白人 マスク。 外国人はマスクしない?白人の友人たちに聞いてみました

「マスクをしたアジア人は恐怖」新型ウィルスに対するフランス人の対応は差別か自己防衛か

白人 マスク

世界一の感染者数と死者数を出し、いまだに収束の兆しすら見えないアメリカのコロナ禍。 2カ月以上に及ぶロックダウンが徐々に解除される中、手洗いやソーシャルディスタンスなどとともに推奨されているのがマスク着用だ。 しかし、日本人には想像しづらいだろうが、アメリカではこのマスクをめぐり激しい論争が起きている。 米メディアで現地の生の姿を取材してきた日本人ジャーナリストが、アメリカ人のマスク観や、なぜ頑なに拒む人がいるのかを解説する。 (志村朋哉・在米ジャーナリスト) 筆者が住むカリフォルニア州オレンジ郡では、ショッピングモールや映画館、バー、フィットネスジムなどの営業が次々に許可され、経済活動が急ピッチで再開してきた。 同時に、コロナ感染拡大を抑えるため、郡政府は店内や職場、さらに6フィート(約180センチ)以上のソーシャルディスタンスを取れない場所ではマスクや布で顔を覆うよう義務付けた。 しかし、一部の住民がこれに強く反対。 郡議会に詰めかけるだけでなく、マスク着用を発令したニコール・クイック公衆衛生長官の自宅前でも抗議デモを行った。 議会で発言したある抗議者は、マスクによって酸欠状態になるといったネットで拡散する情報を基に健康被害を主張。 「人がハエのようにバッタバッタと倒れ出したら、あんたを殺人罪で起訴するよう検察に申し立てる」とクイック氏を脅した。 ストレスに耐えきれなくなったクイック氏は辞任した。 郡はマスク着用令を撤回したが、その後すぐに感染拡大を危惧するギャビン・ニューサム知事が州全体に同じような命令を出した。 ただし、反発は根強く、オレンジ郡の保安官は、マスク着用は個人の責任であるとし、取り締まりは行わないと明言している。 こうしたマスクをめぐる争いは、人々が外出するようになり、アメリカ各地に広がっている。 スーパーやレストランでは、マスクをつけない客と店員がもめる騒ぎが頻発。 ミシガン州では、客と口論になったディスカウント店の警備員が銃で撃たれて亡くなった。 また、フェイスブックなどのソーシャルメディアでマスクについての投稿があると、決まって擁護派と反対派の間で激しい議論になる。 マスクは筆者が繰り返し強調してきたアメリカ分断の象徴にすらなっている。 多くのアメリカ人はマスク着用を他人の健康を守るマナーだと考えるが、価値観の押しつけやコロナへの過剰反応だと捉える人もいるのだ。

次の

クー・クラックス・クラン

白人 マスク

世界一の感染者数と死者数を出し、いまだに収束の兆しすら見えないアメリカのコロナ禍。 2カ月以上に及ぶロックダウンが徐々に解除される中、手洗いやソーシャルディスタンスなどとともに推奨されているのがマスク着用だ。 しかし、日本人には想像しづらいだろうが、アメリカではこのマスクをめぐり激しい論争が起きている。 米メディアで現地の生の姿を取材してきた日本人ジャーナリストが、アメリカ人のマスク観や、なぜ頑なに拒む人がいるのかを解説する。 (志村朋哉・在米ジャーナリスト) 筆者が住むカリフォルニア州オレンジ郡では、ショッピングモールや映画館、バー、フィットネスジムなどの営業が次々に許可され、経済活動が急ピッチで再開してきた。 同時に、コロナ感染拡大を抑えるため、郡政府は店内や職場、さらに6フィート(約180センチ)以上のソーシャルディスタンスを取れない場所ではマスクや布で顔を覆うよう義務付けた。 しかし、一部の住民がこれに強く反対。 郡議会に詰めかけるだけでなく、マスク着用を発令したニコール・クイック公衆衛生長官の自宅前でも抗議デモを行った。 議会で発言したある抗議者は、マスクによって酸欠状態になるといったネットで拡散する情報を基に健康被害を主張。 「人がハエのようにバッタバッタと倒れ出したら、あんたを殺人罪で起訴するよう検察に申し立てる」とクイック氏を脅した。 ストレスに耐えきれなくなったクイック氏は辞任した。 郡はマスク着用令を撤回したが、その後すぐに感染拡大を危惧するギャビン・ニューサム知事が州全体に同じような命令を出した。 ただし、反発は根強く、オレンジ郡の保安官は、マスク着用は個人の責任であるとし、取り締まりは行わないと明言している。 こうしたマスクをめぐる争いは、人々が外出するようになり、アメリカ各地に広がっている。 スーパーやレストランでは、マスクをつけない客と店員がもめる騒ぎが頻発。 ミシガン州では、客と口論になったディスカウント店の警備員が銃で撃たれて亡くなった。 また、フェイスブックなどのソーシャルメディアでマスクについての投稿があると、決まって擁護派と反対派の間で激しい議論になる。 マスクは筆者が繰り返し強調してきたアメリカ分断の象徴にすらなっている。 多くのアメリカ人はマスク着用を他人の健康を守るマナーだと考えるが、価値観の押しつけやコロナへの過剰反応だと捉える人もいるのだ。

次の

【悲報】アメリカの非白人、マスクをすると逆に命の危機!! 警官に犯罪者と間違われて射殺される可能性も・・・

白人 マスク

新型肺炎の深刻なニュースが増える中でも、外出時にマスクを着用していない日本人の姿が多いように見えるのはなぜか Photo:Diamond 日本人のマスク着用状況に見る 「新型肺炎パニック」への恐怖耐性 新型肺炎がパンデミックになりそうな勢いで、拡散しています。 1月30日段階の発表では、日本国内で確認された感染者は14人にのぼり、今回の震源地となっている中国・武漢に滞在歴がない日本人への感染があったことも、発表されています。 言い換えると、国内でも人から人への感染が確認されたということです。 同時に、新型肺炎を指定感染症にすることも閣議決定されました。 予めお断りしておきますが、今回の記事は医療関係ではなく、行動経済学の記事です。 私は、新型肺炎のリスクが高まっているにもかかわらず、マスクを着用している日本人がまだそれほど多くないのではないかと感じています。 それはなぜか、ということから話を始めたいと思います。 私は1月23日に武漢市が封鎖されて以降、外出の際には必ずマスクを着用しています。 もちろん、理由は新型肺炎が怖いからです。 グローバル都市・新宿に住み、世界中から集まった人々と触れ合う可能性が高い環境で、「発症したら苦しいうえに致死率が高いという病気に、もしも感染したら……」と思うと、マスク着用は必須だと思っています。 しかし不思議なのは、周囲に同じ考えの人がまだ少ないこと。 新型肺炎の深刻なニュースが大量に報道されるようになった直近はさすがに増えたものの、つい先日まで、街を歩いていてもマスク着用者はまだ少数派でした。 JR山手線に乗ったときなど、同じ車両の中でマスクをつけずに咳こんでいる乗客が2人もいたにもかかわらず、車両内のマスク着用者は目視した限り、3割程度でした。 2003年に発生したSARS騒動、2005年の鳥インフルエンザ騒動などを思い起こすと、世の中はまだ様子見的な状況に見えます。 一方日本では、マスクが品不足で買えないという問題が起きていると報じられています。 それらの「パニック買い」されたマスクはいったいどこで使われているのかと不思議になりますが、中国人による「マスク爆買い」の影響もあり、マスクが欲しくても手に入らず、仕方なく着用せずに外出している日本人も、少なくないのかもしれません。

次の