっていますが、 Silverlights版は開発がストップしている点にご注意を。 今後はインストール版、もしくは開発中のHTML5版に取って代わられる可能性が高いですので、利用時はその可能性を押さえておきましょう。 なお、 ヒロセ通商で利用できた相場予想用の「さきよみチャート」はJFXでも仕様が変わらず利用可能です。 Macでも自動売買が簡単に利用可能• 売買手数料は業界最安で初心者にも優しい アイネット証券は自動売買である「ループイフダン」を提供しており、裁量トレードに加えて、自動売買を初心者でも手軽に行うことができます。 売買手数料の安さ、自動売買の勝率の高さともに国内トップであり、 Macで自動売買を行いたい方にはアイネット証券がおすすめです。 アイネット証券のインストール版トレードツール「i-NET TRADER」の特徴は、「自由な画面レイアウト」「優れた視認性と操作性」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「保有ポジションや指値注文等をチャート上に表示」「チャート上にメモができる、つぶやきchart」「取引分析機能」などです。 テンプレートを活用して自由に画面をカスタマイズ チャートにメモができる「つぶやきchart」 「つぶやきchart」はチャート上にメモが残せる機能のことです。 自分がポジションを持った地点や、ポジションを持った根拠をチャート上に記録したり、ファンダメンタルズ動向による突発的な価格変動を記録したり、用途は様々です。 チャート分析はもちろんですが、自分のトレードの復習にも便利なため、初心者に特におすすめできる機能といえます。 ブラウザ版・インストール版どちらもMac対応の業者3選 ここで紹介するFX業者のトレードツールは、インストール版とブラウザ版どちらもMacで利用可能です。 しかし、重ねてお伝えしている通り、ブラウザ版ツールとインストール版ツールでは、インストール版の方が優れている傾向があります。 そのため、ここではインストール版のトレードツールをメインにご紹介します。 外為どっとコム(外貨ネクストネオ) 外為どっとコムの一番の特徴は 業界屈指の情報量です。 基本的な経済指標やレート情報は勿論ですが、ヘッジファンドが持つ投機的なポジション推移や、為替注文情報、売買比率・ポジション比率など、多岐にわたる情報を確認することができます。 そのため、 これからFXを始める人にとっては重要な情報源となるため、情報目当てとして口座を持っていても損は無いでしょう。 インストール版のトレードツール「外貨ネクストネオ」の特徴は、「スピード注文ウィンドウ」「チャートは最大6分割表示」「画面カスタマイズ性の高さ」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「同時に注文画面を3つまで表示可能」「指定したレートを知らせてくれるリミッターメール」などで非常に高機能なトレードツールです。 「外貨ネクストネオ」メイン画面とカスタマイズ例 「G. comチャート」 また、マウスでの操作性に優れた高機能チャート「G. comチャート」はブラウザ版・インストール版どちらでも利用可能です。 comチャート」では通貨の変動率も確認でき、今注目すべき通貨ペアを探し出すことも出来ます。 変動率が高ければそれだけ稼ぐチャンスがあるということです。 しかし、変動率が高いという事は大きく損失するリスクもあるということ。 チャンスを見つける機能としても、リスク管理としても使える機能ですので、ぜひ利用したいところです。 YJFX! (外貨ex) YJFX! は検索エンジンでお馴染みのヤフーグループが運営するFXサービス。 Yahoo! JAPAN IDと連携することで、キャッシュバックをPayPayで受け取ることができるので、PayPayのヘビーユーザーはかなりお得にFXができちゃいます。 そんなYJFX! のインストール版のトレードツール「Cymo NEXT」は、取引の操作スピードを重視したトレードツールです。 先ほど紹介したアイネット証券の「ループイフダン」に負けず劣らずの成績を出す自動売買ですが、こちらの「トラッキングトレード」は売買コストがお高めとなっています。 自動売買について詳しく知りたい方は、以下の記事で各社の比較やおすすめ会社をまとめているのでご覧になってみて下さい。 FXブロードネットは 優秀な「トラッキングレコード」に加えて、裁量トレードで重要になってくるスプレッドも狭いため、一つの口座で自動売買と裁量トレードの両立をさせたいという人におすすめです。 インストール版のトレードツール「FXブロードネットTrader」の特徴は、「自由な画面レイアウト」「優れた視認性と操作性」「各コンテンツのウィンドウ化が可能」「保有ポジションや指値注文等をチャート上に表示」「取引分析機能」などです。 「FXブロードネットTrader」メイン画面とチャート ブラウザ版のみMac対応のおすすめFX業者4選 これから紹介するFX業者は、そもそもMac版のインストール版トレードツールがありません。 記事の冒頭部分でお伝えしてきた通り、FX取引のツールはブラウザ版よりもインストール版の方が優れている傾向があります。 ですが、ここで紹介するFX業者はブラウザ版と言えど、他社のインストール版と比べても、機能・操作性で決して負けていないツールを提供しています。 先ほど紹介したアプリ版のトレードツールがイマイチと感じた方は、こちらのブラウザ版のトレードツールも併せて確認してみて下さい。 DMM. com証券(DMM FX) DMM. com証券の「DMM FX」は、ブラウザ版トレードツール「DMMFX PLUS」「DMMFX STANDARD」、ブラウザ版高機能チャート「プレミアチャート」がMacで利用可能です。 Mac用のインストール版ツールはありませんが、最も高機能な「DMMFX PLUS」の主な特徴は、「レイアウト変更も自由自在」「各コンテンツを別ウィンドウとして表示」「チャートを右クリックで直接注文」「4つの通貨ペアを1画面で比較できるチャート」「売買比率が確認可能」などで、非常に強力なトレードツールです。 「DMMFX PLUS」メイン画面 「プレミアチャート」メイン画面 「プレミアチャート」は、 最大6画面に分割可能で、 29種類ものテクニカル指標が利用できます。 プレミアチャートは比較チャート機能が備わっており、FX・CFDの全27銘柄のチャートを重ねて分析することが可能です。 通貨と株価指数などの値動きが連動しているタイミングを見つければ、チャートの値動きを予測することもできるでしょう。 トレイダーズ証券(みんなのFX) トレイダーズ証券では、ブラウザ版のトレードツール「WEBトレーダー」「FXトレーダー」がMac・Windows兼用で利用可能です。 「WEBトレーダー」は初心者向けで扱いやすい反面、機能は最低限といったところです。 「FXトレーダー」は上級者向けで機能量はかなり潤沢ですが、扱いやすさという面ではWEBトレーダーに劣ります。 両ツールともに言える特徴は、「ポップアウト機能でコンテンツをウインドウ化」「カスタマイズ性が高い」「チャートから直接注文可能」「 20種類のテクニカル指標」「売買比率が確認可能」などで、他社のインストール版に比べ全く負けていません。 「FXトレーダー」メイン画面 売買比率をツール上で確認可能 みんなのFXではツール上で各通貨ペアの売買比率が確認可能です。 売買比率を確認できれば、他のトレーダーの動向がつかめるため、自分のトレードの参考にできますね。 なお、 売買比率は「Webトレーダー」「FXトレーダー」のどちらでも確認が可能です。 セントラル短資(FXダイレクトプラス) セントラル短資の「FXダイレクトプラス」は、高機能トレードツール「プログレッシブチャート」、シンプルな操作で取引可能な「Web取引システム」の2つがMacで利用可能です。 ですが「Web取引システム」は発注に特化したツールのため、チャートの確認は行えません。 そのため、チャートを確認したいときは「プログレッシブチャート」を併せて使う必要があります。 「プログレッシブチャート」は、高性能のチャート機能と発注機能どちらも兼ね備えたオールインワンツールですので、この「プログレッシブチャート」を使えば事足りるでしょう。 「プログレッシブチャート」の特徴は、「チャート上のラインを動かすだけで簡単に発注ができる」「複数の通貨ペアを、スピーディに取引できるワンクリック成行注文」「複数の建玉の一括決済が簡単」などで、ベースとなるチャートがしっかりしているので、とても本格的です。 「プログレッシブチャート」メイン画面 ラインを動かすだけで発注ができる プログレッシブチャートではチャート上で表示される罫線をドラッグするだけで売買注文を成立させることができます。 瞬時で売買を成立させる必要のあるスキャルピングでは、重宝できる機能となるでしょう。 ちなみに、セントラル短資FXではスキャルピングを公認しているため、スキャルピングも気にせず行うことができますよ。 高機能チャートがMac対応の業者 ここで紹介しているFX業者は、高機能ブラウザ版チャートがMac対応ですが、インストール版トレードツールはMac非対応、かつブラウザ版トレードツールは低機能というFX業者です。 高性能チャートだけでも十分口座の利用価値が高いので、「トレードツールとチャートをFX業者で使い分ける」という使い方をしたい方はご覧になってみて下さい。 GMOクリック証券(FXネオ) GMOクリック証券の「FXネオ」は、インストール版トレードツール「はっちゅう君FXプラス」が最も高機能ですが Macは推奨環境外です。 そのためMacユーザーは、非力なブラウザ版トレードツールを利用することになります。 しかし、ブラウザ版高機能チャート「プラチナチャートプラス」は、Macにも対応しており、 全38種類の人気テクニカル指標、 25種類の描画オブジェクト、 最大16分割可能、比較チャート機能などスペックが非常に高くオススメです。 「プラチナチャートプラス」メイン画面 Macは動作推奨環境外だが、実際は利用できる業者 ここではMacは推奨環境となっていませんが、実際には利用できるツールを提供している会社を紹介します。 ただし、 万が一、ツールの誤動作などが発生してもサポートの対象とはならないため、自己責任で利用する必要が出てくるのでご注意ください。 外為オンライン 自動売買の「」で有名な「外為オンライン」は高機能なブラウザ版トレードツールが提供されているのですが、Macは動作推奨環境外です。 しかし、ブラウザ版であるため、実はMacでも利用はできてしまいます。 主な特徴は、「見やすさ・分かりやすさ」「初心者でも使いやすい」「iサイクル注文ができる」などで、非常に良くできたシステムです。 ツールとしての完成度が高いためか、10年以上ほぼ同じデザインと機能を維持しています。 しかし、 Macの場合は、一時的にチャートやコンテンツが表示されないといったケースの報告があること、また、万が一何かあった場合はサポート対象外なので、あくまで自己責任で利用してください。 「外為オンライン」メイン画面• MacでFXできる会社はまだまだ少ない• おすすめするFX会社は「」「」「」の3社。 万能スペックでメイン口座におすすめな「」• スキャルピングに特化し高額での運用におすすめな「」• 自動売買にも興味がある人におすすめな「」 2020年時点でも、Macに対応している会社はまだまだ少ないというのが実情で、Macユーザーにとって会社選びの選択肢は潤沢とは言えません。 Macに対応していないツールで取引した場合に誤動作が起きても、FX会社は補償してくれませんので、Macに対応したFX会社で取引することを強くおすすめします。 今回の記事で紹介してきた会社であれば、Macでも問題なくFX取引ができるので、ここで述べてきた会社の中から選ぶのが良いでしょう。 その中でも特におすすめなのが「」「」「」の3社です。 数多くあるFX会社の中でも、 Mac専用取引ツールをリリースしているのは「ヒロセ通商」と「JFX」しかありません。 Macユーザーであれば、この2社は必ず選択肢に入れるべきでしょう。 「アイネット証券」は自動売買にも対応しており、自動売買に興味があるMacユーザーは「アイネット証券」がおすすめですよ。

次の

【2020年最新】フリーのガントチャートツールおすすめ26選

ブラウザチャート

ガントチャートツールおすすめ21選 以下ではガントチャートを使ったプロジェクト管理ツールを紹介します。 ガントチャートのツールはブラウザで使うWebサービス型、パソコンにソフトをインストールするソフトウェア型、AndroidやiOSのスマホにインストールして使うのスマホアプリなどがあります。 これらのタイプは、メリット・デメリットがあるのでプロジェクトの規模、チームで共有が必要なのか、無料か有料でもいいのかなどを検討して用途に合わせて利用してください。 以下ではそれぞれのタイプの特徴について説明します。 Webサービス型 現在主流のオンラインでブラウザを使って、Webサービスやクラウドとして利用します。 複数人で共有ができ、チームで24時間利用することができます。 ネット環境とブラウザさえあればどこでも利用できるので、テレワークや在宅勤務といった遠隔でもスケジュール管理ができます。 使い勝手も、パソコンのソフト並みに使いやすくなっているので、以前のような「ブラウザ型は使えない」といったこともありません。 Webサービス型のガントチャートは、有料のツールが多いですが、人数が少なければ無料だったり、一定期間はお試しができることもあります。 ソフトウェア型 ソフトウェア型は、WindowsやMacといったローカルコンピュータにインストールして利用するガントチャートソフトです。 細かい操作が得意で、イナズマ線やクリティカルパス、スケジュールの修正などが自動的にできるなど細かく複雑なガントチャートを作成するのに適しています。 しかしチームでの共有はできず、多くのことができる代わりに複雑なので使いこなすまでが大変なこともあります。 無料版もありますが、機能をフルに使うためには有料であることがほとんどです。 スマホアプリ型 スマホアプリでガントチャートを作成することもできます。 スマホでスケジュールが見れるのでいつでも気軽に作成や修正、確認ができます。 Webサービスのオプションというアプリもあるので、パソコンで見たり、外出先でスマホで確認することもできます。 最大の難点は、画面が小さいためタブレットでないと見にくかったり操作がしにくいことです。 また、意外にサービスを終了して今までのデータが無くなってしまうこともあるので注意が必要です。 クラウド・Webサービス型 日本語対応ツール Backlog Backlogは日本語で利用できる国産のプロジェクト管理ツールです。 課題管理やバージョン管理などプロジェクトの遂行に必要なほとんどの機能を有しています。 ガントチャート機能は、backlogの課題と紐づけることでプロジェクトの進捗や実績をバーチャートで見ることができます。 1プロジェクトメンバー10人までフリープランがありますが、ガントチャートはこのプランでは使えずスタンダードプラン以上の契約が必要です。 ガントチャートだけでなく、プロジェクト管理や課題管理なども一つのツールで完結したい場合におすすめです。 brabio brabioは、直観的なな操作で使いやすい国産のツールとして有名です。 初心者に特化しているためクラウドのプロジェクト管理ツールではシェアNO. 1です。 クラウドでのスケジュール管理に慣れていない人やクライアントへの報告にも対応できるようにレポートとしてガントチャートをエクセルシート一括出力する機能があります。 brabioのガントチャートサンプル 登録はメールアドレスだけででき、5人までならプロジェクト数が無制限でずっと無料で使用できます。 とりあえずガントチャートをプロジェクトに使ってみたいという人におすすめのツールです。 みんなでガント. com みんなでガント. comは、会員登録不要でチームやグループとガントチャートを共有できるクラウドツールです。 作成したガントチャートはPC、iPhone、Androidといったインターネット環境ならどこででもガントチャートを閲覧・編集ができるのが特徴です。 みんなでガント. comのガントチャート画面 会員登録不要というのは他のツールではないので、ガントチャートってどんなものか試してみたい人にはいいでしょう。 イノピーエム イノピーエムは、タイムシート、工数管理やプロジェクト利益計算などが可能なプロジェクト管理ツールです。 ガントチャートでのタスクの進捗状況も簡単に表示可能。 イノピーエム ガントチャート画面 最大2ヶ月無料で全ての機能を試すことができるのでガントチャートだけでないプロジェクトの管理全般が必要な人は試してみたいツールです。 jooto シンプルで直感的に使えるクラウド型のタスク・プロジェクト管理ツールです。 タスク管理、進捗管理からガントチャートを作成でき通知を自由にカスタマイズすることもできます。 また、Googleカレンダー、Chatwork、Slackと連携できるのでスピーディーに仕事を進められます。 jootoのガントチャート画面 ユーザー数4名までは無料で利用できますが、フリープランでは容量やファイル添付、履歴などに上限があります。 wrike ライク 海外製のクラウド型ガントチャートツールですが、日本語での使用が可能です。 Wrike(ライク)は、共同作業とプロジェクト管理でワークフローを合理化、計画の立案や管理を簡単におこなえます。 テンプレートを使用しWBS設定、スケジューリング、タスク管理、ガントチャート、ドキュメント管理、バージョン管理、顧客向けレポートを作成など業務の開始から終了までこれだけで完結できます。 wrikeのガントチャートサンプル 5ユーザーまでは無料、価格は機能やユーザー数によって変わるので要問合せとなっています。 gantter クラウドベースのプロジェクト管理ツールで日本語での利用も可能です。 ガントチャートを使用してプロジェクトの進捗状況とタスク、チームメンバーの過剰なスケジュール設定やリソースの過剰な使用を追跡、管理します。 gantterのガントチャートサンプル Microsoft Project形式で保存しダウンロードすることもできます。 有料のツールですが30日間のフリートライアルがあります。 planio Redmineをベースにしたクラウド型のプロジェクト管理ツールです。 課題管理で登録時に専用のサブドメインのサーバーが割り当てられます。 プロジェクト管理, バージョン管理, ガントチャート、ヘルプデスク, Wikis、チャットといったRedmineの機能をさらに使いやすくした機能を利用できます。 planioのガントチャートサンプル 1プロジェクト2ユーザーまでなら無料で使用できます。 英語版ツール ここからは海外 英語 で利用できるガントチャートツールです。 海外のチームとのプロジェクト共有や日本語を必要としないチームのプロジェクトで利用できます。 Instagantt 海外のガントチャートツールで日本語での利用はできません。 Instagantt単独でもガントチャートをつくれますが、プロジェクト管理のAsana アサナ と連携して使うことも可能です。 instaganttのガントチャートサンプル Asanaと連携することで、タスクからガントチャートを作成し、タイムラインで開始日や依存関係を設定してタスクのスケジュール管理を行うことができるようになります。 jira jiraはアジャイルチームの利用実績の高いバグ、課題管理システムです。 ソフトウェア開発に非常に高い性能があり開発ツールとの統合、3,000 以上のアプリ、カスタマイズ可能なワークフローが使えるほかモバイルにも対応しています。 機能は制限されますが、2GBのストレージ、10ユーザーまでは無料で使用できます。 日本語入力は可能 シンプルで直観的なガントチャートベースのスケジュール管理やタスクマネジメントが可能です。 クラウド型ツールでありながら、ドラッグ&ドロップでタイムブロックを操作できたり、スケジュールを1年単位、月単位などに変更することも容易です。 14日のフリートライアルがありますが無料で使い続けることはできません。 ganttpro ganttproは一度に複数のプロジェクトの制御ができるオンラインガントチャートツールです。 プロジェクトをタスク、サブタスク、マイルストーンのグループに分割。 タスクを整理、スケジュールし、期日、期間、および依存関係を設定。 また、ガントチャートのタイムラインを作成して、正確な見積もりを設定、リソース管理ができます。 英語版のみで日本語での利用はできません。 teamgantt TeamGanttは、プロジェクトスケジューリングをオンラインで作成するツールです。 シンプルで使いやすいインターフェースでプロジェクトをスケジューリング&管理します。 チームでガントチャートを共有し同僚、チームメイト、友人で利用できます。 Zoho Projects Zoho Projectsは、ガントチャート、タイムシート、タスク管理などをオンラインで利用できるプロジェクト管理ソフトウェアです。 簡単で使いやすいツールなので100万社を超える企業から利用されています。 5ユーザー2プロジェクトまでは無料で利用できます。 PCソフト Windows・Mac 日本語対応 がんすけ シンプルなインストール型のガントチャートソフトでWindowsNT~Windows10まで対応しています。 機能は、1日~2年までのカレンダーにバーチャートでスケジュール表をつくるのみで、複数人での共有にも向いていませんが、単純に個人でスケジュールを管理するだけという人には余計な機能がなくていいかもしれません。 「がんすけ」はフリーで使用することができますが、高機能版の「がんすけ2」はシェアウェアなので30日間のお試しに後は有料になります。 TaMa. 5 Free TaMa. はToDoリストとガントチャートを組み合わせたタスク管理ツールです。 対応OSは、Windowsで7、8、8. 1, Vista, 2003,XPなどで利用できます。 無料で使えるTaMa. 5 Freeと機能を強化したTaMa. 5 Professionalがあり、印刷や担当者の管理を行う必要がある場合、 複数ファイル・ 大量のタスクを扱う場合にPro版を利用するといいでしょう。 Microsoft Project Microsoft Projectは、Microsoftから発売されているプロジェクト管理ソフトです。 最新のバージョンではクラウド版と自社管理版があり、プロジェクトを共有できる仕組みになっています。 試用版では25ライセンスを30日間無料で試用することができます。 Project Canvas(プロジェクトキャンバス) Project Canvasは、Windowsで使えるガントチャート作成ソフトウェアです。 スケジュール表の作成に特化しているので、直観的な操作で自由にスケジュールを表現できます。 専用サーバーは不要で、既存の共有フォルダを使ってデータを共有する仕組みです。 基本的には有料のソフトですが、ダウンロードして試用することもが可能です。 英語版のみ ProjectLibre ProjectLibreは、Linux, Mac OS, Windowsで利用できるMicrosoft Projectに似た使用感のオープン ソース製品です。 Microsoft Project 2003, 2007 および 2010のファイル形式に互換性があり無料で利用できます。 ガントチャートやWBSといった作業に使用できるのでMS Projectを購入するほどでもないかなというときに重宝します。 OpenProj OpenProjもるMicrosoft Projectの互換製品です。 ただ、やはり互換製品なので完全にMicrosoft Projectと同じように使えるかというと所どころできない機能や、うまくいかないことがあるのでビューアとしての利用程度がおすすめです。 スマホアプリ Android,iOS スマホアプリで使えるガントチャート作成アプリです。 Android、iOS両方で使えるものは少なくどちらか一方だけで使用できます。 有料のものもあるので、どのようなアプリが適しているのか先に考慮しておいた方が無駄がありません。 プロジェクト管理ー-事業 365 Android版のみですが、タスクやガントチャートを作成して担当者の割り振りなどが記録できます。 また、メッセンジャー機能があるので、プロジェクトのコミュケーションが捗り、問題に対してディスカッションできます。 Wrike プロジェクト管理ツール「Wrike」のスマホアプリ版で、Android、iOSの両方で使用できます。 英語や日本語はもちろん、他の言語もサポートしているのでグローバルな環境でも利用可能、チーム作業が円滑に進みます。 線表アプリ 線表用のアプリで、タスク、サブタスク、マイルストーンを入力して、ガントチャートが作成できます。 タスクの依存関係、一覧表、画像ファイルでの保存、ユーザーどうしでデータを交換。 Googleドライブも利用可能です。 GanttMan Androidで日単位のプロジェクトの計画と管理ができます。 デスクトップツールのGanttProjectと互換性があるので、パソコンとスマホのどちらでも管理が可能です。 QuickPlan iOSだけで使える『QuickPlan』 ガントチャートが素早く使えて編集が楽なので評価が高いです。 DropBoxと連携できるので、iOSのアプリでも別の端末の利用者でも共有できます。 ブラウザ拡張型 ブラウザ拡張型は、ブラウザにインストールして使うツールです。 クラウドやWebサービス型よりも複雑なことができますが、インストールする手間やブラウザが固定されてしまうといった問題もあります。 chromeアプリ Elegantt(エレガント) Elegantはtrelloを利用してガントチャートを作ることができるGoogleChromeの拡張機能です。 タスク管理ツールとしては使いやすいと評判が高く、タスクごとにToDoリスト、進行中、完了と段階ごとに分けていくスタイルで利用します。 弱点としては、Chromeの拡張機能なのでブラウザがChromeのみになってしまうことです。 メンバーがすべてChromeを使うという前提なら問題ないでしょう。 まとめ 仕事でつかえるガントチャートのツールを紹介しました。 ガントチャートのツールは、Webサービス、PCインストール、スマホアプリなど使うデバイスで使い勝手や、機能が変わってきます。

次の

無料株式チャート、株式相場とトレードのアイデア — TradingView

ブラウザチャート

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の