手指消毒液 使用期限。 手指消毒用ケア・コール

消毒用エタノールの経年劣化

手指消毒液 使用期限

各社の消毒用アルコール(エタノール)の 使用期限を調査• 未開封で使用期限切れでも使える? 開封後はどれくらい使えるの?• 消毒用アルコールの正しい 保存方法• 使用期限切れ消毒液の 活用方法• 消毒液を 処分するときの注意点を紹介 我が家には ハンドジェルタイプ・スプレータイプなど数種類の商品を常備しており、中には 数年前に開封して放置していたのもいくつかあります。 開封後でかなり前から放置している消毒液を皮膚につけるのは抵抗があるのですが、 お掃除などに活用してもいいのでしょうか? 捨てるとしたらそのまま捨てるわけにはいきませんよね。 意外とわからないことが多い 消毒用アルコールの取り扱いが、丸ごとわかるように徹底調査してご紹介していきます。 ぜひ最後までチェックしてみて下さい! 目次• 消毒用アルコールやエタノール含有消毒液の使用期限はどのくらい? さまざまな 市販の消毒用アルコールがありますよね。 まずは、どの消毒用アルコールにも 使用期限があるのかを調査してみました。 主に 医療用で販売されている商品、 家庭向けに販売されている商品に分けてご紹介します。 *ちなみに、 エタノールはアルコールの一種です。 「エタノール」は国際化学命名法の呼び名になります。 他にもアルコールの慣用名が「 エチルアルコール」、日本名が「 酒精」となります。 名前がよく似ている「メタノール(メチルアルコール)」もアルコールの一種ですが、 消毒用には使えないので十分注意してください!• ケア・コール(ニイタカ):使用期限設定なし ニイタカの公式情報によると、「 保存環境で製品の状態が左右されるので使用期限を設定していないが、未開封・開封後どちらも 3年以内に使い切るよう推奨」とのことでした。 お取り寄せをしたい方は、をチェックしてみて下さい。 主に家庭向けに販売されている消毒用アルコール 家庭向けの消毒用アルコールは、スプレータイプ・ジェルタイプなど、 1回分が出てきて出し戻しの心配が無いように工夫されています。 消毒液を持ち歩くとこぼれるのが心配という方は、 ウェットティッシュタイプも便利ですね。 ビオレU手指の消毒液 (花王):使用期限情報なし こちらの商品表示に使用期限が書いてないので、花王に直接質問してみました。 未開封で高温多湿・著しい温度変化・直射日光を避けて保存すると 3年は品質を保てるとのことでした。 お取り寄せをしたい方は、をチェックしてみて下さい。 キレイキレイ薬用ハンドジェル(ライオン):使用期限情報なし 使用期限情報がなかったので、ライオンに直接質問してみました。 未開封であれば 3年は効果・安全性・使用感に問題が出ないように設計しているとのことでした。 お取り寄せをしたい方は、をチェックしてみて下さい。 手ピカジェル(健栄製薬):未開封&冷暗所保管で 2年〜3年 手元にあった手ピカジェルには使用期限が表示されており、購入時点から2年以上は余裕がありました。 番外編:そのままでは手指消毒には使えない消毒液 ここまで手指に使える消毒液をご紹介してきましたが、そのままでは 皮膚には使えないものもあります。 購入前に注意書きをよく読み、 用途に合わせて商品を選んで下さいね。 掃除などによく使われる無水エタノールはドラッグストアなどで消毒用エタノールと並んで販売されていることもあります。 無水エタノールは濃度が濃いためすぐに蒸発して消毒には不向きですが、 精製水で薄めると消毒用に使えます。 無水エタノール(健栄製薬):使用期限 3年 使用期限切れのアルコールは使えるの?開封後の消費期限の目安も調査 使用期限切れの消毒用アルコールは皮膚に使って大丈夫なのでしょうか? 未開封で期限切れの場合に使えるのか、 開封後はどれくらいの期間使えるのかを調査しました。 手指用の消毒用アルコールが期限切れ!使って大丈夫? 未開封のまま使用期限が過ぎた手指用の消毒液については、手ピカジェルなど数種類の商品には「 使用期限切れのものは使用しないで下さい」と記載されていました。 「使用期限」や「使用期限切れ後の取り扱い」が記載されていない商品については、 一般的な商品の使用期限にならって使うのがおすすめです。 医療用商品を調査してわかった一般的な使用期限の 「3年」を目安に、使い切るようにする• 使用期限切れ後は使わない 開封後の消毒用アルコールはいつまで使える? 開封後の手指用消毒用液の取り扱いについては、のホームページにわかりやすい情報がありました。 開封後にカビなどの菌が入り込まない限りは、 開封後も使用期限まで使える• 手指用消毒液は揮発(空気に触れて蒸発すること)しにくい。 数年間は効果が薄れることはない 今回、消毒用アルコール(エタノールの)使用期限を調べた範囲では、ジェルタイプ、液体タイプなど消毒液の形状に関わらず、 開封後の消費期限(使い切ったほうがいい期限)が設定されていないのが一般的でした。 健栄製薬によると、消費期限が設定されている商品があったら「消毒用アルコール(エタノール)の 流通が悪くなるのを防ぐための設定」とのことでした。 また今回は 花王と ライオンに、使用期限と合わせて 開封後の取り扱いも直接質問したので、回答をご紹介します。 開封後は未開封よりも効果が薄れることがありますか? 花王の回答:開封後の 保存環境によっては、品質が劣化することがあります。 ライオンの回答:キレイキレイ薬用ハンドジェルのポンプには、開閉弁が内蔵されています。 開封後すぐに成分が揮発することは、ほとんどありません。 開封後はどれくらいの期間で使い切るといいのでしょうか? 花王の回答:なるべく早く使い切るのがおすすめです。 保存環境の影響で少しでも 品質に異変を感じたら、使わないで下さい。 ライオンの回答:保存環境などで商品の状態が変化するので、開封後は なるべく早く使い切るようおすすめします。 開封後に使用期限切れになった場合については明確な情報がありませんでしたが、未開封の場合にならって 使わないようにしましょう! 開封後で使用期限切れの消毒液を使ってしまった場合は、 念のため洗い流すようおすすめします。 ただし 医療用のように数リットル単位で購入し、容器に詰め替えながら使用する場合には、 雑菌がついたゴミなどが消毒液に入り込む可能性があります。 消毒液の表面にゴミが浮いた状態になるとカビが生え、 使用期限内でも使えなくなる危険性があるのでご注意下さい。 次に消毒用アルコールの正しい保存方法も、ご一緒に確認していきたいと思います! 消毒用アルコールの正しい保存方法は?容器や温度など長持ちさせるコツ 消毒用アルコールは、保存方法によっては 効果が薄れる可能性が低い商品です。 でも先程ご紹介した 花王やライオンに質問した際の回答からは、保存方法を間違えると「 成分の揮発」など問題が起きる可能性も考えられますよね。 そこで各商品に書かれていた 保存方法をまとめると、【消毒用アルコール全体に共通の保存方法】と、【商品によって注意が必要な保存方法】に分かれていました。 それぞれご紹介します。 消毒用アルコール全体に共通の保存方法• 直射日光を避ける• 火のある場所を避ける(アルコールが乾かないうちに火の近くに行くと、引火する危険性もアリ)• 高温多湿を避ける 高温ってどれくらいの温度?と疑問ですよね。 医薬品の品質を守るなどの目的で定められている「 日本薬局方」では、温度帯ごとに呼び名があります。 商品によって注意が必要な保存方法 医療用の消毒用アルコールを購入すると、「 詰替えを前提に大容量で販売」、「 1回分ずつ出せない容器で販売」などの場合があります。 そんなときは用途に応じて容器を選ぶことと思いますが、下記を覚えておいて頂けると幸いです。 保存容器は密閉性が高くて空気が入りにくい 瓶がおすすめ• 出しすぎ・出し戻しを防ぐために、 瓶のスプレーボトルが便利• 持ち歩く際は 液漏れに注意 下記のような、 アルコール対応の瓶なら安心です。 遮光なので、直射日光の影響を最小限にできます! 使用期限切れのアルコール消毒液の活用法や処分するときの注意点 先程ご紹介したとおり、消毒用アルコールは 引火する危険性もあります。 別の用途に活用するにしても、処分するにしても、 安全面に気をつけたいですよね! 使えなくなった消毒用アルコールについて、ご紹介していきます。 使用期限切れの消毒用アルコールを安全に活用する方法 「消毒用アルコール(エタノール)が 経年劣化や酸化で白く変色した」など、使用期限切れになって困っているという口コミを、多数発見しました。 実際の活用術をご紹介します。 水回りの掃除(トイレやお風呂など)• 電化製品の掃除(リモコンやパソコンなど)• 家の掃除(窓や玄関など)• シールはがし 兼一製薬から発売されている「消毒用エタノールMIX」は、 お風呂のカビ取りにも使えるというもありました。 「消毒用アルコール」の 商品説明を読むと、「火気に注意」の他にもいくつか 注意点があります。 お掃除に活用する際には、必ず注意点を確認なさって下さい!• 目に入った場合は、すぐに水ですすぐ。 ひどい場合は眼科を受診する• 揮発する際の 蒸気を大量に吸い込まないように注意する• ゴム製品・樹脂製品・塗装面などは変質する可能性がある など• 手指消毒用アルコールの使用期限は 3年が一般的• 無水エタノールは 精製水で薄めると皮膚消毒にも使える• 使用期限切れの消毒用アルコールは使わない方がよい• 消毒用アルコールは 開封後も劣化しくい• 保存環境が悪いと劣化する可能性がある。 劣化に気づいたら使うのをやめる• 他の容器に移す場合は 瓶がおすすめ• 使用期限切れなら 掃除に活用できるが、商品の「使用上の注意」 を確認!• 消毒用アルコールは基本的に 水と一緒に廃棄する 買ってすぐに使う場合には使用方法などを特に意識しない 消毒用アルコールですが、今回は 使用期限切れのものがあったことで、さまざまな情報を確認できました。 使用期限が過ぎたら使わないと覚えておいて頂き、掃除に活用する際は火に注意、目に入らないように注意など 健康を害することが無いようにして下さいね。 使用期限内で問題なく使える場合でも、劣化を防ぐための 保存方法を再確認して頂けると幸いです。 災害や感染症がなければ気にして使うことが少ない消毒液ですが、いざというときには 衛生や健康を守ってくれる強い味方になります。 今回ご紹介した情報を参考に、安全に使っていきましょう!.

次の

ビオレuの手指消毒液スプレーのアルコール度は低濃度はなぜ?使用期限はいつなのか調査!

手指消毒液 使用期限

手指消毒剤選択のポイント 医薬品の選択 医薬品として認可されている手指消毒剤を使用することで、万が一副作用による健康被害が生じた際にも、医薬品副作用被害救済制度が適用されます。 又、医薬品は添付文書の記載内容や医薬情報が整備されており、情報開示を求められる事態にも安心です。 厳格な要求水準を満たす商品の選択 米国FDA(米国食品医薬品局)がTFM規格を制定しているように、海外では医療機関で使用する手指消毒剤に対して、厳格な承認基準が定められています。 現在日本では明確な基準がなく各メーカーに委ねられていますが、より徹底した感染予防のためには、より厳格な基準を満たす資材を選択することが重要です。 参考サイト: 手荒れに配慮した高品質商品 手洗いや手指消毒の徹底により、医療従事者の手荒れが問題となる場合があります。 遵守向上の観点から、保湿剤の添加など、より手指に配慮した資材を選択することが望まれます。 備蓄を考慮した管理しやすい商品 化学物質排出把握管理促進法(化管法)におけるPRTR制度に対応している資材を選択するなど、より管理しやすいものを選択することが望まれます。 有害性のある多種多様な化学物質が、どのような発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握し、集計し、公表する仕組み 2. 使用期限 手指消毒を徹底している医療現場では、使用期限が来る前に消毒剤は使い切られていることが一般的です。 しかし設置場所によっては消耗速度が違うため、担当スタッフが消毒剤管理の必要性を認識し、使用期限の確認を心がけておく必要があります。 一般的に医薬品は、未開封の場合の使用期限(メーカー保証)は製造後3年間 開封後は、なるべく早く使用 開封後は保管条件、使用環境など様々な影響を受けるため、一般的にメーカー保証はされていません。 メーカーによっては、使用条件を想定した試験等で目安を設けていることもありますが、使用者の責任で保管し、なるべく早く使い切ることが望まれます。 ポイント 継ぎ足しは避ける 速乾性手指消毒剤を長期間にわたって同じ容器に継ぎ足して使用すると、不衛生になる可能性があるため、継ぎ足しは望ましくありません。 適切な手指消毒・手洗いの徹底 環境感染学会で発表された論文で、約8割の医療従事者が十分な手洗い、手指消毒ができていないという報告があります。 (出典1) また、爪は全体の85. 7%、手の甲では95. 5%に洗い残しが見られるなど、意識が行き届きにくい部位があることも報告されています。 (出典2) 適切な手洗いや手指消毒の方法を伝えるポスターを掲示するなど、万全な院内感染予防体制の構築に向けて来院者、職員への啓発が重要です。

次の

手指消毒剤:対策/対応確認ポイント:医療従事者・公的機関の皆様向けトップ:ジャパンメディカルパートナーズ:病院、診療所における新型インフルエンザ対策

手指消毒液 使用期限

薬だけでなく手指消毒剤にも使用期限があるため、点検の必要があります。 一般的に未開封であれば製造後3年、開封後は半年から1年を目途になるべく早く使い切ることが望ましいとされています。 詳しい使用期限は購入されている手指消毒剤の製造元へお問い合わせください。 実際にさまざまな企業の職場巡視へ同行させていただくと、救急箱の点検はきちんとできているのに、手指消毒剤は長期間置きっぱなしにされていて使用期限が切れていたということが少なくありません。 使用期限が切れた手指消毒剤を使うと…… 使用期限の切れた手指消毒剤を使うとどうなるのでしょうか? ・ 有効な成分の濃度が下がる 使用期限を過ぎると、手指消毒剤に含まれる有効成分の濃度が低下します。 その結果、正しく使用しても充分な手指消毒効果を得ることができず、感染症対策に役立たない可能性があります。 ・ 汚染の危険性がある 長期間の使用によって、空気中のチリやホコリ・微生物などが混入し、手指消毒剤では不活化できない耐久性の高い芽胞による汚染を受ける可能性があります。 汚染された手指消毒剤を使うことは、かえって危険です。 汚染を防ぐために、交換の際は同じ容器への継ぎ足しを避け、容器ごと新しいものと交換していただくことが望ましいです。 どのように点検したらよい? まず確認しなければいけないのが、製造元で定められている使用期限です。 容器に記載されているものが多いので、きちんと確認するようにしてください。 また、開封後の使用期限を守るために、開封日を把握しておく必要があります。 開封時には容器のわかりやすい箇所に年月日を書き込んでおくとよいでしょう。 使用期限を過ぎたものはもちろん、開封後半年から1年を過ぎたものは破棄し、新しいものと交換することが望ましいです。 さらに、手指消毒剤の中に異物が混入していないか、容器の注ぎ口付近に汚れはないか、定期的に確認し、異変があれば新しいものと交換することをおすすめします。 また点検も大切ですが、従業員が少ないわけでもないのに長期間手指消毒剤がなくならないというオフィスでは、適切に使用できていない可能性があります。 設置していても誰も使っていなければ、当然ですが感染症対策の効果はありません。 設置場所は適切か、従業員への手指消毒のタイミング、方法などの指導はきちんとできているか、見直す必要があるでしょう。 感染症対策についてお困りの際は、お気軽にご相談ください! 大学を卒業後、保健師として活動するほか、健康経営エキスパートアドバイザーとしてさまざまな企業様の健康経営を支援してきました。 現在はセミナーのご依頼が最も多く、得意とする女性の健康増進と活躍推進をはじめ、多くのテーマでお話をしております。 「従業員に長く健康に働き続けてほしい」「健康経営に取り組みたい」「健康経営優良法人の認定を目指したい」などお悩みがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。 どのようなご状況の企業様にも親身に寄り添って、今すぐできることからご提案し、一緒に取り組んでいくことをお約束いたします。 【保有資格】保健師、健康経営エキスパートアドバイザー、看護師、第一種衛生管理者、人間ドック健診情報管理指導士.

次の