集英社 プレイボーイ。 集英社 ― SHUEISHA ―:デジタル

週刊プレイボーイ

集英社 プレイボーイ

<7月13日号目次> 好きかもしれない 吉永アユリ 女王のリアル 奈月セナ だんちゃん、夏をつれてきて。 團 遥香 [News 今週の卒業証書] これで疑惑も卒業!? エジプトのカイロ大学の卒業証書と卒業証明書を公開した小池百合子都知事 [News 今週のドSプレイ] 北の女王様、人民を大調教中! 北朝鮮の金与正党第1副部長 [News 今週の閉店] またひとつ、老舗専門店が・・・ 大阪ミナミの「づぼらや」/東京・神保町の「スヰートポーヅ」 [News 今週の飯テロ] 世界一おいしいCG 「CGごはん」コンテストで焼きがきが優勝 目次 現場で働く人たちの収入は減り、失業は増加しているのになぜか株価は上がり、政府ベッタリな企業はひたすら儲ける…緊急検証!! コロナの不条理 球場観戦がムリな今だからこそ、実況アナ、記者、スコアラーらが徹底指南!! 「観るプロ」が本気で教える!! 古賀政経塾!! アフターコロナに行きたい!! 週プレでもおなじみのあの人たちのWishリスト 寺本莉緒/畑正憲/えなこ/佐藤健寿/川内優輝/井桁弘恵/杉作J太郎 落合陽一の人生が変わる魔法使いの未来学 江夏豊のアウトロー野球論 堂安律の最深部【拡大版】 【広告】ナツイチ 夏の一冊 集英社文庫 全国の参加書店でフェア実施中! 【広告】集英社新書の本 ファッション誌『Seventeen』専属モデル 久間田琳加ファースト写真集『りんくまちっく』 好評発売中! 格闘漫画『TOUGH外伝 龍を継ぐ男』猿渡哲也 【広告】猿渡 哲也『TOUGH 龍を継ぐ男 第16巻』絶賛発売中!!! 宇垣美里の人生はロックだ!! 2020年上半期新人AV女優「キャッチフレーズ」選手権!! 九州での認知度ほぼ100%のチェーンが200店閉店の危機!がんばれ!! 西のファミレスの雄「ジョイフル」 セルジオ越後の一蹴両断! 横田滋さん死去であらためて問う!! 「拉致問題の安倍」はなぜ進展させられなかったのか!? 公約は「東京五輪中止!」「全都民にひとり10万円給付!」「小池圧勝」ムードの東京都知事選に電撃出馬!れいわ新選組代表 山本太郎の狙いとは? 次週予告&アンケート プロがオススメする最新防災グッズ グラドル101人が、みんなを元気に!自宅で水着に着替えたら 週プレ グラジャパ! デジタル写真集は、時と場所を選ばない。 週プレNo. 27&28 今週の中身です!! 週刊文春 2020年06月25日発売 目次: 捨てられた血税1800億円 安倍「亡国のイージス<アショア>」 当初から「迎撃不能」 防衛省「秘密文書」<入手> 迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」。 ポスト安倍を狙う河野防衛相の配備停止は、茂木外相を激怒させた。 だが、"不備"は本当に今わかったのか。 昨年3月、防衛官僚は報告を上げていた。 「射撃管制能力なし」。 5億円だった "香典持参"秘書が告発 「菅原<前経産相>の悪事、すべて話します」 ワイド 幕は開いた! 「BG」キムタクが娘2人に煙たがられるのはナゼだ? 生い立ち、趣味、結婚…冷血女帝金与正のウラの顔 「かわいい!」愛子さま異例写真公開でわかった「カイコ愛」 石田純一(66)が義父・東尾修(70)についに怒鳴られた 久代アナユーチューバー恋人と"警察沙汰"で衝撃の結末 土屋太鳳 (25)大学8年生で卒業できる「これだけの根拠」 人気再燃「愛していると言ってくれ」で常盤貴子が走る理由 「中学生に淫らな行為」で逮捕40歳人妻会社員の家庭事情 THIS WEEK 政治 前原と枝野がオワコンと化した令和2年の夏 経済 創業者の孫が社長に サンリオ「ともくん」の野望 社会 「凶器はこれ」懇切丁寧すぎる"強盗コーチ" 国際 補佐官に姪っ子 トランプ暴露本がもう10冊超 スポーツ カットマンも経営コストは…Tリーグトップ退任 芸能 芸能プロを「普通の企業」にした男の引退 グラビア 原色美女図鑑 浜辺美波 雲南発酵紀行 平成生まれ、昭和育ち 野球の言葉学 村上崇隆(東京ヤクルトスワローズ) 飯島勲の激辛インテリジェンス(324) 出入国制限解除の秘策 会社員の6割が… 「コロナ太り」撃退術 "幽霊法人"幹部をひた隠し 電通「350億事業」に新疑惑 渡部建独占告白90分 佐々木希の叱責 「あなたは舐めている」 今まで浮気がバレたことは一度もありませんでした。 記事を見て、妻は失望していました。 怒りもあるし、呆れもある。 自分のビジョン通りに物事が運んだことが慢心を生んでしまった。 夜ふけのなわとび 林真理子 本音を申せば 小林信彦 そこからですか!?

次の

週刊プレイボーイ 創刊50周年特設サイト

集英社 プレイボーイ

週刊少年ジャンプ公式HP。 最新情報の他、新連載の1話目無料配信などマンガ充実。 iPhone向けアプリも配信中• 「週刊ヤングジャンプ」が贈るWEBコミックサイト。 毎日更新!完全無料!登録不要!で新たな漫画をお届けします!• 集英社のコミック総合サイト。 紙版と電子版の新刊発売予定をお知らせします。 試し読みも充実• 「週刊プレイボーイ」が配信するwebマガジン。 ここでしか手に入らないお宝ショット満載• 独自ニュースからグラビア、漫画まで、週刊プレイボーイが提供するニュース&エンタメサイト• 野球、サッカーはもちろん、F1、競馬など全ジャンルのコラム満載のスポーツ総合サイト• 好きと出会える集英社のキュレーションサイト「ハピプラワン」。 スマホでもお楽しみいただけます• 雑誌「T Japan」のオフィシャルサイトとして、本誌コンテンツに加え、オリジナル記事を配信。 ライフスタイル全般に及ぶ幅広いカテゴリーを網羅• 「美&元気をあきらめない!」大人の女性に向けたオンラインメディア。 同世代の豪華連載陣コラムほか、役立つ記事を毎日アップ。 文芸単行本の公式サイト。 著者インタビュー、編集者からのリコメンドで新刊を紹介するほか、オリジナルのエッセイや小説連載も• 1日5分で、明日を変える読みものを。 集英社ノンフィクション編集部発のウェブメディア• 連載小説やエッセイを楽しめる「よめる」、新人賞への応募と入選作のための「かえる」で構成する小説総合サイト• PC・スマホ・ケータイで、時事解説や連載読み物、現代用語やカタカナ語・欧文略語、雑学・日本語辞典など多彩なコンテンツを展開• コミックスを除く、集英社の電子書籍プロモーションサイト。 人気の恋愛漫画から歴代の大ヒット少女マンガまで、大人が楽しめる少女マンガ1万冊以上配信中!! 公式だから安心。 アプリ版も配信中• ジャンプ関連の全レーベルに加え、ラノベ、マンガ誌定期購読まで幅広く展開。 集英社の電子コミック総合書店。 アプリ版も好評です• 「週刊少年ジャンプ」など人気漫画のキャラクターグッズが買えるショッピングサイト• 「週刊プレイボーイ」連動のデジタルコンテンツ配信サイト。 いま一番旬の女の子のデジタル写真集&動画を毎週更新中!• 集英社公式通販サイト。 掲載商品のほか、約1000ブランド以上のファッションアイテムを販売しています。 雑誌の年間定期購読やバックナンバーをオンラインまたは電話でご注文いただけます 集英社の少女・女性漫画が集結。 レジェンド名作から人気連載、オリジナル作品も取りそろえています ジャンプ作品を無料で読めるほか、オリジナル連載からも続々と話題作、ヒット作が登場! 目が離せない本格的マンガ雑誌アプリ 少年・青年・少女・女性マンガからラノベまで、集英社の人気コンテンツが詰まってます! 無料チケット・話読みで楽しめる 「週刊少年ジャンプ」作品の人気キャラクターがモチーフの壁紙やアイコンを配信するジャンプ公式"きせかえ"アプリ!! 「週刊ヤングジャンプ」「となりのヤングジャンプ」の最新連載作品、人気の完結作品も日替わりで楽しめる公式マンガアプリ! JKライフを楽しくするコンテンツが盛りだくさんっ!!ティーン向け女性ファッション誌「Seventeen」公式アプリ 出版社初のチャットノベルアプリ。 集英社の人気既刊やオリジナル新作を、毎日どんどん配信します.

次の

月刊プレイボーイ

集英社 プレイボーイ

月刊プレイボーイ 愛称・略称 PLAYBOY日本版 ジャンル 男性誌 刊行頻度 発売国 言語 出版社 刊行期間 - (1月号) 発行部数 55,000部(2008年) 特記事項 アメリカの「」を日本向けに翻訳・編集して刊行。 『 月刊プレイボーイ』(げっかんプレイボーイ)は米国の成年誌『』を日本向けに翻訳・再編集した雑誌。 PLAYBOY日本版とも呼ばれる。 概要 [ ] が5月に「7月号」として創刊。 発行人は若菜正、編集人は岡田朴。 のノンフィクションやの小説など読み物も充実していた。 『』専属モデル「プレイメイト」の掲載ヌードを直輸入掲載していた。 1990年頃まで日本ではヘアヌード解禁前であったが、加工編集はありながらも掲載をし続けた。 グラビア以外は日本版独自要素が強く、小説やコラム、インタビュー記事などを掲載。 同誌の編集者をめざし集英社に入社したは「宣伝戦略も含めて内容がとても面白かった」と述べている。 スタイリッシュな誌面デザイン、洗練された記事といった独自路線の影響は大きく、創刊以降、月刊プレイボーイを真似たような大人向けビジュアル誌が続々創刊された。 、同年発売の1月号をもって休刊しプレイボーイ・エンタープライズ社とのライセンス契約も年末で終了することが発表された。 「終刊号」では、、、など各界の著名人が「PLAYBOYと私」ついて語る総集編となっていた。 1975年創刊当時の発行部数は約90万部。 休刊前の2008年は5万5000部程度となっていた。 編集部も末期は内に置かれていた。 同じ出版社の同誌名の週刊誌と月刊誌でありながら、上記理由もあり1966年に先行して創刊された『』との関係性は希薄。 特に記事については類似点もない。 脚注 [ ] [].

次の