ノリタケ の 森 イオン。 【愛知県名古屋市】ノリタケの森プロジェクト(テナント/求人/オープン予定日)│イオンモール

ノリタケの森

ノリタケ の 森 イオン

「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」が2021年秋の開業に向けて発進! 名古屋の新たな商業施設が「ノリタケの森」近くで建設開始 名古屋駅から北へ歩いて15分、地下鉄は市営地下鉄東山線「亀島駅」より徒歩5分。 名古屋市西区則武新町に「ノリタケの森」という陶磁器に関する複合施設があります。 陶業で有名な「株式会社ノリタケカンパニーリミテド」が創立100周年の記念事業として、2001年、本社敷地内にオープンしたものです。 ミュージアム、ギャラリーといった文化施設に加えて、都会でありながら野鳥も訪れる豊かな緑が心地よく、2018年には「市民緑地」に認定されるなど、市民に広く親しまれています。 いまや年間約31万人が訪れるという、名古屋の観光スポットです。 そんなノリタケの森近辺に、新たな動きがあります。 活発な開発が進む地域に、新スタイルのイオンモール 建設予定地周辺は、現在、2027年開業予定のリニア中央新幹線に向けて街の開発が進んでおり、今後も大規模な開発が予定されるなど、来街者や人口の増加、企業の拠点集約や移転需要などが見込まれるエリアとなっています。 こうした情勢と「ノリタケの森」という環境をふまえ、イオンモールはこれまでとは異なる新しい商業施設に取り組もうとしています。 それが「働く人と企業を支える、オフィス複合型商業施設」というスタイルです。 働く人々の生活基盤となる商業施設 ターゲットは「オフィスワーカー」や「単身生活者」 イオンモールは従来、AEON、専門店、アミューズメントからなる「郊外型の家族向けエンタテイメントモール」を、日本各地に展開してきました。 コモン(Common)とは「共通の、共同の、共有の」。 ベース(Base)は「基部、底、土台」を意味します。 イオンモールが強みとする「家族向けエンタメ」ではなく、都市部のオフィスワーカーや単身生活者に不足しがちな暮らし機能を充実させ、施設が彼らの「生活基盤」になることを目指す、新しい都市型モール。 それが「オフィス複合型商業施設」という、敷地内で施設を商業とオフィス部分とに分ける試みなのです。 事業初となる店舗形態は、全国から注目が集まっています。 AEONや飲食店のほか、スポーツジムや美容院なども設置予定 商業施設に入る具体的な店舗情報はまだ公開されていません。 しかし、従来どおりAEONや飲食店はもちろん、オフィスで働く人が勤務後に立ち寄れるようにスポーツジムやフィットネススタジオを設けたり、美容院やコインランドリーなどが設置される予定です。 単身生活によく起こるのが、「冷蔵庫の中身がない!」なんてこと。 会社終わりにそのままスーパーに寄りたくても、遠かったり、電車やバスをいちいち乗り降りしなければならず、億劫だと思ったことはありませんか?たとえ小さい店が近くにあっても、早い時間に閉まってしまい、結局、今日もコンビニ弁当……。 また、通勤に時間が取られて運動の機会が取れず、最近体のたるみが気になる……といった運動不足の悩みも、オフィスワーカーならありがちでしょう。 新しいイオンモールは、そうしたオフィスワーカーの悩みや欲求を解決します。 オフィス複合型であれば退社してすぐに買い物をしたり、運動で汗を流したり、スーツやジャケットを洗濯することだって可能。 生活にとても便利ですね……! 「ノリタケの森」を活かした景観づくり 赤レンガ建築や巨大煙突が特長のノリタケの森との調和を重視し、オフィス棟は低層に。 商業施設とノリタケの森は芝生の庭でつなげ、一体感を演出する仕様です。 緑あふれる景観が望めるこだわりの飲食店など時間滞在型施設を導入することで、周辺の生活者はもちろん、観光客、ビジネス来訪者の方々にショートトリップを感じさせる空間が演出されます。 都市の中だからこそ、リフレッシュできる空間はとても貴重ですよね。 新たなイオンモールは「ノリタケの森」の心地よさを損なわず、より人々にとって身近なものにしてくれそうです。 「ノリタケの森」を中心に広がる、新たな都市拠点 イオン以外にも、大規模な住宅地が建設予定 100周年記念として敷地内にノリタケの森を作った後、ノリタケ本社工場は2014年に閉鎖、解体撤去工事が行われ、いままで敷地内の工場跡地は更地のままでした。 その後、ノリタケは土地をイオンモール、三菱商事、三菱地所レジデンスの3社に売却。 『ノリタケの森から広がる上質な潤いのあるまちづくり』というコンセプトの下に、本社工場跡地の再活用が話し合われました。 ノリタケの森は「産業観光・業務地区」、そして2021年秋の開業を予定されたオフィス複合型の商業施設(イオン)は「商業地区」にあたります。 残りの「住宅地区」には、三菱地所レジデンスが総戸数462戸になる4棟のタワーマンションを建設する予定です。 ますます人々の「生活基盤」として、新たなイオンは重宝されそうです。 ランチタイムに商業施設の飲食店で、緑あふれるノリタケの森を眺めながらリフレッシュ。 同僚と森を散歩しながら、おしゃべりするのもいい気分転換になりそう。 会社終わりにはスポーツジムへ。 夕食の買い物もバッチリできる。 休日は友達を誘って一緒にショッピングをしたり、ついでにノリタケの森を観光したり。 aeonmall. noritake. noritake.

次の

ノリタケの森

ノリタケ の 森 イオン

(仮称)ノリタケの森プロジェクト 計画概要 所在地:愛知県名古屋市西区則武新町三丁目 敷地面積:約57,000平方メートル 開店予定日:2021年秋 (仮称)ノリタケの森プロジェクト 地図と交通アクセス 「ノリタケの森」と隣接。 というよりは もともと一体だった土地。 「トヨタ産業技術記念館」 のすぐ近く。 株式会社ノリタケカンパニーリミテド 本社工場跡地の一部。 工場は 2014年に みよし市の 三好事業所へ 移転しています。 最寄駅は 名鉄名古屋本線 栄生駅で 距離約450メートル 徒歩6分くらい。 名古屋市営地下鉄東山線 亀島駅からも 近い感じ。 名古屋駅からでも 「L4」出入口から 距離約850メートル 徒歩11分くらい。 というよりは、、、 名古屋駅 桜通口から 距離約1. 3キロ と言った方が ピンときますかね~ バスならば、、、 名古屋市営バス 「ノリタケの森」 「西藪下町」 「トヨタ産業技術記念館」 バス停留所あたりが 近い感じ。 ノリタケの本社工場跡地 上にも書いた通り 株式会社ノリタケカンパニーリミテドの 本社工場跡地の一部。 ノリタケが 所有していた 固定資産(土地)は 所在地:愛知県名古屋市西区則武新町三丁目102番1 他9筆 資産内容:土地71,328. 82平方メートル この土地を イオンモール株式会社 三菱商事株式会社 三菱地所レジデンス株式会社 3社に譲渡しています。 予定されていた 譲渡価額は 150億円。 物件引渡日は 2018年(平成30年)3月(予定) となっていました。 この土地の中の 「約57,000平方メートル」が 「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」 となるワケですね~ 残る土地は 地上19階 高さ58. 07メートルの 分譲マンション いわゆるタワマンになる予定です。 「(仮称)ノリタケの森プロジェクト」と タワマンの間には けっこう広い公道が新設されます。 商業地区と住宅地区は 歩行者用上空道路で 接続する予定。 (仮称)ノリタケの森プロジェクト こんな商業施設になる予定 テナントの 具体的な内容は 発表されていませんが 「こんな感じ」 という内容が 示されています。 イオンモールが 創出するオフィス。 どんな感じに なるのでしょうかね~ 発表時点では、、、 「大規模なフロア面積や駐車場」 と謳われていますね~ Yさまの所感 大規模開発が ボコボコと 進行中の 名古屋駅周辺。 【参照】Yさまの最注目はコレ• その名古屋駅からは 1キロほど 離れてはいるものの すぐ近所に またまた大規模な オフィス複合型商業施設が 出現するのですね~ これで 2027年に リニア中央新幹線が 開業したら あの辺りは どんな景色に 変わっているのでしょうかね~ そして イオンモールが 送り出す「オフィス」は どうなるのか!? いろいろ気になります~ 新たな情報を入手したら この記事に追記するか 別記事でアップするつもりです~.

次の

イオンモールがノリタケの森に2021年秋開業!どのような商業施設に?

ノリタケ の 森 イオン

西区にはかつて、陶器で有名なノリタケの大きな工場がありました。 その工場は2014年に閉鎖、解体撤去工事が行われて現在は更地になっています。 ご存知の方も多いと思いますが、この跡地にはイオンモールと三菱地所主導で商業施設やマンションを建設する再開発計画があります。 この計画は大幅に遅れていて、いつまで経っても着工される気配はなく、当初計画の完成目標である2016年を過ぎても尚、更地の状態が続いていました。 そして 2019年4月 、数年の沈黙を破って新たに建設するイオンモールの詳細が明らかになりました。 以前の予定の様子と建物のパースなどはこちらから。 現在の様子です。 マンション棟(19階)の予定地にフレコンバッグが多数置かれていました。 まだ工事は始まっていないものの、これから始まるというのが実感できます。 ただ5月に予定されていた着工は7月に延期されたようです。 看板では高さや延床面積も微修正されていました。 一部はコーンで区画されていました。 写真は東方向を向いています。 イオンモールが建設されるのはこのあたりです。 こちらはマンション棟の予定地です。 どんな配置、デザインになるのか、マンションのパースも見てみたいですね。 さて、ここからはイオンモールについて、つい先日発表された出店概要書を見ていきましょう。 引用 まずこちらが敷地全体の平面計画です。 以前公表されていたとおり、中央に道路が建設され、イオンが道路の東側の3分の2くらい、マンションが道路の西側3分の1くらいになります。 イオンは逆L字型で、L字のくぼみ部分に駐車場が建設されます。 郊外店ほど土地がないため平面駐車場は少なめで、全体的にギュッとしています。 モール棟1階の平面図です。 右上にレストラン街、左上にスーパーといった感じでしょうか。 2階、3階も同じような構成ですが、他のモール(ナゴヤドーム、大高、茶屋、モゾなど)と比べて吹き抜けは少なめです。 4階平面図です。 このモールの最大の特徴、オフィスフロアです。 5階、6階もほぼ同じプランで、合計3万平米を供給します。 横長のイオンの上を利用したので当たり前ですが、1フロアあたりの面積がかなり広いです。 既存イオンと の差別化やノリタケの森との調和を目指すことで、上に挙げたような郊外型イオンにはない、魅力的な施設になってほしいと思います。 イオンの着工は2020年1月、開業は2021年秋の予定です。 イオンモールについにオフィスフロアが!という記事に びっくりしました。 現在は広い面積を借りてくれてメイン に次ぐサブテナントとして、モールの集客を引っ張って くれるテナント企業が、ファストファッションを中心に 日本から撤退の嵐です。 イオンモールとしてもいつまで もファッション系テナントに頼ったリーシングは出来ない。 そこで特に女性には人気が出そうなショッピングセンター 併設のオフィスフロアの供給に乗り出したと思いました。 すでに地方のイオンモールはかなり空き区画が出ている ところが多くあるのではないでしょうか。 そういった 場所に子育て支援施設と隣り合ったオフィス区画が生まれ れば、今後は生き残りの大きな力にもなってくると思います。 もう日本では大型の商業施設を設置出来る企業がイオン くらいになってしまいました。 三井不動産や三菱地所も 基本は大都市圏だけです。 いつの間にかナゴヤ圏もイオン の牙城と化してしまったようですね。 私はワンダーシティ くらいしか記憶にありませんでした。 人気記事• 最新コメント• に たぬ より• に ノボール より• に 鷲津砦 より• に 鷲津砦 より• に 鷲津砦 より• に 御免 より• に 中区民 より• に ノボール より• に 鷲津砦 より• に 鷲津砦 より アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 324• 106• 8 タグ.

次の