スーパー ライト ジギング ジグ。 イサキやアジも狙える!?「スーパーライトジギング」に使える新製品をまとめてみた!

日本海SLJ用のジグ・フックセッティングはどうすりゃいい??[若狭湾スーパーライトジギング]

スーパー ライト ジギング ジグ

近年、盛り上がりを見せているスーパーライトジギング。 オフショアの中では軽いタックルを利用するスーパーライトジギングは若者を始めとした若年層から中年層と広い範囲まで高い支持を得ている釣り方です。 スーパーライトジギングの魅力は数多くあるものの、その中の最大の魅力ともいえるのが様々な魚種との出会いです。 使用するのはメタルジグやタングステンジグと呼ばれる小魚の形状をした比重の高い疑似餌を利用し、アクションを駆使しつつ、広い範囲を攻略していきます。 かなり、スポーティーな釣り方である各種ジギングと比べてスーパーライトジギングは軽い疑似餌を利用するので、それほど体力的にも負担が掛かることはありません。 気楽に船上から大物を狙うことを可能とした近代的な釣法と捉えることができるでしょう。 今回、紹介するのは、スーパーライトジギングの魅力や仕掛け、また、スーパーライトジギングで釣ることができる魚達について。 スーパーライトジギングを始めようとお悩みの方は釣れる魚達を知っておき、その釣行を決定してみてはいかがでしょうか。 もくじ• スーパーライトジギングとは? スーパーライトジギングは船上からライトタックルを利用して行うジギングのこと。 メタルジグやタングステンジグを利用して様々な魚種を釣り上げる釣法です。 ライトジギングは100 g ほどのルアーを利用するのに対し、スーパーライトジギングは60 g と軽量のルアーを利用します。 おもりの負荷をクリアした竿であれば陸っぱりから利用される竿でも応用することができます。 例えば、シーバスロッドを始め、ライトショアジギング、ショアジギングロッドでも応用することができるので岸上からの釣りがメインの釣り人でもお持ちのタックルを利用して気軽に始めることができます。 人気上昇中の理由とは? スーパーライトジギングは新しいジャンルの釣り方です。 ライトジギングよりも軽めのタックルを利用してゲーム性を高め、陸っぱりで利用されるタックルでも利用できる応用面に優れています。 また、アングラーの多くがお持ちであろうシーバスロッドやジギングの装備をそのままスーパーライトジギングに応用することができるのも便利。 スーパーライトジギングが人気上昇中の理由は「手軽さ」と「多様性」にあります。 スーパーライトジギングの魅力 スーパーライトジギングの魅力は様々な魚種と出会えること。 また、ルアーの重さの許容範囲をクリアした現状のジギングロッドでも応用することができるので、気軽に始めることができること。 スーパーライトジギングで利用するルアーの重さは20~60 g 程。 重ためのメタルジグやタングステンジグの100 g ほどを利用するライトジギングと比べるとアクションをする上で体力を消費しにくく、軽快に竿を操作することができます。 スーパーライトジギングで釣れる魚達10選 スーパーライトジギングの楽しさともいえるのが様々な魚達との出会い。 それも、船からの釣りとだけあって、大きい魚達を釣り上げることができます。 しかし、大きい魚達といってもパッと浮かびませんよね。 そこで、スーパーライトジギングで釣れる魚達を集めてみました。 多くの魚達がゲストとしてやってきます。 その代表的な魚達に注目します。 イサキ スーパーライトジギングの主旨ともいえる魚。 それが、イサキです。 イサキもメタルジグやタングステンジグなどの疑似餌で釣る時代に。 これまではエサ釣りでの釣果が主だったイサキもスーパーライトジギングが生まれることで一気に急上昇。 スーパーライトジギングでのイサキは外すことのできないメインターゲットとも言えるでしょう。 キジハタ・アコウ スーパーライトジギングは根魚全般を釣ることができる釣法。 限られた料亭にしか出ない高級魚ともいえるキジハタの存在も外すことはできません。 スーパーライトジギングではキジハタクラスの高級魚の釣果が数多く挙げられています。 ヒラメ スーパーライトジギングでは大型のフラットフィッシュも釣ることができます。 海底へとアクセスすることの多いこの釣法ではヒラメやマゴチの釣果も多く寄せられています。 しっかりと海底に着底させて、すくい上げるようにジャークを行ってみましょう。 マダイ スーパーライトジギングでは真鯛の釣果も見逃すことができません。 小型のチャリコサイズから70 cm を超えるサイズと幅広いサイズの真鯛の釣果が寄せられています。 真鯛は釣って楽しい、食べても美味しい魚。 釣れて嫌がる釣り人は、まず、いないでしょう。 カサゴ スーパーライトジギングで頻繁に釣れる魚の第一候補として挙げられるカサゴ。 カサゴは本当によく掛かるお魚です。 良型のカサゴが釣れることも珍しくはありません。 25 cm を超えるカサゴであれば力強い引きを楽しむことができるでしょう。 サゴシ・サワラ スーパーライトジギングでは回遊魚も釣ることができます。 スーパーライトジギングでよく釣果が寄せられているのはサゴシです。 サゴシを超えるサワラの報告もあるのでラインブレイク対策を考慮してワイヤーリーダーも用意しておきましょう。 イナダ・ワラサ・ブリ スーパーライトジギングではよく回遊魚の釣果報告が寄せられています。 イナダ・ワラサ・ブリも、その釣果報告の一端です。 スーパーライトジギングの影の主役ともいわれている、これら三種の存在は大きく、スーパーライトジギングの好敵手としてアングラーから親しまれています。 マルソウダ・ヒラソウダ 別名、ソーダカツオとも呼ばれている二種の存在。 スーパーライトジギングで釣果報告が寄せられています。 スーパーライトジギングはオフショアであるため、ナブラに出会うことも珍しくはありません。 ナブラを狙うと、もれなく一匹付いてくるでしょう。 マアジ スーパーライトジギングでは良型のマアジを狙うことができます。 広い範囲に散らばるアジは少し沖へと向かうだけで型が大きくなります。 マアジは広範囲に分布するだけに釣果報告が数多く寄せられています。 フッコ・セイゴ・スズキ フッコ・セイゴ・スズキ、いわゆるシーバスと呼ばれる、これらの存在もスーパーライトジギングでのターゲットとなります。 小さなシーバスから大きなシーバス、様々なサイズのシーバスの釣果報告が挙げられてます。 普段、河口付近で釣果を上げているアナタ。 少し沖へと出向き、釣り上げたシーバスは白に近い銀色の姿をした白銀の魚。 お家へとお持ち帰り、美味しく頂くこともできます。 アイナメ スーパーライトジギングではアイナメの釣果も数多く寄せられています。 しっかりと疑似餌を海底へと着底させることの多いスーパーライトジギングはアイナメを始めとした根魚がよく掛かります。 アイナメと姿、形のよく似たクジメの釣果も寄せられています。 ホウボウ 美しき胸鰭は虹色の輝き。 そう、海底の宝石とも謳われるホウボウもスーパーライトジギングで釣れる魚の一つ。 ホウボウは上質な白身で江戸時代から食されてきた珍味。 江戸時代には階級の高い方々が好んで召し上がられた程、奥の深い味をしています。 ホウボウは根魚の一種。 スーパーライトジギングのゲストとして時々、姿を見せてくれます。 メバル メバル科に属する魚達はスーパーライトジギングでの釣果報告が数多く寄せられています。 赤メバル、白メバル、タケノコ、クロ、ヨロイメバルやキツネメバルと様々。 クロソイの釣果もあるのでメバル系は全般がターゲットといってもおかしくはないでしょう。 スーパーライトジギング専用のタックルは? スーパーライトジギングは人気上昇中の釣法だけあり、スーパーライトジギング専用のタックルも開発されています。 スーパーライトジギングはシーバスロッドや利用するルアーの重さのキャパシティーを満たしたジギング用ロッドでも応用することができますが、専用のタックルを揃えておけば安心した釣りを楽しむことができるでしょう。 クロステージ MJ.

次の

スーパーライトジギング、イサキの釣り方、ジグアクションは4種類

スーパー ライト ジギング ジグ

また、『ペブルスティック』の『狂鱗』カラーは、魔法のウロコ・『狂鱗』ホログラムを全身に貼った超リアルな仕上げ。 角度によって七変化する妖しい光と、『ペブルスティック』の抑え目な動きの相乗効果で、極めてナチュラルなベイトを再現する。 「『狂鱗』は、ターゲットフィッシュに対して色彩をよりリアルに見せる効果がありますが、たとえばマグロのように、色覚ではなくシルエットやコントラストでベイトを識別する魚に対しても効果が高い。 色の濃淡にウロコの一枚一枚の濃淡が加わるため、今までのホロとは違う効果が期待できます」と山本さん。 『狂鱗』はあらゆるシーンでフィッシュイーターを狂わせる力があるが、そのなかでも特に効果的な出しどころをあえて挙げるとすれば、ジグをよりリアルに見せる必要があるときだ。 山本さんはショートバイトが続発する場面や、潮の効きが悪く喰い渋った状態で起用し、その都度結果を出していた。 速く、広く!スピニングジギングで青物を仕留めろ! 高活性に強い『イージーペブル』 『イージーペブル』は誰でもカンタンに横を向かせられる設計。 山本さんは青物や根魚が速い動きに反応するときに多用する。 パワーギアからスタートしてその日のパターンを探る スピニングタックルによるジギングは、青物狙いのひとつの王道。 バーチカルはもちろん、キャストも交えたスピーディな展開がその持ち味だ。 しかし山本さんのスピニングジャークは必ずしも高速にはこだわらず、ワンピッチジャークを基本に緩急をつけてシャクリの幅やスピードを調整し、その時々の条件にアジャストしていくというもの。 その際、巻きが軽くシャクリに集中できるPG(パワーギア)タイプのリールから入るのがいつもの流れだ。 シャクリ幅の違いでフォールのストロークをコントロールするときも、PGの特性が活きるという。 ジグのセレクトも同様に、基本的にはその日の魚の活性や潮の動き、ターゲットフィッシュの遊泳力で判断する。 『イージーペブル』、『ペブルスティック』、『サーディンウェバー』を例に説明すると、軽い力で大きく飛ぶ『イージーペブル』は、青物や根魚が速い動きに反応するときに使い、それよりもややスローに、動き過ぎを抑えた誘いを行なうときは『ペブルスティック』を選択。 根魚をメインに、ボトムをスローに狙っていくときは『サーディンウェバー』という具合に使い分けている。 「『ペブルスティック』はアングラーの意思でアクションの緩急を自在に調整できるのが魅力。 抑え目な誘いも得意です。 それに対して『イージーペブル』は少ない力で飛ばすことができてフォールアクションもよく、誰が動かしても、とても使いやすい設計です。 ボトムで大きくスライドさせて大型の根魚を狙っていると、ブリやヒラマサが喰ってくることもよくありますよ。 巻いている途中にドカーンと喰ってくるのはスピニングジャークならではの醍醐味ですね」 じっくり誘う『ペブルスティック』 『ペブルスティック』は控えめでナチュラルなアクションが持ち味。 ややスローに、動き過ぎを抑えた誘いに適している。 高負荷にも対応 進化したスピニング 山本啓人さんといえば、ベイトタックルを使ったスロー系のスタイルを連想する人も多いと思うが、その山本さんも、最近のスピニングタックルの進化は凄いと感じているそうだ。 「以前は大きな負荷の掛かる釣ではベイトタックルが断然有利だったんですが、最近のスピニングリールは巻き上げの安定感がどんどん改良されています。 この『NEWステラSW』も、インフィニティドライブ搭載の効果でパワーロスが最小限に抑えられているため、深いところから大型の魚を上げてくるケースでも強い巻き上げ力を実感します。 ハンドルに込めた力が、そのままローターに伝わっているという感じですね。 それと今回多用した8000番は専用のコンパクトローターを採用し、ローターの回転慣性が大幅に低減しているため、より軽く回すことが可能になりました。 操作性に優れていて、スローっぽい使い方、フワフワとゆっくりシャクることも容易。 これは大きな違いですね」。 また、「『オシアジガーコンセプトS』は非常に細く、軽く、強い。 すべてが楽。 応用範囲も広いので、タックルを変えずにいろいろ試すことができます」と山本さん。 それもそのはず、今回多用した『オシアジガーコンセプトS S62-4』と『NEWステラSW8000番』の組み合わせでは、実にセットで約100gもの軽量化。 驚くほどの軽さになっているのだ。 小技を使いやすい軽量スピニングタックルにベイトに迫る巻き上げパワーを装備し、スピニングジャークの可能性はますます広がったといえるだろう。 フォールバイトを自在に演出! ベイトタックルのスロー戦略 『イージーペブル』で誘って『ペブルスティック』で喰わせる ジグの使い分けはスピニングのときと同じく、ターゲットの活性や遊泳力が基準。 『イージーペブル』はフラット面を多く取ることでしっかりとロールしながらの沈下を演出しやすく、足の長いスライドアクションが得意だ。 このため、よりターゲットにアピールする『イージーペブル』と、抑え目なアクションでナチュラルに喰わせる『ペブルスティック』という特性を活かしたコンビネーションも試してみたい。 山本さんは「『イージーペブル』はシャクれば簡単に横を向くため青物でも根魚でも対応できますが、パイロット的な要素も強く、魚が動きたがらないときや、速く動くジグに反応が悪いときはバイトに至らないこともあります。 そこで、活性を探る意味も兼ねて最初に『イージーペブル』を入れ、喰わなければ『ペブルスティック』や『サーディンウェバー』に変えて動きを抑えるといったローテーションも効果がありますよ」とその使い分けを教えてくれた。 ウェイトのバリエーションも、『ペブルスティック』が80gから350gまでなのに対して、イージーペブルは100gから500gまでラインナップ。 カンパチやキンメなど、よりディープに生息する魚にも対応しやすい。 寄せて喰わせる山本流ローテーション• ゆっくりキラキラフォールで寄せる!• リアクションで喰わせる!• さらに喰わせる! ミドルピッチに特化した6フィート10インチ ベイトタックルを用いたスロー系の釣りでは、メタルジグを根や漁礁に対してバーチカルにアプローチし、シャクリとフォールを交えた縦のコンビネーションで誘い、喰わせるのがセオリーだ。 ドテラやキャスティングを併用して横方向に広く探るパターンではスピニングに軍配が上がるが、深いポイントでヘビーなジグを自在に操り、魚にしっかり見せてバイトに持ち込むケースではベイトタックルが断然有利になる。 クラッチのオン・オフがワンタッチで、フォールバイトを演出しやすいことも、ベイトタックルのメリットだ。 基本的にスロー系のジギングは、ジグ1個分を動かしてまた落とすイメージだが、セミロングレングスのロッドでジグをゆっくり、長く動かすことでその幅をジグ2個分、3個分というように変化を付けることができるという。 【スピニング】タックルセレクト 目指したのはストレスフリー。 スピニングジギングのダイナミズムを追究したロッド OCEA JIGGER CONCEPT S S62-4 ストレスフリーのスピニングジギングを実現するため、SLIM、SMOOTH、STRONGという3つの「S」を追究したロッド。 スパイラルXコアや軽量重視のパーツを各部に採用するなど、現行モデルより最大約50g、約25%もの軽量化を果たしたうえで、細身・高反発のブランクスをハイパワーXで補強。 強くブレない体幹が、ダイナミックなスピニングジギングをいっそう加速する。 コスパが光る本格派・世界基準のグローバルロッド GRAPPLER TYPE J S60-4 スタンダードなジギングに向けたタイプJは、3パワーから8パワーまでそれぞれのアイテムにスピニングとベイトをラインナップ。 ブランクスには、この価格では破格のスパイラルX、ハイパワーXを搭載し、ベイトの6~8パワーモデルにはオーシャンガイドとロングフロントグリップを採用するなどハイエンドモデル並みの仕様。 全機種グリップジョイントの2ピースとなっている。 スピニングでは初となるインフィニティドライブを搭載して摺動抵抗を大幅に軽減し、巻き上げ力が格段に向上。 ラインローラーにもXプロテクトを採用したことで、防水性能の面でもタフネスを揺るぎないものにしている。 また、操作面においては自重の軽量化、ローターの低慣性化(8000番)などを通じてこれまで以上に軽く滑らかな回転性能を実現。 さらに10000番以上のモデルには新開発のヒートシンクドラグを搭載し、大型魚の走りによる糸巻部の温度上昇とドラグ性能の低下を抑制している。 5パワーモデルは従来の2パワーと3パワーの間を埋めるど真ん中の設定。 近海、青物からライトな中深海までをカバーするバーサタイルの新機軸だ。 また、6パワーはシリーズ最強ロッドとして最大500mの深海も視野に入れたモデル。 500gのジグをもコントロールするパワーが魅力だ。 スパイラルX搭載!上位機種に匹敵する本格仕様のスロー系専用ロッド GRAPPLER TYPE SLOW J B68-3 スロー系ジギングの専用ロッドとしてコストパフォーマンスを追究したタイプスローJは、スパイラルX、ハイパワーXを搭載するなど上位機種に引けを取らないハイパフォーマンスロッド。 レングスは6フィート8インチに統一し、1パワー(JIG MAX160g)から5パワー(同400g)まで5アイテムを展開。 山本啓人氏の自作アシストフックを忠実に製品化してアソートに! 手軽さと多彩さが魅力! スーパーライトジギング — スーパーライトジギングは近年人気急上昇中のゲーム。 イサキをはじめ、これまでジギングの対象魚にはならなかった魚から根魚や青物、真鯛など多彩なターゲットを狙っていく釣りである。 タックルは『オシアジガーLJ』に新たに加わったフルソリッドの0番パワーや『グラップラーLJ』0番パワーなどの専用タックルと、『TGガトリング』、『ソアレメタルショットTG』、などのスモールジグの組み合わせで狙う。 「釣り方の基本はワンピッチを基本にフォールを入れたり、スイミングジャークのようにフワフワ誘ったり。 フォールレバーを活用するとなおいいですね。 カウンターとフォールレバーでヒットレンジやジグのスピードを正確に把握。 この再現性が大きな武器になります」と山本さん。 ベイトとスピニングの使い分けについては、「広い砂地や天然の瀬を広く探るときはスピニングをチョイスし、キャスティングも併用して斜めに探ってくるイメージ。 ベイトタックルは漁礁などを真上からダイレクトに撃つときに使うことが多いですね」とのことだ。 — PEラインは0. 6号~1. 「1号以上というと太いと感じるかもしれませんが、この釣りは手軽な割に大型魚が喰ってくることも多いので、ラインはあまり細くしないほうがいい。 僕はPE1号にフロロ4号の組み合わせでやることが多いですね」と山本さん。 ジグは『ソアレTGエース』、『TGガトリング』、『ソアレメタルショットTG』の3種類をその日のターゲットの活性や潮の流れで選んでいるという。 「フォールが効く日はシルエットの小さい『TGエース』、スイミングが効くときはボリュームがあり、アピールも強い『TGガトリング』、ワンピッチに反応が良いときは『メタルショットTG』」というのが基本になるそうだ。 【スーパーライトジギング】おすすめジグ• タングステンコンポジット構造と多面体の形状が相まって、キレの良いアクションと広範囲のフラッシングを演出。 コンパクトボディでよく泳ぎ、捕食のスイッチを入れるタングステンジグ。 ジャークはもちろん、左右非対称の複雑な形状でフォールバイトも演出しやすい。 ショア、オフショアを問わずに使えるタングステンジグ。 やや前方寄りのセンターバランスでジャーク後のドリフトを自然発生。 ワンピッチジャークにも対応。 【スーパーライトジギング】対応ロッド 『オシアジガーLJ』と『グラップラー タイプLJ』に登場したスーパーライトジギング対応モデル 『オシアジガーLJ」と『グラップラータイプLJ』に、0番パワーのアイテムをラインナップ。 細く、粘り強く、ガンガン曲げ込んでも芯のある強さが自慢だ。 どちらもスピニング、ベイトに各1アイテムを展開。

次の

SLJ・スーパーライトジギングの基本と魅力

スーパー ライト ジギング ジグ

また、『ペブルスティック』の『狂鱗』カラーは、魔法のウロコ・『狂鱗』ホログラムを全身に貼った超リアルな仕上げ。 角度によって七変化する妖しい光と、『ペブルスティック』の抑え目な動きの相乗効果で、極めてナチュラルなベイトを再現する。 「『狂鱗』は、ターゲットフィッシュに対して色彩をよりリアルに見せる効果がありますが、たとえばマグロのように、色覚ではなくシルエットやコントラストでベイトを識別する魚に対しても効果が高い。 色の濃淡にウロコの一枚一枚の濃淡が加わるため、今までのホロとは違う効果が期待できます」と山本さん。 『狂鱗』はあらゆるシーンでフィッシュイーターを狂わせる力があるが、そのなかでも特に効果的な出しどころをあえて挙げるとすれば、ジグをよりリアルに見せる必要があるときだ。 山本さんはショートバイトが続発する場面や、潮の効きが悪く喰い渋った状態で起用し、その都度結果を出していた。 速く、広く!スピニングジギングで青物を仕留めろ! 高活性に強い『イージーペブル』 『イージーペブル』は誰でもカンタンに横を向かせられる設計。 山本さんは青物や根魚が速い動きに反応するときに多用する。 パワーギアからスタートしてその日のパターンを探る スピニングタックルによるジギングは、青物狙いのひとつの王道。 バーチカルはもちろん、キャストも交えたスピーディな展開がその持ち味だ。 しかし山本さんのスピニングジャークは必ずしも高速にはこだわらず、ワンピッチジャークを基本に緩急をつけてシャクリの幅やスピードを調整し、その時々の条件にアジャストしていくというもの。 その際、巻きが軽くシャクリに集中できるPG(パワーギア)タイプのリールから入るのがいつもの流れだ。 シャクリ幅の違いでフォールのストロークをコントロールするときも、PGの特性が活きるという。 ジグのセレクトも同様に、基本的にはその日の魚の活性や潮の動き、ターゲットフィッシュの遊泳力で判断する。 『イージーペブル』、『ペブルスティック』、『サーディンウェバー』を例に説明すると、軽い力で大きく飛ぶ『イージーペブル』は、青物や根魚が速い動きに反応するときに使い、それよりもややスローに、動き過ぎを抑えた誘いを行なうときは『ペブルスティック』を選択。 根魚をメインに、ボトムをスローに狙っていくときは『サーディンウェバー』という具合に使い分けている。 「『ペブルスティック』はアングラーの意思でアクションの緩急を自在に調整できるのが魅力。 抑え目な誘いも得意です。 それに対して『イージーペブル』は少ない力で飛ばすことができてフォールアクションもよく、誰が動かしても、とても使いやすい設計です。 ボトムで大きくスライドさせて大型の根魚を狙っていると、ブリやヒラマサが喰ってくることもよくありますよ。 巻いている途中にドカーンと喰ってくるのはスピニングジャークならではの醍醐味ですね」 じっくり誘う『ペブルスティック』 『ペブルスティック』は控えめでナチュラルなアクションが持ち味。 ややスローに、動き過ぎを抑えた誘いに適している。 高負荷にも対応 進化したスピニング 山本啓人さんといえば、ベイトタックルを使ったスロー系のスタイルを連想する人も多いと思うが、その山本さんも、最近のスピニングタックルの進化は凄いと感じているそうだ。 「以前は大きな負荷の掛かる釣ではベイトタックルが断然有利だったんですが、最近のスピニングリールは巻き上げの安定感がどんどん改良されています。 この『NEWステラSW』も、インフィニティドライブ搭載の効果でパワーロスが最小限に抑えられているため、深いところから大型の魚を上げてくるケースでも強い巻き上げ力を実感します。 ハンドルに込めた力が、そのままローターに伝わっているという感じですね。 それと今回多用した8000番は専用のコンパクトローターを採用し、ローターの回転慣性が大幅に低減しているため、より軽く回すことが可能になりました。 操作性に優れていて、スローっぽい使い方、フワフワとゆっくりシャクることも容易。 これは大きな違いですね」。 また、「『オシアジガーコンセプトS』は非常に細く、軽く、強い。 すべてが楽。 応用範囲も広いので、タックルを変えずにいろいろ試すことができます」と山本さん。 それもそのはず、今回多用した『オシアジガーコンセプトS S62-4』と『NEWステラSW8000番』の組み合わせでは、実にセットで約100gもの軽量化。 驚くほどの軽さになっているのだ。 小技を使いやすい軽量スピニングタックルにベイトに迫る巻き上げパワーを装備し、スピニングジャークの可能性はますます広がったといえるだろう。 フォールバイトを自在に演出! ベイトタックルのスロー戦略 『イージーペブル』で誘って『ペブルスティック』で喰わせる ジグの使い分けはスピニングのときと同じく、ターゲットの活性や遊泳力が基準。 『イージーペブル』はフラット面を多く取ることでしっかりとロールしながらの沈下を演出しやすく、足の長いスライドアクションが得意だ。 このため、よりターゲットにアピールする『イージーペブル』と、抑え目なアクションでナチュラルに喰わせる『ペブルスティック』という特性を活かしたコンビネーションも試してみたい。 山本さんは「『イージーペブル』はシャクれば簡単に横を向くため青物でも根魚でも対応できますが、パイロット的な要素も強く、魚が動きたがらないときや、速く動くジグに反応が悪いときはバイトに至らないこともあります。 そこで、活性を探る意味も兼ねて最初に『イージーペブル』を入れ、喰わなければ『ペブルスティック』や『サーディンウェバー』に変えて動きを抑えるといったローテーションも効果がありますよ」とその使い分けを教えてくれた。 ウェイトのバリエーションも、『ペブルスティック』が80gから350gまでなのに対して、イージーペブルは100gから500gまでラインナップ。 カンパチやキンメなど、よりディープに生息する魚にも対応しやすい。 寄せて喰わせる山本流ローテーション• ゆっくりキラキラフォールで寄せる!• リアクションで喰わせる!• さらに喰わせる! ミドルピッチに特化した6フィート10インチ ベイトタックルを用いたスロー系の釣りでは、メタルジグを根や漁礁に対してバーチカルにアプローチし、シャクリとフォールを交えた縦のコンビネーションで誘い、喰わせるのがセオリーだ。 ドテラやキャスティングを併用して横方向に広く探るパターンではスピニングに軍配が上がるが、深いポイントでヘビーなジグを自在に操り、魚にしっかり見せてバイトに持ち込むケースではベイトタックルが断然有利になる。 クラッチのオン・オフがワンタッチで、フォールバイトを演出しやすいことも、ベイトタックルのメリットだ。 基本的にスロー系のジギングは、ジグ1個分を動かしてまた落とすイメージだが、セミロングレングスのロッドでジグをゆっくり、長く動かすことでその幅をジグ2個分、3個分というように変化を付けることができるという。 【スピニング】タックルセレクト 目指したのはストレスフリー。 スピニングジギングのダイナミズムを追究したロッド OCEA JIGGER CONCEPT S S62-4 ストレスフリーのスピニングジギングを実現するため、SLIM、SMOOTH、STRONGという3つの「S」を追究したロッド。 スパイラルXコアや軽量重視のパーツを各部に採用するなど、現行モデルより最大約50g、約25%もの軽量化を果たしたうえで、細身・高反発のブランクスをハイパワーXで補強。 強くブレない体幹が、ダイナミックなスピニングジギングをいっそう加速する。 コスパが光る本格派・世界基準のグローバルロッド GRAPPLER TYPE J S60-4 スタンダードなジギングに向けたタイプJは、3パワーから8パワーまでそれぞれのアイテムにスピニングとベイトをラインナップ。 ブランクスには、この価格では破格のスパイラルX、ハイパワーXを搭載し、ベイトの6~8パワーモデルにはオーシャンガイドとロングフロントグリップを採用するなどハイエンドモデル並みの仕様。 全機種グリップジョイントの2ピースとなっている。 スピニングでは初となるインフィニティドライブを搭載して摺動抵抗を大幅に軽減し、巻き上げ力が格段に向上。 ラインローラーにもXプロテクトを採用したことで、防水性能の面でもタフネスを揺るぎないものにしている。 また、操作面においては自重の軽量化、ローターの低慣性化(8000番)などを通じてこれまで以上に軽く滑らかな回転性能を実現。 さらに10000番以上のモデルには新開発のヒートシンクドラグを搭載し、大型魚の走りによる糸巻部の温度上昇とドラグ性能の低下を抑制している。 5パワーモデルは従来の2パワーと3パワーの間を埋めるど真ん中の設定。 近海、青物からライトな中深海までをカバーするバーサタイルの新機軸だ。 また、6パワーはシリーズ最強ロッドとして最大500mの深海も視野に入れたモデル。 500gのジグをもコントロールするパワーが魅力だ。 スパイラルX搭載!上位機種に匹敵する本格仕様のスロー系専用ロッド GRAPPLER TYPE SLOW J B68-3 スロー系ジギングの専用ロッドとしてコストパフォーマンスを追究したタイプスローJは、スパイラルX、ハイパワーXを搭載するなど上位機種に引けを取らないハイパフォーマンスロッド。 レングスは6フィート8インチに統一し、1パワー(JIG MAX160g)から5パワー(同400g)まで5アイテムを展開。 山本啓人氏の自作アシストフックを忠実に製品化してアソートに! 手軽さと多彩さが魅力! スーパーライトジギング — スーパーライトジギングは近年人気急上昇中のゲーム。 イサキをはじめ、これまでジギングの対象魚にはならなかった魚から根魚や青物、真鯛など多彩なターゲットを狙っていく釣りである。 タックルは『オシアジガーLJ』に新たに加わったフルソリッドの0番パワーや『グラップラーLJ』0番パワーなどの専用タックルと、『TGガトリング』、『ソアレメタルショットTG』、などのスモールジグの組み合わせで狙う。 「釣り方の基本はワンピッチを基本にフォールを入れたり、スイミングジャークのようにフワフワ誘ったり。 フォールレバーを活用するとなおいいですね。 カウンターとフォールレバーでヒットレンジやジグのスピードを正確に把握。 この再現性が大きな武器になります」と山本さん。 ベイトとスピニングの使い分けについては、「広い砂地や天然の瀬を広く探るときはスピニングをチョイスし、キャスティングも併用して斜めに探ってくるイメージ。 ベイトタックルは漁礁などを真上からダイレクトに撃つときに使うことが多いですね」とのことだ。 — PEラインは0. 6号~1. 「1号以上というと太いと感じるかもしれませんが、この釣りは手軽な割に大型魚が喰ってくることも多いので、ラインはあまり細くしないほうがいい。 僕はPE1号にフロロ4号の組み合わせでやることが多いですね」と山本さん。 ジグは『ソアレTGエース』、『TGガトリング』、『ソアレメタルショットTG』の3種類をその日のターゲットの活性や潮の流れで選んでいるという。 「フォールが効く日はシルエットの小さい『TGエース』、スイミングが効くときはボリュームがあり、アピールも強い『TGガトリング』、ワンピッチに反応が良いときは『メタルショットTG』」というのが基本になるそうだ。 【スーパーライトジギング】おすすめジグ• タングステンコンポジット構造と多面体の形状が相まって、キレの良いアクションと広範囲のフラッシングを演出。 コンパクトボディでよく泳ぎ、捕食のスイッチを入れるタングステンジグ。 ジャークはもちろん、左右非対称の複雑な形状でフォールバイトも演出しやすい。 ショア、オフショアを問わずに使えるタングステンジグ。 やや前方寄りのセンターバランスでジャーク後のドリフトを自然発生。 ワンピッチジャークにも対応。 【スーパーライトジギング】対応ロッド 『オシアジガーLJ』と『グラップラー タイプLJ』に登場したスーパーライトジギング対応モデル 『オシアジガーLJ」と『グラップラータイプLJ』に、0番パワーのアイテムをラインナップ。 細く、粘り強く、ガンガン曲げ込んでも芯のある強さが自慢だ。 どちらもスピニング、ベイトに各1アイテムを展開。

次の