アキビュー オアシス。 「アキュビューオアシス」と「メニコンプレミオ」はどちらがオススメですか?(...

【体験談】ワンデーアキュビューオアシスとトゥルーアイの違いってなに?

アキビュー オアシス

コンタクトレンズは複数のメーカーからたくさんの種類が販売されています。 安い!だけで選んでしまうと合わなくてゴロゴロしたり、すぐ外したくなったりして、ストレスに。 ワンデーアキュビューシリーズはは BC8. 5と BC9. 0どちらか選べます。 私はBCが大きい方なので、BC8. 5の商品は目に合わずゴロゴロ違和感を感じて短時間しか持ちません。 昔、安さ重視で海外製品(BC8. 5)を購入して合わなかったことが何回かありました。 眼科に行った時に初めてBCについて知りました。 日本人は欧米人と違い、眼球が大きく平べったい人が多いとのことでBC9. 0の方が合うようです。 眼球について説明しているこんなページがありました。 比較的、眼球が大きなアジア人は、角膜のカーブが、欧米人に比べてゆるやか。 BCで示すと9. 0~9. 2mmという値が日本人には多々見られますが、そのサイズは欧米人となると珍しく、海外製のコンタクトレンズでは、製造すらされていないことがよくあります。 BC9. 0が私の適正サイズと知らずにBC8. 5のコンタクトを使用したので、1〜2時間もすると目がショボショボになり、つけているのが耐えられない状態になったということなのです。 それからはBC9. 0のものを確認して購入しています。 でもそもそも海外製品が多いコンタクトレンズ。 BC9. 0を出しているメーカーが少ないんですよねー その点、ワンデーアキュビューシリーズははBC8. 5とBC9. 0を選べます。 外出すると気になる紫外線。 目から紫外線を吸収し肌にも影響あるといいますし、実際目が日に焼けると充血がひどくなりますよね?UVカットのコンタクトレンズなら少しは安心できます。 花粉も防ぐ! 私はスギ花粉症です。 コンタクト全般に言えることですが、目の表面をおおってくれるので、裸眼やメガネの時よりも花粉を防いでくれます。 私はコンタクトした日の方が目が痒くならないです。 「ワンデーアキュビューオアシス」だけの特徴 「ワンデーアキュビューオアシス」は、 「トゥルーアイ」より上のランクの商品として販売されています。 (なのでトゥルーアイよりお値段高め。 ) オアシスの最大の特徴は「ムチン」という成分が含まれていること。 ムチンとは、 涙に含まれる「ムチン」を模した成分をレンズに密に組み込むことで、レンズが涙と一体化。 目の疲れの一因となる「乾燥感」「ぼやけ」「まばたきの際の摩擦」を軽減します。 ワンデーアキュビューオアシスとトゥルーアイを実際に比較! 「ワンデーアキュビューオアシス」と「トゥルーアイ」を同時期に購入し、 それぞれ比較してみました。 パッケージの比較。 左の水色がトゥルーアイ、オアシスは紺色です。 中を開けると違いがほとんどわかりません。 強いて言えばオアシスの方が少し厚みがある、、、かも。 中の液も何となくとろっとしているような? 目に装着した感じもほとんど変わりませんでした。 一日約12時間つけてみた感想。 うんうん、確かに目のショボショボが抑えられてる感じ! コンタクトレンズネットショップ14社の価格を比較! ネットに出ている主なコンタクトレンズショップ14社の価格を比較しました。 ショップの中には処方箋が必要だったり ワンデーアキュビューオアシスを販売していないショップもありました。 トゥルーアイはほとんどのショップで販売していましたが、 オアシスは販売されていないショップもありました。 処方箋不要!で最安値ショップは「レンズラボ」 今まで様々なコンタクトレンズショップを使ってますが、 トゥルーアイはあっても オアシスが売られていないショップがあります。 総合的にオススメするコンタクトレンズショップは です。 なら オアシスも トゥルーアイも両方まとめて購入できます。 私のように オアシスと トゥルーアイそれぞれ購入してみて一日ごとに使ってみるなど複数種類を購入して比較することもできます。 私はなんどもリピート購入しています。 通販のコンタクトレンズは品質に問題あるかと心配ありますが、全く問題ないです。 結論! トゥルーアイとオアシスの潤い度は、 私の主観になってしまいますが、どちらも潤いどっちも好きという結果になりました。 どちらも性能は間違いなく、長時間使用していても、目が乾きにくいコンタクトです。 少しの差でオアシスの方がうるおい続くかな?と思ってます。 しばらくはオアシスとトゥルーアイを併用して使おうかな?と思っています。 それから目のしょぼしょぼ対策は目薬でも対応することにします。

次の

【体験談】ワンデーアキュビューオアシスとトゥルーアイの違いってなに?

アキビュー オアシス

コンタクトレンズは複数のメーカーからたくさんの種類が販売されています。 安い!だけで選んでしまうと合わなくてゴロゴロしたり、すぐ外したくなったりして、ストレスに。 ワンデーアキュビューシリーズはは BC8. 5と BC9. 0どちらか選べます。 私はBCが大きい方なので、BC8. 5の商品は目に合わずゴロゴロ違和感を感じて短時間しか持ちません。 昔、安さ重視で海外製品(BC8. 5)を購入して合わなかったことが何回かありました。 眼科に行った時に初めてBCについて知りました。 日本人は欧米人と違い、眼球が大きく平べったい人が多いとのことでBC9. 0の方が合うようです。 眼球について説明しているこんなページがありました。 比較的、眼球が大きなアジア人は、角膜のカーブが、欧米人に比べてゆるやか。 BCで示すと9. 0~9. 2mmという値が日本人には多々見られますが、そのサイズは欧米人となると珍しく、海外製のコンタクトレンズでは、製造すらされていないことがよくあります。 BC9. 0が私の適正サイズと知らずにBC8. 5のコンタクトを使用したので、1〜2時間もすると目がショボショボになり、つけているのが耐えられない状態になったということなのです。 それからはBC9. 0のものを確認して購入しています。 でもそもそも海外製品が多いコンタクトレンズ。 BC9. 0を出しているメーカーが少ないんですよねー その点、ワンデーアキュビューシリーズははBC8. 5とBC9. 0を選べます。 外出すると気になる紫外線。 目から紫外線を吸収し肌にも影響あるといいますし、実際目が日に焼けると充血がひどくなりますよね?UVカットのコンタクトレンズなら少しは安心できます。 花粉も防ぐ! 私はスギ花粉症です。 コンタクト全般に言えることですが、目の表面をおおってくれるので、裸眼やメガネの時よりも花粉を防いでくれます。 私はコンタクトした日の方が目が痒くならないです。 「ワンデーアキュビューオアシス」だけの特徴 「ワンデーアキュビューオアシス」は、 「トゥルーアイ」より上のランクの商品として販売されています。 (なのでトゥルーアイよりお値段高め。 ) オアシスの最大の特徴は「ムチン」という成分が含まれていること。 ムチンとは、 涙に含まれる「ムチン」を模した成分をレンズに密に組み込むことで、レンズが涙と一体化。 目の疲れの一因となる「乾燥感」「ぼやけ」「まばたきの際の摩擦」を軽減します。 ワンデーアキュビューオアシスとトゥルーアイを実際に比較! 「ワンデーアキュビューオアシス」と「トゥルーアイ」を同時期に購入し、 それぞれ比較してみました。 パッケージの比較。 左の水色がトゥルーアイ、オアシスは紺色です。 中を開けると違いがほとんどわかりません。 強いて言えばオアシスの方が少し厚みがある、、、かも。 中の液も何となくとろっとしているような? 目に装着した感じもほとんど変わりませんでした。 一日約12時間つけてみた感想。 うんうん、確かに目のショボショボが抑えられてる感じ! コンタクトレンズネットショップ14社の価格を比較! ネットに出ている主なコンタクトレンズショップ14社の価格を比較しました。 ショップの中には処方箋が必要だったり ワンデーアキュビューオアシスを販売していないショップもありました。 トゥルーアイはほとんどのショップで販売していましたが、 オアシスは販売されていないショップもありました。 処方箋不要!で最安値ショップは「レンズラボ」 今まで様々なコンタクトレンズショップを使ってますが、 トゥルーアイはあっても オアシスが売られていないショップがあります。 総合的にオススメするコンタクトレンズショップは です。 なら オアシスも トゥルーアイも両方まとめて購入できます。 私のように オアシスと トゥルーアイそれぞれ購入してみて一日ごとに使ってみるなど複数種類を購入して比較することもできます。 私はなんどもリピート購入しています。 通販のコンタクトレンズは品質に問題あるかと心配ありますが、全く問題ないです。 結論! トゥルーアイとオアシスの潤い度は、 私の主観になってしまいますが、どちらも潤いどっちも好きという結果になりました。 どちらも性能は間違いなく、長時間使用していても、目が乾きにくいコンタクトです。 少しの差でオアシスの方がうるおい続くかな?と思ってます。 しばらくはオアシスとトゥルーアイを併用して使おうかな?と思っています。 それから目のしょぼしょぼ対策は目薬でも対応することにします。

次の

【最新】もうサングラスは必要ない?!アキュビュー スマート調光オアシスのコンタクトがおすすめ!【レビュー】

アキビュー オアシス

コンタクトレンズは複数のメーカーからたくさんの種類が販売されています。 安い!だけで選んでしまうと合わなくてゴロゴロしたり、すぐ外したくなったりして、ストレスに。 ワンデーアキュビューシリーズはは BC8. 5と BC9. 0どちらか選べます。 私はBCが大きい方なので、BC8. 5の商品は目に合わずゴロゴロ違和感を感じて短時間しか持ちません。 昔、安さ重視で海外製品(BC8. 5)を購入して合わなかったことが何回かありました。 眼科に行った時に初めてBCについて知りました。 日本人は欧米人と違い、眼球が大きく平べったい人が多いとのことでBC9. 0の方が合うようです。 眼球について説明しているこんなページがありました。 比較的、眼球が大きなアジア人は、角膜のカーブが、欧米人に比べてゆるやか。 BCで示すと9. 0~9. 2mmという値が日本人には多々見られますが、そのサイズは欧米人となると珍しく、海外製のコンタクトレンズでは、製造すらされていないことがよくあります。 BC9. 0が私の適正サイズと知らずにBC8. 5のコンタクトを使用したので、1〜2時間もすると目がショボショボになり、つけているのが耐えられない状態になったということなのです。 それからはBC9. 0のものを確認して購入しています。 でもそもそも海外製品が多いコンタクトレンズ。 BC9. 0を出しているメーカーが少ないんですよねー その点、ワンデーアキュビューシリーズははBC8. 5とBC9. 0を選べます。 外出すると気になる紫外線。 目から紫外線を吸収し肌にも影響あるといいますし、実際目が日に焼けると充血がひどくなりますよね?UVカットのコンタクトレンズなら少しは安心できます。 花粉も防ぐ! 私はスギ花粉症です。 コンタクト全般に言えることですが、目の表面をおおってくれるので、裸眼やメガネの時よりも花粉を防いでくれます。 私はコンタクトした日の方が目が痒くならないです。 「ワンデーアキュビューオアシス」だけの特徴 「ワンデーアキュビューオアシス」は、 「トゥルーアイ」より上のランクの商品として販売されています。 (なのでトゥルーアイよりお値段高め。 ) オアシスの最大の特徴は「ムチン」という成分が含まれていること。 ムチンとは、 涙に含まれる「ムチン」を模した成分をレンズに密に組み込むことで、レンズが涙と一体化。 目の疲れの一因となる「乾燥感」「ぼやけ」「まばたきの際の摩擦」を軽減します。 ワンデーアキュビューオアシスとトゥルーアイを実際に比較! 「ワンデーアキュビューオアシス」と「トゥルーアイ」を同時期に購入し、 それぞれ比較してみました。 パッケージの比較。 左の水色がトゥルーアイ、オアシスは紺色です。 中を開けると違いがほとんどわかりません。 強いて言えばオアシスの方が少し厚みがある、、、かも。 中の液も何となくとろっとしているような? 目に装着した感じもほとんど変わりませんでした。 一日約12時間つけてみた感想。 うんうん、確かに目のショボショボが抑えられてる感じ! コンタクトレンズネットショップ14社の価格を比較! ネットに出ている主なコンタクトレンズショップ14社の価格を比較しました。 ショップの中には処方箋が必要だったり ワンデーアキュビューオアシスを販売していないショップもありました。 トゥルーアイはほとんどのショップで販売していましたが、 オアシスは販売されていないショップもありました。 処方箋不要!で最安値ショップは「レンズラボ」 今まで様々なコンタクトレンズショップを使ってますが、 トゥルーアイはあっても オアシスが売られていないショップがあります。 総合的にオススメするコンタクトレンズショップは です。 なら オアシスも トゥルーアイも両方まとめて購入できます。 私のように オアシスと トゥルーアイそれぞれ購入してみて一日ごとに使ってみるなど複数種類を購入して比較することもできます。 私はなんどもリピート購入しています。 通販のコンタクトレンズは品質に問題あるかと心配ありますが、全く問題ないです。 結論! トゥルーアイとオアシスの潤い度は、 私の主観になってしまいますが、どちらも潤いどっちも好きという結果になりました。 どちらも性能は間違いなく、長時間使用していても、目が乾きにくいコンタクトです。 少しの差でオアシスの方がうるおい続くかな?と思ってます。 しばらくはオアシスとトゥルーアイを併用して使おうかな?と思っています。 それから目のしょぼしょぼ対策は目薬でも対応することにします。

次の