後ハッピーマニア ネタバレ 最新話。 『ハッピー・マニア』に全女子震撼!共感度抜群の恋愛漫画をネタバレ紹介

モトカレマニア|最終回第9話のあらすじネタバレ感想【それぞれの恋愛の行方】

後ハッピーマニア ネタバレ 最新話

980話 戦う音楽(ミュージック) 前回 ・カイドウの息子の名前発覚 ・カイドウから重大発表あり ・歪みあう幹部格大看板と飛び六胞 ・鬼ヶ島潜入作戦に暗雲のバカ2人? など ラストは おしるこを粗末に扱いおこぼれ町を侮辱するカイドウの部下に対して爆発寸前のルフィ タイトルからもわかる通り今週の主役はアプー? 加えてキッド 潜入台無し? 5千人超えの進軍もいつまでも敵に気付かれずというわけにはいきません。 おしるこ持ってこい!! ぶっかけ合戦だ!! なんでお前は大人しく潜入できないんだ! だったらぶった斬るしかねぇな 2人にとっては同じ地雷? カイドウ軍の行為は許せない様です。 海鳴りアプー登場 敵の多い方に進軍するルフィとゾロ 遠くから眺めるクイーンの様子を見ると誘い込まれている気もしますね。 キッド! (ファッファッ) お前もバレちまうぞ! 構わねぇ! あの裏切り者が全ての元凶だぞ!! すぐさま襲いかかろうとするキッドを制するキラーでした。 SMILEの影響で相変わらずファッファッしていますが意外と冷静。 正気は保てている様で安心 キッドは最早爆発寸前。 クイーンの重大発表? 場を取り仕切るクイーン。 ルフィとゾロを襲う部下を発奮させる様な重大発表! 今ちょうど消してぇ奴がいるんだよ オレが飛び六胞を1人消しそのイス1つ空けてやる 引用. ワンピース980話より これを受けて部下達は大盛り上がり! 我こそは次期飛び六胞とこぞってルフィ達に襲いかかります。 新キャラも混じっているでしょうか? 一癖も二癖もありそうな面々。 真打ち以下もめんどくさそうな敵が多いですねー もちろんもれなくSMILE能力者 そして。 消したい1人 候補筆頭はフーズフー、ササキの元船長組どちらかでしょうか? 前回のクイーンもそうですが百獣海賊団の内情も何かと複雑。 圧倒的な力を持つカイドウへの忠誠心こそあれど以下幹部は野心の塊。 良い意味でも悪い意味でも競争が絶えません。 ホールケーキアイランド編のビッグマム海賊団の様に内部崩壊、連携ミスが命とりになりそうな予感 ルフィゾロ被弾 しかし1番目立っていたのはアプーでした。 黄猿との戦いを思い出す様な攻撃 遠距離から気付かぬうちに2人を襲う音攻撃 ルフィに対しては音の衝撃波 ゾロに対しては音の斬撃 このシーンだけ見ると大打撃を受けたかの様に見えますが割とダメージは少ない? どちらかというと陽動目的の攻撃なんでしょうか? 不意打ちされると避けるのが難しく厄介ですね。 ゾロもルフィも何の能力か把握出来ずにいきなり攻撃を受け不可解な様子。 更にここで追撃。 ダメだ 離れるしかない こんなところでダメージを溜めてたらカイドウ戦まで身が持たない さすがにただ多いだけじゃねぇな 層も厚い このままここにいてはジリ貧だと悟りルフィを抱えて退避するゾロ ちなみに 錦えもんの能力で纏っていたコスチュームが早くも消滅してしまいました。。 まぁナミとロビンの為に用意したものだったのかな? 海外拾い画 やっぱりこの衣装がしっくりくる! ラストシーン キッドvsアプー 裏切り者2人とキッドの再会。 ワノ国編の中でいつかは実現するだろうと言われていましたがようやく今週ラストでそれらしき描写が。 チェケラ!! この技、能力は?磁力? 遂にキッドが乱入 大技を披露 今週のラストシーン くたばれアプー 磁気弦 パンク・ギブソン 裏切り者に制裁の一撃 引用. ワンピース980話より 迫力のあるキッドの大技 もともと合わない?仲の悪そうな2人 裏切りで余計に関係悪化となればキッドのアプーへの制裁は当然の結果でしょう。 カイドウ側3人 ルフィ側5人 やはり最悪の世代が中心に戦いを盛り上げていくでしょうか? 次号も休載となります。 執筆が捗らないこの状況でキッドさんの複雑な腕を描くのは痛すぎる? 予定では翌々号 表紙、巻頭カラーで掲載。 ・執筆は続けているものの全体がアナログ作業の為三密を避けれない ・作業人数が最低限の為どうしても効率が落ちる ・休載のスパンが短くなる ・体調には万全を期している ・アニメも制作進行に向かっている ・現在61巻まで無料開放中 直筆でモンキー・D・自粛ルフィが! もちろんマスク着用。 手洗い中 もともと他作品と比べて休載スパンが短い事もありこれからは月刊誌並みの進行速度になるかもしれませんね。。 我慢して待ちましょう! おさらいと展開予想 おさらいを踏まえながら981話以降の展開予想なんかを書いていきます。 何か面白い案などございましたらコメント欄よりお寄せください。 意外と順調な作戦? 内通者であるカン十郎の存在もあり、オロチ・カイドウ軍は光月家は殲滅したものと捉えています。 実際には侵入を許している状況も ・前線のカイドウ軍がやられた事 ・錦えもんの能力での変装 ・報告へと向かうカン十郎の足踏み と様々な条件が重なり見事なまでに欺かれています。 回想編終了辺りではあれほど暗雲立ち込めていたにも関わらず、ここまでは順調。 このまま最深部までノンストップで行けそうな期待もありますね。 しかしやはりトラブルメーカーの存在は否めません。。 良い意味でも悪い意味でも順調な流れを壊すのはルフィとゾロでしょうか? 変装できてるからこそ敵陣に紛れていられるわけですが、おこぼれ町の人々を侮辱する態度に爆発寸前。 そんな経緯もあり、おしるこをぶちまけたカイドウの部下達に手を出す展開は必至。 遂には騒ぎへと発展してしまいました。 せっかくのコスチュームも破損。 ここが突破口になれば良いのですが 不穏な影 先行したルフィ、ゾロに続いて他の一味も進軍 最後尾には冷静に皆の後を追うロビンとジンベエ。 逸る一同を他所に戦局を判断する為に少し距離を置きます。 しかし更にそれをこっそりと見つめる不穏な影が! シルエットだけなので敵か味方かも判断出来ませんが、鬼ヶ島潜入作戦において後部から情報がバレてしまってはかなりの痛手。。 新たな勢力の加勢ってパターンだとありがたいのですが。 カイドウの重大発表 ビッグマムとカイドウの海賊同盟という時点で既に重大発表なんですが、両海賊団集結の暁には更に重大発表がある様です。 登場初期の頃から掲げている世界を相手にした戦争か? 四皇2人という事もあって正直なんでも出来てしまいそうな巨大な戦力。 恐らく新世界においてもトップクラスかと思われます。 互いのメリットが一致したとは言ってもルフィ達を潰す為だけではもったいないですからね。 大抵の野望は叶えてしまうでしょう。 如何に仲違い、決裂させれるかが鍵になりそうですがワノ国編で決着はつくかな? ヤマトタケル さて、カイドウの息子が発覚し話題になりましたが979話では名前が判明しました。 その名もヤマト。 これまでにも日本の物語の人物をモチーフにしたキャラが登場しましたがヤマトタケルが元かと思います。 以前から登場が囁かれていましたがカイドウの息子として出てくるとは想像できませんでしたね。 ヤマトタケルと言えば古事記などに出てくる人物。 怪力無双、美男子、草薙の剣、兄殺し など数々の逸話を持ちます。 カイドウ並とはいきませんが既に相応の戦闘力を持ち期待をかけられているのではないでしょうか? 気になるのは母親ですがもしやビッグマム? 曲者?アプー 最悪の世代の中ではウルージさんと同程度? あまりスポットのあたらなかったアプー ワノ国編ここに来てようやく見せ場がやってきました。 音を利用するというどこの作品にも出てきそうなありきたりな能力。 自分は被弾せずの距離から相手にダメージを与える戦法も決定打に至る程の威力はなし。 なんとも小賢しいながら憎めず個人的には好きなキャラです。 打倒シャンクスを掲げ共闘に至ったキッド&キラー、ホーキンス、アプー 道半ば、不運にもカイドウと遭遇 圧倒的な戦力差を前にホーキンスとアプーはカイドウ側に寝返りました。 曲者アプーもカイドウの首を狙っているのか? また戦局が悪いと見ればルフィ達に加勢するなんてパターンも考えられますね。 匿名さんより やはり、予想通りのお約束! 今話では、丸々ルフィとゾロの方面が描かれましたので休載明けの次回はルフィの続きが少し描かれた後例のカイドウの息子のヤマトかモモの助のその後、或いはその他の面子の様子が描かれるのかも? それにしても、今回はルフィとゾロが初っぱなから負傷してしまうとは!? まあ、ここから挽回するのかも?しかし、反面キッドが全力をぶつけてたのはちょっぴりかっこよかったです!キラーは、やはりキッドを気遣い、止めようとしていましたが。 981話 参戦 前回はアプーvsキッドがラスト 今週のスタートは? 981話 タイトル 続アプーvsキッド 前回ラストで裏切り者アプーへの一撃を放ったキッド 引用. ワンピースドットコム 初っ端から倒しにいく様に見えた大技でしたが一撃KOとはいかず、、 憎き難敵 キッドとしては是が非でも仕留めておきたいところですがそれを嘲笑うかの様に挑発するアプー おれ達が手を組んだ程度で四皇を一角でも潰せたと思うか? そもそも海賊の同盟がハッピーエンドを迎えることはねぇんだ! もう殺されたかと思ったぜ 対するキッド ゴミが 怒りを抑えている?不適な笑みを見せます。 なんとも判断しづらいですが面白くなってきました。 そしてキッドらの生け捕りは難しいと見たか、当初とは予定を変更しクイーンから抹殺命令が下りました。 結局場は大騒ぎへと発展 狙われるのは麦わら海賊団、キッド海賊団それぞれNo. 1とNo. 2 ルフィ、ゾロ、キッド、キラー アプーの追撃に耳を塞ぎ応戦 音攻撃だけに範囲も広く防ぎにくいので手を焼いています。 ずっと耳を塞ぐわけにもいかず逃げながら、戦いながら奇襲されては防ぎようがありません。 SMILE 物議を醸し出したSMILEの失敗作 笑い以外の感情を奪い、強制的に笑わせるなんとも非道な作用 食えば船長を救うチャンスを与えるというオロチとの約束のもとにSMILE失敗作を口にしたキラー 約束は反故されました。 それを嘲笑うカイドウ軍に対してさらに騒ぎに拍車をかけるキッド。 ルフィ達はキッドを止めていますがこの件はやはり胸糞悪い ヤマト捜索 ルフィやキッドらが騒ぎを起こすのを上から眺めているのは飛び六胞フーズフー ルフィ達を捕らえて手柄を挙げるよりもカイドウの息子ヤマトを見つけ連れてきた方が大手柄だと判断 そしてクイーンをチラ見しながら 大胆発言 クイーンの奴も言うなぁ 殺したい奴ならおれもいるよ なんだかんだ上下関係が曖昧な 大看板と飛び六胞でした。 ナンバーズ1人目 得体の知れないナンバーズ シルエットで引っ張られていた感ありますがようやく1人目がハッチャと言う名通り鳴き声もハチャハチャ ナンバーズ 八茶 引用. ワンピース981話 巨人族よりデカい風貌 制御不能な人格 手柄を挙げる事よりも純粋に敵をいたぶる事を楽しんでる様に見えます。 ビッグマム遭遇 ルフィ達の騒ぎで手薄になった内部を進行するのは錦えもん、サンジを筆頭にした面々 そこには手に入れた古い屋敷図には記されていない増築物 飛び六胞ブラックマリアの構える遊郭 無人状態のこの機に通り抜けようと試みます。 遊女を一目見たかったサンジはガッカリ、、 それはさて置き二手に別れて進軍 敵に見つからぬ様に細心の注意を、、、 のはずか まさかの大敵。 ワンピース981話より 一同なんとか難を逃れますが、、 ラストシーン 今週のラストシーン 四皇同盟に向けて滝登り中のビッグマム海賊団 船長ビッグマムといち早く合流したいところですが 現れたのは 白ひげ海賊団残党を率いる元1番隊隊長不死鳥マルコ ビッグマム海賊団の同盟話は本当だったのかよい 鳳凰印 船ごと滝から蹴落とします 待ちに待ったワノ国合流! まさかこのタイミングとは、、 白ひげの故郷スフィンクスにいたマルコをネコマムシが応援要請するシーンがありました。 ウィーブルの件は片付いたのかな? 相変わらずメガネが似合っています!今後はこのビジュアルでいくのかな? そして、白ひげ海賊団、光月家家臣の経歴を持つイゾウとネコマムシ登場! 故郷に凱旋! 何じゃ?でっかい船が落ちてくにゃ 上を見ろマルコの仕業だ あの戦争以来だな 引用. ワンピース981話 ここしばらく間が空いていましたが次週6月15日発売号ではワンピース982話掲載です! 読者様からのコメント 匿名さんより マルコの参戦など話が盛り上がるのはいいけれど、あまり登場人物を多くしすぎると収拾がつかなくなるような。 それも含めて、ビックマム海賊団には退場してもらったのか? 匿名さんより 相変わらずキッドが言うように最初に騒ぎを起こしたのはルフィですが結局はどっちもどっちです。 そして、アプーの攻撃を防ぐには音を聞かないと言うことか。 しかし、そうすると声も聞こえなくなるのでそこら辺は注意した方がいいかも。 それと、キャロット達がモモの助を救出に向かうようなので少し安心しました。 これで、モモの助が自力で逃走しても上手くいけば何とかなりそうなので!多分...。 そろそろモモの助の方面とかヤマトの容姿とか明かされて欲しいです。 この後どうなるのか?菊の烝はタイムスリップしてるから若い容姿のままだけどモモの助とは違って元々イゾウの方が兄だから対面してもそれほど違和感は無いかな?.

次の

『ハッピー・マニア』に全女子震撼!共感度抜群の恋愛漫画をネタバレ紹介

後ハッピーマニア ネタバレ 最新話

しかし山下は札幌時代に別れた彼女むぎっこを忘れられないモトカノマニアだった。 ユリカに背中を押された山下はむぎっこの元へ。 税金対策のため高級マンション探すとモトカレに似てるマコチが担当営業だったので同居を条件に買っていたのだった。 はじめはバチバチだったがお互いモトカレマニアだと知るとライバルとして認め合う。 毎晩添い寝してくれるマコチを手放したくないさくらは家の中の設備を充実させてマコチを引き留めようとした。 一方ユリカは好きなら同居解消してほしいと重くなってしまい、マコチは元サヤルートからの結婚が恐いしさくらとユリカどっちも選べず悩む。 さくらにチカンみたいと言われたショックで家を出ていく。 雨のなかしょんぼりしてると偶然ユリカに会い、元サヤに戻った。 山下とむぎっこも婚約した。 その一方でマコチは、結婚にむけての真剣交際という雰囲気になじめないでいた。 プロポーズはしてないし、ユリカから結婚を切り出されてもいないが、毎日ユリカの部屋にお泊りする前提だったり、Yシャツにアイロンをかけられたり、マコチは正直プレッシャーを感じてるのだ。 そんな気持ちに鎌田哲也は「わかるよ」と共感し、自分はおかしいのかと不安だったマコチは安心した。 現在28才なので元サヤも戻る=結婚することだとは思ってるが、まだ受け入れられない「元サヤブルー」にマコチは悩んでいた。 築2~3年で若い夫婦のセンスで建てられたでろう一戸建ては、マコチの収入では到底買えない代物。 ますます結婚に恐怖心を抱く。 すると住人から「もしかして不動産屋さん?」と声をかけられた。 斜め向かいに売り家があるからこのへんよく不動産屋が通るというので「そこの下見です」と誤魔化すマコチ。 住人の名前は、山城桃絵。 地味顔で、眉毛の太い猫を飼ってる。 築3年だが離婚したので早めに家を売りたい。 マコチは『きっとハイセンスな旦那主導で家を建てたんだろうな』『でも離婚ににあって旦那つらいだろうな』と内心思う。 山城桃絵から「いくらで売れるかな?君はどう思う?」と、君と呼ばれて照れるマコチ。 地味顔の見た目のイメージと違ってどこか不思議な雰囲気がある女性だ。 しかし汚部屋なので内見できるように片づける必要あり。 書類や資料を持ってまた来る約束をした。 帰り際、玄関にあったポットに気付くと「君はわかる人なんだね。 嬉しい」「この作家の作品がここ30年の国内で一番いいと思ってる」「銀座で個展やってるからオススメ」と山城桃絵は喜び「山城さんじゃなくて桃絵さんって呼んでね」と言った。 ユリカ「すてき!ルーフバルコニーあるんだ」 マコチ「大胆だけど暮らしにくくはない」 ユリカ「いいね、ここ」 会話が弾む。 しかし価格も抑え気味が理由は、離婚したから早く売りたいからだと伝えると ユリカ「それはちょっと気が引けるね。 結婚式の日取りでもお仏滅とか気にするでしょ?離婚物件もそんな感じで私が新婚なら避けるかな。 妥協はするよ?マコチが平気なら」 結婚匂わせ発言をされ「うんそうだね」と言いつつマコチは内心かなり引いていた。 ユリカ的には元サヤ5か月記念日のワインとケーキで愛を受信してからの、計算ずくのほのめかし。 ひろ美は自分から結婚を切り出せばとアドバイスするが、ユリカは自分からプロポーズしたくない。 別に今すぐ結婚したわけじゃなくて、でも「結婚してもいい」と思ってことは伝えたい。 その未来コミの元サヤだよね?と言いたい。 言ってわからせるのはなんかヤダ。 だからほのめかし作戦でじわじわ伝える そのほうが重くないし・・・。 マコチの気持ちはわからないが2人はラブラブだからほのめかし作戦でイケる気がすると自信を見せるユリカだった。 山下とむぎっこも婚約したから最終回ではダブルカップルで結婚する結末もありですね。 その場合さくらが1人可哀そうですが。 しかしここで突然登場した、モトダンマニア?らしき山城桃絵が、マコチにどんな影響を与えるのか心配ではあります。 マコチが山城桃絵と浮気する展開もあるかもしれません?結婚しても離婚している夫婦も目の当たりにして、ますます結婚から気持ちから遠ざかりそう。

次の

後ハッピーマニア・第4話のネタバレと感想|FEEL YOUNG2月号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

後ハッピーマニア ネタバレ 最新話

後ハッピーマニア・第6話のネタバレ 離婚すると聞きつけたタカハシの母 カヨコの義母 は血相を変えてカヨコの自宅へ 義母は頭を下げてタカハシの不貞を謝りますが、許すわけがないと受け入れないカヨコ。 これから女一人でどうするの?お金は?仕事は?と畳みかける義母に対し、この家があればなんとかなる、慰謝料だって…そもそもタカハシとの輝かしい思い出が無いとカヨコ反論。 するとインターホンが鳴り響き、ドアを開けるとそこにはタカハシの浮気相手・詩織の姿が。 思考停止するカヨコでしたが、 実は自分で詩織にタカハシの入院中の世話を頼んだのでした…。 タカハシの母に対し謝る詩織。 義母はこんなしっかりした子だとはと驚きを隠せません。 そして、カヨコは詩織と義母に病院へ行かせ、玄関を強制的に閉めるのでした。 詩織を見ると、確かにしっかりしているし、タカハシが好きになるのもわかる。 カヨコは自分の存在意義を見失い、なんとなく元セフレである田島と飲むことに。 しかし、カヨコは自分の相談どころか、 田島の妻が最近浮気をしているようなので尾行してほしいとバイトを頼まれてしまいます。 ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!! 後ハッピーマニア・第6話の感想 相変わらずカヨコの思考がぶっ飛んでいて面白い笑 普通、夫に浮気されてしまったら浮気相手と別れさせたいと思うんだけど、カヨコはもう既に手放してしまっていましたね…。 しかも義母と一緒に浮気相手を旦那の元に向かわせるなんて…。 タカハシとはキラキラした思い出がそこまで無いと言うカヨコでしたが、後半になってだんだんと傷ついている自分に気が付いていたようです。 平気そうに見えていて実はめちゃくちゃ心細いんじゃん…。 しかも途中で相談しようと思ってたフクちゃんにも断られてるし…。 田島妻の尾行でカヨコの心がえぐられないか心配です…。

次の