西浦博 twitter。 西浦博

【新型コロナ】西浦博教授の『西浦モデル』に吉村洋文知事が言及 西浦教授は反論|ニフティニュース

西浦博 twitter

北海道大学大学院・西浦博(にしうら ひろし)教授は、1977年に大阪で生まれ、兵庫県神戸市で育ちました。 出身高校は、 神戸市立工業高等専門学校です。 略称は神戸高専。 神戸高専の偏差値は 65。 西浦博教授は神戸高専で電気工学を学んでいたそうです。 神戸高専の卒業生には、 中井和哉さん(声優 )・ 井川修司さん(芸人)・ 益 一哉 さん 東京工業大学・学長)などがいます。 神戸高専以降の西浦博教授の経歴(略歴)はこちら。 1996年4月 — 2002年3月 宮崎医科大学 医学部 医学科 2004年4月 — 2006年3月 広島大学大学院 保健学研究科 2006年4月 — 2007年8月 長崎大学熱帯医学研究所 特任准教授 2007年9月 — 2011年3月 ユトレヒト大学理論疫学 博士研究員、その後、さきがけ主任研究者 2011年4月 — 2013年4月 香港大学公衆衛生大学院 助理教授 2013年6月 — 2016年3月 東京大学大学院 医学系研究科 国際社会医学講座 准教授 2016年4月 — 現在 北海道大学 大学院医学研究院社会医学分野 教授 感染症の数理モデルを活用したデータ分析 感染症の予防効果の推定 感染症および人口の予測 数理モデルを使って感染症対策を行うもののようです。 欧米では国家の医療政策に感染症の数理モデルの活用が進んでいるようです。 以前ラジオ番組で、感染症の数理モデルをどう活用するのかという説明をされていました。 例えばある感染症の流行を制御しようとするときに数理モデルを使うと、社会の集団の中でどういう年齢の人、男性か女性か、どこを重点的にワクチン接種をしたら効果的に感染を抑えられるかということが、理論的に明確に数字で明らかにできるんです。 どれくらいの量のワクチンを確保しなければいけないのかとか、そういう重要な医療政策を考えるときにも明確に答えることができるというところが、数理モデルのいちばん魅力の部分です TBSラジオ 「久米宏 ラジオなんですけど」 より 日本での感染症の数理モデルへの関心度や理解度はまだまだで、欧米のように取り入れるまでに数年はかかるだろうと西浦教授は言っていました。 欧米で成果があったとしても、日本で新しいものをどんどん取り入れるとなると難しいようですね。

次の

西浦博教授は北海道大学!年齢は?8割おじさんは結婚しているのか調査してみた!

西浦博 twitter

西浦博(8割おじさん)は結婚してる?嫁や子どもは? 西浦博さんはご結婚されています。 ツイッターにも「そろそろ子どもと妻に会いたいです。 」とつぶやかれていました。 そろそろ子どもと奥さんに会いたいです。 でも、大きくなった時に、お父さんはこの頃まじで頑張ってたんだろうとわかるでしょうから。 感染者数が増えて社会に混乱が起こりやすい頃こそ、科学的フィードバックをしっかりやって正しく政策に訴え正しく情報を流布できるようにします。 お、折れてはいけない — Hiroshi Nishiura nishiurah 新型コロナウイルスで厚生労働省のクラスター対策班で活動されているので、政府から用意されたホテルに張り付きで仕事なのでしょう。 西浦博さんのツイッターアカウントのアイコンは子どもの画像でした。 末っ子が5歳ですから、お兄ちゃんやお姉ちゃんとは最低でも1~2歳は離れているんじゃないでしょうか! 6~8歳の兄弟も1人はいるかもしれませんね。 末っ子の理沙ちゃん5歳より。 あざっした。 小さい頃からロボットコンテストやソーラーカーの開発などに興味を持っていたそうです。 もともとはモノづくりの道に進もうと思っていたようですが、 阪神・淡路大震災を目の当たりにして考えが一転。 被災者を救助するAMDAの医師の姿に心を打たれ自分も医学の道を目指したいと思ったのだとか。 西浦博の経歴 2002年:宮崎医科大学医学部卒業 2002年:東京都立荏原病院内科・感染症科臨床研修医 2004年:インペリアル・カレッジ・ロンドン医学部客員研究員 2005年:エバーハルト・カール大学テュービンゲン医系計量生物学研究所研究員 2006年:広島大学大学院保健学研究科博士課程修了 2006年:長崎大学熱帯医学研究所特任准教授 2007年:ユトレヒト大学博士研究員 2011年:香港大学公衆衛生大学院助理教授 2013年:東京大学大学院医学系研究科准教授 2016年:北海道大学大学院医学研究院教授 阪神・淡路大震災をきっかけに、西浦教授の志す道が大きく変わったようです。 全く違う分野から、人の命を助ける医療の分野を目指すことはかなりの苦労があったと思います。 新型コロナの感染拡大を止めるためにも1人1人が、西浦さんが呼びかける内容に応えたいですよね。

次の

「緊急事態宣言は必要なかった」は本当か? 西浦博教授が語ったこと

西浦博 twitter

まずは批判の対象となっている42万人死亡試算についてです。 42万人死亡試算とは4月15日、コロナウイルスへの対応が急がれている中で西浦教授が発表した計算結果のことです。 計算した結果「 人と人の接触を8割減らさないと日本で約42万人が新型コロナウイルスで死亡する」となりました。 しかし現状42万人も死者は出ておらずネット上では嘘つき呼ばわりされてしまっています。 8割おじさんとも呼ばれ批判の的になってしまっておりネットのおもちゃ状態と化してしまっています。 西浦教授の弁解は? この状況を重くみた西浦教授はこのように弁解しています。 「 何も対策しなかったら流行してこれくらいの規模の死亡者が出るという危機が目前に迫っていると政権に腹をくくってもらうのが目的でした。 」 日本は過去にもウイルスが蔓延したことがありましたがこのように試算を打ち出したことはありませんでした。 イギリスやアメリカなどでは試算打ち出しが行われており国民に危機感を持ってもらうような政策をしていました。 今回のコロナウイルスでは過去最大級に被害が出ているので試算を出さなければならないと西浦教授は判断したようです。 西浦教授への批判内容は? ネット上では批判の多くは「国民を脅かす行為だ」だということで一種のクーデターだととらえている人が多いようですね。 確かに42万人が死亡するなんてことがあれば自分も何かしらの対策を! と行動する人が多くなりますよね。 しかしその行動を起こさせるための発表が誇大だたということです。 ではネット上の批判を見てみます。 なぜ会見でマスクしないの?、もっと座る間隔あけないの? — yamauchi、今回ばかりは都民じゃなく残念 baziru ほかには記者会見での西浦教授の他者との距離の近さに批判が来ていますね。 今は間隔をあけるよう義務化はされていませんが危機感が足りないのでしょうか。 専門家ならではの計算方法で試算されているので信用できないとの声がありました。 西浦教授への意見は批判だけではない? 今ネット上を見ると西浦教授への批判が数多く見られますが逆に擁護するコメントが増えてきています。 実は西浦教授は正しかったのではないかといった意見ですね。 西浦さんは実際に夜の繁華街まで行ってお店の人に危険性を解いて回るって行動までしています。 学者がここまでしなきゃならないってどう考えてもおかしい。 行政の指導力や行動力に問題がある。 — 一寸先は光 issunsakihahika この試算を出すために西浦教授は自ら危険を顧みずデータをとってきているようですね。 その姿に対して国に批判がいっています。 こんなでたらめな報道する価値無。 統計学を少し齧った人間が見たら直ぐばれる。 なぜなら適正な良いサンプリングがされていない。 PCRの検体数が決定的に少なすぎる又新たに国外からの増減があり流動している。 敵の数・分布・動静を掴んでもいないのに武漢肺炎ウイルス風邪との戦争に勝つ事は到底無理。 — Hidh mytilus21 TVでの報道がでたらめだという人も。 この問題が終息するのは時間がかかりそうですね。 西浦教授 西浦博 の42万人死亡試算は嘘? 間違い? Twitterで批判殺到! まとめ.

次の