浮気調査 手順。 尾行の全知識|対象にバレない尾行テクと尾行を見抜く全手順|浮気調査ナビ

LINEのトーク履歴を転送し浮気調査をする方法!ラインの消したトーク履歴の復元もわかる

浮気調査 手順

まず、GPS携帯トラッカー:Phone Trackerの機能や料金など基本情報について解説します GPS携帯トラッカー:Phone Trackerでできること GPS携帯トラッカー:Phone Trackerは保護者が子供の現在地情報を取得する、紛失したスマートフォンを捜索するためにリリースされている 「リアルタイムトラッキング」ができる携帯追跡アプリです。 「そのリアルタイムトレッキングできるアプリとして浮気調査ができるとネットでは言われているんですね!」 GPS携帯トラッカー:Phone Trackerでできることですが、具体的に言うと 「位置情報の取得のみ」です。 他の浮気調査ができると言われているアプリでは遠隔で写真撮影ができたり、アラームを鳴らすことができたりするのですが、GPS携帯トラッカー:Phone Trackerでは本当に位置情報の取得のみです。 ですが、その位置情報の取得の精度が非常に高く、マップにピンを表示するだけではなく郵便番号、住所を番地・号まで表示することができます。 今までいくつかの浮気調査できると言われているアプリを使用してきましたが、位置情報の精度は最も高いです。 iPhoneならApp Storeで「GPS携帯トラッカー:Phone Tracker」と検索しましょう。 「GPS携帯トラッカー」もしくは「Phone Tracker」のみの検索でもおそらく表示されるはずです。 「GPS携帯トラッカー:Phone Tracker」をタップして表示されたら「入手を」をタップしてダウンロードを完了してください。 アプリを立ち上げると位置情報の利用の許可を求められますので許可を選択しましょう。 この画面が最初のページで、画面をタッチするとページがスライドされ、アプリの説明が表示されます。 メールアドレス、名前を入力して「アカウントの作成」を押すとアカウントの作成が完了します。 再びアプリの説明と使い方の説明が表示されますので、よく読んでおきましょう。 GPS携帯トラッカー:Phone Trackerの使い方 アプリの設定とアカウントの作成が終了したら実際にGPS携帯トラッカー:Phone Trackerを使用して位置情報を取得してみたいと思います。 アカウントの追加を行うには、画面右上の「+」ボタンか、画面下のメニューの「追加」をアップすると追加画面に移動します。 続いて「招待メールを送信」をタップして、連絡先へのアクセスを許可します。 追加したいアカウントの連絡先と選択するとメールの作成画面が表示されますので、そのまま送信しましょう。 (本文などを変更しても構わないですが、確認コードは変更しないでください) もう一台のデバイスで受信したメールの登録コードをコピーし、同じく右上、もしくは下のメニューからアカウント追加画面に移動し、今度は「招待メールを承認」をタップしてコピーした登録コードを貼り付けます。 これでアカウントの追加が完了しました。 この記事と並行してアプリの操作を行なっている方ならお分かりかと思いますが、GPS携帯トラッカー:Phone Trackerのトップページを見るともう一台のiPhone・iPadの位置情報はすでに表示されています。 表示されている地図をタップすると全画面表示に切り替わります。 GPS携帯トラッカー:Phone Trackerでできることはこの2つの機能のみとなっております。 GPS携帯トラッカー:Phone Trackerを実際に使って思った正直な感想 今回、GPS携帯トラッカー:Phene Trackerを使用してみて「別にこのアプリじゃなくても…」というのが正直な感想です。 位置情報取得の精度は非常に高く、Apple純正のアプリやGoogleマップと比べても引けを取らないレベルで仕上がっています。 住所を番地・号まで特定できる精度の高さには正直驚きました、予想以上です。 しかし、PS携帯トラッカー:Phene Trackerには位置情報を取得する機能のみしか搭載されておらずシンプルな設計になっていますが、それだけでしたらiPhoneに元々インストールされている「」や「友達を探す」で事足りてしまうのでわざわざ違うアプリをインストールするほどでもないかなと感じました。 また、アプリ内でも記載がありましたが、バックグラウンドでアプリを立ち上げたままにしていると充電の消耗が非常に早く、iPhoneの温度も若干上がっていました。 一般のアプリが純正のアプリに勝つには、かゆいところに手が届くような設計にしないといけないのですが、位置情報の取得という非常に狭い守備範囲ではなかなか純正アプリに勝つのは難しいのではないでしょうか。 なんらかの事情でiPhoneを探すや友達を探すが使えないケースでは、代替えアプリとして機能してくれるでしょう。 GPS携帯トラッカー:Phone Trackerの口コミ・評判 では私以外の利用者の繰り込み・評判も見ていきましょう。 GPS携帯トラッカー:Phone Trackerに投稿されている口コミから引用してご紹介します。 GPS携帯トラッカー:Phone TrackerのApp Storeの口コミ・評判• 課金させたいなら無料で一定期間使いやすさを表明すべき。 使ってもないのにわからん• 遠距離移動をする相方と2人で使ってます。 無課金でも10分更新で情報が見れるので仮眠をとってるのも確認できて安心して過ごせるようになりました。 電池の消耗が早くなりますが、他のアプリでも定期的に位置情報を取得するなら同じなので割り切ってます。 充電をマメにしない方、アプリを起動させっぱなしにしたくない方にはオススメ出来ませんが、互いにアプリの存在を理解した上で使うには良いアプリだと思いました。 アプリを開かなくても常に位置情報を更新してほしい。 早急に改善してほしいです。 これじゃ盗難紛失なんて対応もできないダメなアプリです。 購入したことを後悔させないほど良くしてください。 また、iOS10にアップデートしたら使えなくなった。 早急にどうにかしてほしい。 引用: GPS携帯トラッカー:Phone Trackerの口コミ・評判まとめ ここ1年に書き込まれた口コミが非常に少なく、最新版のアプリの評判を口コミから判断することが少し難しいかもしれません。 ですが、私が実際に利用してみた感覚ですと先ほど申し上げた通り、非常にシンプルかつアプリもサクサクで使いやすいというイメージを持っていただいて問題ないかと思います。 「日本語に対応していないから…」という口コミが数年前にされていますが、 現在ではおそらく日本人がきちんと翻訳した日本語で利用できますのでご安心ください。 GPS携帯トラッカー:Phone Trackerで浮気調査はできるのか? ではこの記事の本題であるGPS携帯トラッカー:Phone Trackerで浮気調査はできるのかというポイントについて言及していきます。 まずは結論から。 GPS携帯トラッカー:Phone Trackerで浮気調査をすることは… 「 できなくもないがおすすめしない!」です。 なぜ「できなくもないが」とつけた理由についてですが、非常に精度の高い位置情報を取得できるのでパートナーが浮気していたとすれば場所を特定する子は可能でしょう。 ですが、アプリを閉じてしばらくすると位置情報が取得できなくなり、現在地を知ることができなくなってしまいます。 そうすると位置情報の取得しか機能のないGPS携帯トラッカー:Phone Trackerで浮気調査をするのはできなくなってしまいますので、「できなくもないが」と表現しました。 アプリでの浮気調査は違法になる?? 続いて「おすすめしない!」と断定した理由について。 位置情報の取得アプリに限らず、他人のスマートフォンを勝手に操作するのは恋人や夫婦関係にあっても 「プライバシーを侵害」するとして法律違反となる可能性があります。 また、パートナーのスマートフォンに位置情報の取得アプリをダウンロードして監視するのは「ストーカー禁止法」に抵触する恐れもあります。 加えて、こうした不正行為(浮気調査アプリの利用など)によって取得した証拠は、裁判になった際に有効な証拠として扱われることはほとんどなく、浮気調査をアプリで行うのはリスクだけが残る方法であると言えます。 パートナーの不貞行為(浮気)を特定しようとしているうちに自分が法律を犯して罪に問われてしまっては本末転倒、いや大転倒ですので、浮気調査は専門家である探偵に依頼するのがリスクもなく確実な方法といえるでしょう。 結論!GPS携帯トラッカー:Phone Trackerでの浮気調査はリスクが高い!探偵に依頼がベスト GPS携帯トラッカー:Phone Trackerは位置情報の取得にだけ目を向けると非常に精度の高いアプリです。 その点だけ見ると浮気調査として利用できるアプリなのかもしれません。 ですが、浮気調査のアプリとしての欠陥、違法になる恐れ、浮気の証拠にならない可能性など、様々な問題がありますので浮気調査として利用しないようにしましょう。 「餅は餅屋に」ではないですが、 やはり浮気調査は探偵に依頼することをおすすめいたします。 パートナーの不貞行為の特定のために自身が罪に問われることのないようご注意ください。

次の

スマホのロック解除方法!

浮気調査 手順

浮気調査の優先順位 まずは不貞の証拠を撮影する事が最優先事項です。 不貞の証拠が撮れるまでは調査対象者に警戒心を抱かせずに調査を進める必要があります。 証拠が撮れていない段階で強引な調査を行い、警戒心を抱かせてしまうと不貞の証拠が撮れなくなってしまう可能性があります。 例えば、 マンション、アパート住まいの場合、慰謝料請求の為には部屋番号まで判明させる必要がありますが、不貞の証拠が撮れる前に深追いして調査対象者を警戒させてしまっては元も子もありません。 部屋番号を判明させる為の追跡は調査の中でも少しリスクの高い調査となります。 なので調査当日、配偶者が浮気相手に会ってもまだ不貞の証拠が充分に撮れていない時は、住んでいる建物の判明に留める事もあります。 ホテルや自宅に行くなど、決定的な不貞の証拠が撮れる前の段階での深追いは禁物です。 インターネットなどでは「尾行は難しくないから素人でも不貞の証拠を撮れる」という記事も見かけたりします。 確かに尾行だけなら難しくないのですが、調査は尾行だけではありません。 素人では難しいのは「状況判断」と「張り込み」です。 調査の素人はどのような行為が警戒心を抱かせるのかが分かりません。 浮気調査する上で注意すべきポイント 浮気調査を進めていく過程で調査対象者を警戒させてしまう可能性のある行為があります。 依頼者様と相談しつつ調査を進めていると、時折調査の継続が難しくなるような事を頼まれることもありますが、状況によってはお断りする場合もあります。 依頼者様の中には私にご依頼頂く前に調査能力の低い探偵会社、便利屋などで失敗してしまった方もいらっしゃいます。 状況をお聞きすると明らかに 「調査でしてはいけない行為」をしているようです。 ・インターホンを押して在宅かどうか確かめる ・昼間に窓から室内の様子を伺おうとする ・監視地点の室内から見える位置での張り込み ・近隣の住民へ配慮しない位置での張り込み などなど、調査で行うと調査対象者を警戒させてしまう行為は多く存在します。 例えば、 依頼者様から「インターホンを鳴らして在宅しているかどうか確かめて貰えませんか?」などと頼まれる事もあるのですが、これをしてしまうと問題が起きてしまいます。 そもそもインターホンを鳴らしてみて在宅かどうか確かめるには調査対象者が応対した時だけです。 調査対象者が出てきた時は部屋を間違えたなどと言い訳をしたとしても警戒心を抱く可能性がありますし、一度姿を見られてしまう為、その後の追跡は困難になります。 居留守を使って覗き穴からこちらの姿を確認するだけで出てこない可能性もあります。 その場合、在宅かどうかすら確かめる事は不可能です。 昼間に窓から無理に室内の様子を伺うのも非常にリスクの高い行為です。 昼間に関しては注意が必要で、室内から外の様子は見えるのですが、逆に外から室内の様子を伺う事は非常に困難です。 調査対象者からはこちらが観察しやすく、こちらからは様子を伺いづらい状態です。 基本的に明るい所から暗い所は見えづらく、暗い所から明るい所は見えやすいのです。 実験してみて頂けるとわかりますが、薄いカーテンを閉めた状態で室内から外の様子を見るとよく見えます。 が、外からは室内の様子は中々見えません。 それとよくある他業者の失敗談として、張り込みの様子を調査対象者に室内から見られていた、というのも多いです。 調査ではどの場所が調査対象者から見える場所なのかを把握する必要があります。 張り込みは長いときには数時間、数十時間に及ぶ場合もあり、張り込み場所には気を使う必要があります。 調査対象者がいる建物、部屋の構造の把握も必要です。 特に窓には注意すべきです。 窓の位置や状況を把握できていないと逆に調査対象者から観察されてしまう事態に陥ります。 近隣の住民への配慮も必要です。 張り込みの際、近隣の住民に不審者として見られてしまうと張り込みは非常に困難になります。 近所付き合いの多い調査対象者の場合、近隣の住民から調査対象者に伝わってしまう事もあり得ます。 トップページ.

次の

GPSで浮気調査!車内・車外バレない隠し場所徹底解説します

浮気調査 手順

1.GPS発信機で浮気調査は可能なのか? GPS発信機とは、人工衛星を使い対象物がどこにいるのかを感知できるシステムであり、「Global Positioning System(グローバル ポジショニング システム)」の略称です。 つまり、対象物や対象人物がどこにいるのかを感知できるシステムなので、浮気調査にはもっとも向いている調査方法とも言えます。 例えばですが、子供携帯などでGPS機能が付いており、親が常に子供の位置を把握できるシステムがありますが、あれはまさにGPS機能を最大限活用した例です。 それと同じように子供ではなく、今浮気を疑っている配偶者がどこにいるのかを感知することも可能なのです。 GPS発信機にも機能や性能の違いが見られるため、浮気調査に向いているGPS発信機を慎重に選択しましょう。 2.GPS発信機を使った自力での調査方法 まずは外部協力を依頼することなく自力で浮気の実態を調査したいという方のために、オススメの浮気調査方法をご紹介します。 簡単に女性ひとりでも実践できる方法も多いため、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。 一番簡単な方法は「夫婦で共有財産となっている車に装着する」という方法です。 車の中でも良いですし車の外側でも問題ありません。 GPS発信機を車に装着する場合にもっとも気をつけるべき点としては、配偶者に見つからないことです。 見つかってしまっては元も子もありませんので、まずは見つからない場所に設置することを意識しましょう。 画像引用: もちろん車を浮気に使用していることが前提ですが、車でどこに行きどこに滞在しているのかは、GPS発信機でしっかりと感知することが可能です。 3.GPS発信機での浮気調査は違法!? ここでひとつみなさんに必ず覚えておいていただきたいことがあります。 それは、間違ったGPS発信機の使用方法は「違法行為につながる危険性がある」ということです。 ここで具体例をご紹介します。 前述した夫婦の共有財産であれば、どちらかの承諾があればGPS発信機の装着は違法とは言えませんが、例えば配偶者のカバンなど私物にGPS発信機を忍ばせる行為は違法行為につながる可能性があります。 なぜなら、カバンを勝手に開けて見るという行為は 「プライバシーの侵害」にあたる可能性があるからです。 これは配偶者でもその可能性があるため、他人のカバンであればなおさら違法行為に該当する可能性は高いと言えます。 もちろんケースバイケースではありますが、裁判になった場合には負ける可能性もあるため、必ず合法的にGPS発信機を使用しましょう。 4.GPS発信機を使った浮気調査実例 実際にGPS発信機を使用して行われた浮気調査としては、車に装着して居場所を感知する方法が圧倒的に多いです。 どのケースにおいても素人が自力で行ったがために失敗に終わるというケースが多かったため、注意点を交えてご紹介します。 妻が夫の浮気を疑い通勤やレジャーで使用している車にGPS発信機を忍ばせました。 普段から夫が見ることのない後ろの座席の合間に装着したため、何か理由がなければまずバレない場所です。 しかし、ここまで慎重に忍ばせたGPS発信機ですが、結果的には夫に浮気調査の実態が知られることになるのです。 理由は意外なところにありました。 妻の日頃の言動です。 なぜ妻の言動から夫に知られてしまったのかと言うと、妻は毎日のように夫がどこに行きどこで滞在しているのかをGPS発信機で確認することができました。 しかし、夫はチェックされていることなど知らないため、当たり前のように嘘の報告を妻にします。 すると妻は「この人平気な顔して嘘を付いている」と思うわけです。 このときに怒りの感情が抑えきれない人が多く、夫に浮気調査の実態が知られてしまうという流れです。 ここで冷静に対応できれば問題はないのですが、「あなた本当は〇〇に行っていたくせに」などと口走ってしまうとアウトです。 その時点で夫には浮気調査の事実が知られてしまい、今後は証拠を隠しながらコソコソと慎重に浮気をするようになるでしょう。 このような結末にならないためにも、探偵との連携についても後述します。 5.GPS発信機は購入すべき?レンタルすべき? 浮気調査に使うGPS発信機ですが、これは「購入」あるいは「レンタル」のどちらが良いのでしょうか?これはどんな商品でも争点となる問題ですが、浮気調査においては調査にかかる期間を考慮したほうが良いです。 調査対象がどこに滞在していたのかを記録するだけの「ロガー」タイプのGPS発信機であれば、購入は安ければ10,000円前後で買うことができ、レンタルでも2週間であれば3,000円ほどで借りることができるため、購入を選んでも後悔はしないでしょう。 また、リアルタイムで調査対象がどこにいるのかを感知することが可能な「トラッカー」タイプのGPS発信機であれば、購入は安ければ30,000円前後から買うことが可能です。 レンタルの場合には、2週間で10,000円ほどすることも多く、機能や性能によりけりではありますが、レンタルのほうが出費は安く済みます。 ケースバイケースですが、簡単な調査であれば「ロガー」タイプのレンタル、難しく期間も長くなりそうであれば「トラッカー」タイプの購入を選ぶなどしたほうが良いかもしれません。 どちらを選ぶ場合でも、浮気調査にどのくらいの期間がかかるのかを考えた上で、費用対効果の高いと思われる選択肢を選びましょう。 6.探偵事務所との連携 自力でGPS発信機を使って浮気調査をすることに抵抗のある方は、ぜひとも探偵事務所との連携を選択肢に加えてください。 探偵事務所との連携をはかることにより、浮気調査の成功率が大きく変わります。 前述したように、どうしても自力で行うことによりミスが出てしまい、結果的には配偶者に浮気調査の事実が発覚してしまうというケースが多々あります。 しかし、浮気調査のプロである探偵事務所と連携することにより、 配偶者の浮気の実態を明白にするばかりではなく、裁判でも有利となるような浮気の証拠を集めてくれます。 浮気調査の目的は依頼主により異なりますが、「離婚」を選択する場合でも「復縁」を選択する場合でも、どちらにせよ言い逃れできない理由を作るためには浮気の証拠が必要となります。 自力で浮気調査をするのか、または探偵などの浮気調査のプロに依頼をするのかということは、昔から比較検討されてきた問題ではありますが、結論としては自力で行う自信のある方は自力で行うのが良いでしょう。 また、自力で行うには時間も労力も割けない、または自信がないという方に関しては、間違いなくプロの探偵に依頼するほうがベストです。 まとめ GPS発信機を用いて浮気調査をすることは可能であり、きちんと手順を踏み慎重に行えば、自力で調査をすることも可能です。 GPS発信機には多様な種類があり、機能や性能も千差万別です。 あなたの今置かれている状況に適したGPS発信機を選ぶことが大切ですし、自力で行うことが難しい場合には、費用をいとわずプロの探偵に依頼することも検討したほうが良いでしょう。 探偵であれば浮気調査は何十件何百件とこなしてきた実績もありますし、何よりも浮気調査の成功率が格段にアップします。 依頼に合わせたGPS発信機の選定まで任せることができますし、調査中にも今後あなたがどのような道を進めば良いのかという「カウンセリング」まで行ってくれる事務所まであります。 あくまで浮気調査は配偶者の浮気の事実確認でしかありません。 今後あなたが幸せになるためには、どのような「選択」をすべきなのかを慎重に考えることが何よりも大切なのではないでしょうか。

次の