好き な スポーツ 選手。 世界が認める日本のスポーツ選手No.1といえば?外国人に聞いてみた!

小中学生が好きなスポーツ選手、2年連続の1位は?

好き な スポーツ 選手

平昌冬季五輪が大いに盛り上がりを見せた今年。 スポーツ界では2020年の東京五輪に向けて、次世代のアスリートたちが鍛錬に励んでいる。 そこでORICON NEWSでは、今年で11回目を数える現役アスリートを対象とした、『好きなスポーツ選手ランキング2018』を男女別で発表。 その結果、「男性部門」1位にはメジャーリーグで活躍するプロ野球の【】選手が初の首位に。 「女性部門」ではテニスの【】選手が同じく初の首位を戴冠した。 日本人初のグランドスラムシングル優勝で話題をさらった大坂なおみが首位に 女性部門で初の1位に輝いた【】選手は、日本人初のグランドスラムシングルス優勝を達成して、大いに話題をさらった。 優勝でWTAランキングも7位に上昇し、トップ10入り。 続く東レパン・パシフィック・オープンはカロリナ・プリスコバに敗れたが準優勝するなど、今後の飛躍も大いに期待されている。 前人未到の記録を打ち立てたことに「今までの日本人女子プロテニスプレイヤーにはない力強さを感じるから」(愛知県/30代・男性)、「ウィンブルドンでも優勝できるようなプレイヤーになってほしい」(和歌山県/40代・女性)など絶賛されて、世代別でも全世代で1位となった。 アグレッシブなパフォーマンスだけでなく、インタビューでのチャーミングなコメントも人気で、「可愛いし、プレーとトークのギャップが素敵」(千葉県/40代・女性)、「すごいパワフルなプレーとチャーミングなおしゃべりで親しみがわく」(長野県/50代・女性)と注目の的となっている。 20歳で偉業を実現した大坂選手に「プレッシャーがかかる場面でも、しっかりと自分をコントロールできているからです。 緊張するとミスしがちな私にとって、本当に尊敬する人です」(石川県/20代・女性)と同世代からの支持が特に高く、彼女をロールモデルとする女性が増加傾向にあるようだ。 初首位となった大谷翔平選手 男性部門で初の首位に輝いたのは、今年メジャーリーグに挑戦した【】選手。 投手としては10試合の登板にとどまったが、打者として104試合に出場して打率. 285をマーク。 キャリア最多となる22本塁打を放ち、61打点を記録した。 世界で通用することを実証した姿に「NPB、メジャーで二刀流を実現し、投手としては手術が必要となった今もその二刀流に助けられ打者として成績を残せている点」(神奈川県/40代・女性)、「二刀流としてメジャーでも十分に通用しているので、2年目以降の活躍もより楽しみにしています」(富山県/20代・男性)と老若男女が、その二刀流ぶりを絶賛。 10月1日、午前中にロサンゼルス市内の病院でひじの靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を行い無事に成功させた大谷選手。 「残念ながら肘の手術で来季は二刀流が見れないが、完治したらまた二刀流を期待したくなる存在」(埼玉県/40代・男性)と完治を心から願う意見も散見された。 多くのファンを虜にするフィギュアスケートの羽生結弦選手 男性部門そのほかの結果を振り返っていこう。 世界最高峰のスケーティング技術はもちろん、記者会見のイスまで片付ける謙虚な姿勢など、人格的な部分でも高く支持されている。 平昌五輪ではソチ五輪に続き2大会連続で金メダルを獲得して、66年ぶりの五輪連覇を記録。 6月1日には国民栄誉賞の授与が発表。 23歳での受賞は個人最年少となったが、「ここまで切り開いてくださった方々がたくさんいる中で、代表として僕が頂いた」と先達への感謝を語った羽生選手。 常にチャレンジを忘れず、求道的なまでにスケートを追求する姿勢に、「五輪2連覇も十分すごいのに、まだまだ挑戦しようとしているところが素敵だと思う」(静岡県/30代・女性)、「ストイックでやると決めたら貫く、格好良い生き様を見せてくれる人だから」(愛知県/20代・女性)など女性たちが絶賛。 また、男性からも「フィギュアスケートに打ち込む姿勢のみならず、常日頃から様々な人やものや環境などに対して感謝、謙虚な姿勢を示していること」(岐阜県/30代/男性)など、リスペクトする声も多かった。 後輩思いの体操・内村航平選手 3位は体操の【】選手。 2018年は『全日本選手権』で個人3位、『NHK杯』では個人総合優勝(10連覇)を果たした。 「アスリートのピークは短いので、何年も何年も世界のトップでい続けているのは内村選手は本当にすごいと思う。 こんなに強い体操選手はもう二度と出てこないと思います」(岩手県/10代・女性)と不世出の才能を評価。 負傷しても、めげずに練習に励む姿に「ケガをしても、前向きに頑張っているのがすごいと思う。 彼が作った記録はそうそう破られるものではないと思うから」(神奈川県/50代・女性)と讃えられた。 メディアに出演して体操の魅力を語り、「日本初のプロとなって体操選手としての可能性を広げたり、後輩たちの成長を後押しする姿も見せつつ、自らもレベルアップのための努力を続けているのがかっこいい」(鹿児島県/30代・女性)と後輩思いな点も人気の理由となっている。 初のランキング入りで2位となった水泳の池江璃花子選手 2位となったのは水泳の【】選手。 8月に『アジア競技大会』ジャカルタに出場。 50m、100m自由形、50m、100mバタフライ、400mフリーリレー、400mメドレーリレーの6種目で優勝。 日本人初となるアジア競技大会6冠を達成し、大会MVPに輝いた。 18歳の若手ホープとして一躍知名度を増し「ついこの間の大会での圧倒的な強さに感動したから」(高知県/30代・女性)、「高校生でこの成績ですから、将来どうなるのか楽しみ」(岡山県/50代・男性)など将来への期待の声も数多く見受けられた。 「毎回新記録を出していて、毎回わくわくさせてくれるから」(三重県/10代・女性)とどこまでも高みを目指す姿に興奮を隠しきれない声もあった。 不動の地位を獲得しているレスリングの吉田沙保里選手 3位には昨年の同ランキング2連覇を達成した【】選手。 2015年の世界大会では16連覇を達成しギネス認定を受けるなど数々の記録を打ち立て、後進の指導にもあたっている。 「オリンピックは残念だったけど、人類最強女子はこの人の代名詞だと思う。 謙虚さも好き」(大阪府/20代・女性)、「最強!でも可愛らしいし、テレビでお話しされてるのを見ても好感が持てる」(東京都/20代・女性)など好感度が非常に高い。 また、「素敵な男性が現れるといいですね」(岡山県/30代・男性)と良き伴侶との出会いを祈願する声もあった。 男女ともに日本を背負い、ワールドワイドに活躍する逸材が軒並み顔をそろえたた今回のランキング。 今年はスポーツ界の不祥事が相次いだが、それにもめげずにストイックに汗を流し奮闘するアスリートたちのさらなる活躍に期待したい。

次の

『第12回 好きなスポーツ選手ランキング』男女別TOP10を発表

好き な スポーツ 選手

平昌冬季五輪が大いに盛り上がりを見せた今年。 スポーツ界では2020年の東京五輪に向けて、次世代のアスリートたちが鍛錬に励んでいる。 そこでORICON NEWSでは、今年で11回目を数える現役アスリートを対象とした、『好きなスポーツ選手ランキング2018』を男女別で発表。 その結果、「男性部門」1位にはメジャーリーグで活躍するプロ野球の【】選手が初の首位に。 「女性部門」ではテニスの【】選手が同じく初の首位を戴冠した。 日本人初のグランドスラムシングル優勝で話題をさらった大坂なおみが首位に 女性部門で初の1位に輝いた【】選手は、日本人初のグランドスラムシングルス優勝を達成して、大いに話題をさらった。 優勝でWTAランキングも7位に上昇し、トップ10入り。 続く東レパン・パシフィック・オープンはカロリナ・プリスコバに敗れたが準優勝するなど、今後の飛躍も大いに期待されている。 前人未到の記録を打ち立てたことに「今までの日本人女子プロテニスプレイヤーにはない力強さを感じるから」(愛知県/30代・男性)、「ウィンブルドンでも優勝できるようなプレイヤーになってほしい」(和歌山県/40代・女性)など絶賛されて、世代別でも全世代で1位となった。 アグレッシブなパフォーマンスだけでなく、インタビューでのチャーミングなコメントも人気で、「可愛いし、プレーとトークのギャップが素敵」(千葉県/40代・女性)、「すごいパワフルなプレーとチャーミングなおしゃべりで親しみがわく」(長野県/50代・女性)と注目の的となっている。 20歳で偉業を実現した大坂選手に「プレッシャーがかかる場面でも、しっかりと自分をコントロールできているからです。 緊張するとミスしがちな私にとって、本当に尊敬する人です」(石川県/20代・女性)と同世代からの支持が特に高く、彼女をロールモデルとする女性が増加傾向にあるようだ。 初首位となった大谷翔平選手 男性部門で初の首位に輝いたのは、今年メジャーリーグに挑戦した【】選手。 投手としては10試合の登板にとどまったが、打者として104試合に出場して打率. 285をマーク。 キャリア最多となる22本塁打を放ち、61打点を記録した。 世界で通用することを実証した姿に「NPB、メジャーで二刀流を実現し、投手としては手術が必要となった今もその二刀流に助けられ打者として成績を残せている点」(神奈川県/40代・女性)、「二刀流としてメジャーでも十分に通用しているので、2年目以降の活躍もより楽しみにしています」(富山県/20代・男性)と老若男女が、その二刀流ぶりを絶賛。 10月1日、午前中にロサンゼルス市内の病院でひじの靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を行い無事に成功させた大谷選手。 「残念ながら肘の手術で来季は二刀流が見れないが、完治したらまた二刀流を期待したくなる存在」(埼玉県/40代・男性)と完治を心から願う意見も散見された。 多くのファンを虜にするフィギュアスケートの羽生結弦選手 男性部門そのほかの結果を振り返っていこう。 世界最高峰のスケーティング技術はもちろん、記者会見のイスまで片付ける謙虚な姿勢など、人格的な部分でも高く支持されている。 平昌五輪ではソチ五輪に続き2大会連続で金メダルを獲得して、66年ぶりの五輪連覇を記録。 6月1日には国民栄誉賞の授与が発表。 23歳での受賞は個人最年少となったが、「ここまで切り開いてくださった方々がたくさんいる中で、代表として僕が頂いた」と先達への感謝を語った羽生選手。 常にチャレンジを忘れず、求道的なまでにスケートを追求する姿勢に、「五輪2連覇も十分すごいのに、まだまだ挑戦しようとしているところが素敵だと思う」(静岡県/30代・女性)、「ストイックでやると決めたら貫く、格好良い生き様を見せてくれる人だから」(愛知県/20代・女性)など女性たちが絶賛。 また、男性からも「フィギュアスケートに打ち込む姿勢のみならず、常日頃から様々な人やものや環境などに対して感謝、謙虚な姿勢を示していること」(岐阜県/30代/男性)など、リスペクトする声も多かった。 後輩思いの体操・内村航平選手 3位は体操の【】選手。 2018年は『全日本選手権』で個人3位、『NHK杯』では個人総合優勝(10連覇)を果たした。 「アスリートのピークは短いので、何年も何年も世界のトップでい続けているのは内村選手は本当にすごいと思う。 こんなに強い体操選手はもう二度と出てこないと思います」(岩手県/10代・女性)と不世出の才能を評価。 負傷しても、めげずに練習に励む姿に「ケガをしても、前向きに頑張っているのがすごいと思う。 彼が作った記録はそうそう破られるものではないと思うから」(神奈川県/50代・女性)と讃えられた。 メディアに出演して体操の魅力を語り、「日本初のプロとなって体操選手としての可能性を広げたり、後輩たちの成長を後押しする姿も見せつつ、自らもレベルアップのための努力を続けているのがかっこいい」(鹿児島県/30代・女性)と後輩思いな点も人気の理由となっている。 初のランキング入りで2位となった水泳の池江璃花子選手 2位となったのは水泳の【】選手。 8月に『アジア競技大会』ジャカルタに出場。 50m、100m自由形、50m、100mバタフライ、400mフリーリレー、400mメドレーリレーの6種目で優勝。 日本人初となるアジア競技大会6冠を達成し、大会MVPに輝いた。 18歳の若手ホープとして一躍知名度を増し「ついこの間の大会での圧倒的な強さに感動したから」(高知県/30代・女性)、「高校生でこの成績ですから、将来どうなるのか楽しみ」(岡山県/50代・男性)など将来への期待の声も数多く見受けられた。 「毎回新記録を出していて、毎回わくわくさせてくれるから」(三重県/10代・女性)とどこまでも高みを目指す姿に興奮を隠しきれない声もあった。 不動の地位を獲得しているレスリングの吉田沙保里選手 3位には昨年の同ランキング2連覇を達成した【】選手。 2015年の世界大会では16連覇を達成しギネス認定を受けるなど数々の記録を打ち立て、後進の指導にもあたっている。 「オリンピックは残念だったけど、人類最強女子はこの人の代名詞だと思う。 謙虚さも好き」(大阪府/20代・女性)、「最強!でも可愛らしいし、テレビでお話しされてるのを見ても好感が持てる」(東京都/20代・女性)など好感度が非常に高い。 また、「素敵な男性が現れるといいですね」(岡山県/30代・男性)と良き伴侶との出会いを祈願する声もあった。 男女ともに日本を背負い、ワールドワイドに活躍する逸材が軒並み顔をそろえたた今回のランキング。 今年はスポーツ界の不祥事が相次いだが、それにもめげずにストイックに汗を流し奮闘するアスリートたちのさらなる活躍に期待したい。

次の

好きなスポーツ選手1位は大谷翔平選手、子どものスポーツ年間費用は?

好き な スポーツ 選手

ベテラン選手の活躍はもちろん、才能を開花させた新たなスター選手も続々と誕生し、日本中に活気と感動を与えてくれた。 そこで、ORICON STYLEでは今年で9回目を数える恒例の「好きなスポーツ選手ランキング2016」を発表。 その結果、「男性部門」1位には前回に続きプロテニスの【錦織圭】選手が選ばれ2連覇を達成。 「女性部門」ではレスリングの【吉田沙保里】選手が初の首位を獲得した。 今年のリオ五輪では、惜しくも女子個人種目史上初となる4連覇の達成はならず、試合後のインタビューでは、「たくさんの方に応援していただいたのに申し訳ない。 日本選手の主将として金メダルを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい…」と大粒の涙を流した吉田選手だが、相当なプレッシャーを抱えながら力闘をみせた彼女の勇姿は誇りであり、登坂絵莉選手ら後輩たちのメダルラッシュ。 そして、前回のロンドン大会を上回る過去最多41個のメダル獲得に大きく貢献したと言えるだろう。 国内外で活躍する一流プレイヤーとしてはもちろんだが、彼女の場合はその太陽のような明るいキャラクターも老若男女問わず多くの人に愛される所以。 たまに出演するバラエティ番組では、タレント顔負けのリアクションやツッコミ、ボケをみせバツグンの存在感を発揮する。 また、こと恋愛に関してはうぶで番組内で恋の相談や恋バナをする姿は乙女そのもの。 「ユーモアがあって素敵だと思う」(奈良/20代・女性)、「人格が素晴らしい」(青森/40代・男性)、「強くて明るく本当にカッコイイ」(福岡/30代・女性)と選手としてはもちろん、ひとりの女性としても絶大な支持を集めている。 着実にパワーアップする錦織選手、リオ五輪では96年ぶりにメダル獲得• 日本テニス界の歴史を次々と塗り替える錦織圭選手 (C)ORICON NewS inc. 2連覇を達成した【錦織圭】選手は、14年にテニスの四大大会『全米オープン』男子シングルスで準優勝を果たすなど、日本テニス界の歴史を次々と塗り替える若きサムライ。 世界で闘うにはスタミナ不足が課題と言われ続けてきたが、日々の涙ぐましいトレーニングは言わずもがな選手としてキャリアを重ねることで、精神面も含めて着実に強く、たくましく進化してきた。 その成果のひとつが、今年のリオ五輪で日本テニス界に96年ぶりにもたらしたメダル。 強敵ラファエル・ナダル選手を破っての銅メダルという点も実に印象的だった。 また、16日に行われた『ATPワールドツアー・ファイナル』1次リーグ第2戦でアンディ・マレー選手と闘った際は、同大会史上最長となる3時間20分の激闘をみせ、惜しくも破れてしまったものの世界1位のマレー選手に「(ボールコントロールが)ほかの誰よりもうまい」と言わしめ、プロを目指すジュニア選手たちに大きな希望を与えたことだろう。 そんな錦織選手には、「世界的に小柄な体格ながらアグレッシブなプレースタイルで闘っていてスゴい! 彼のプレーを見るたび勇気づけられています」(沖縄/50代・女性)、「決して言い訳をせず、黙々と挑戦し続ける姿がカッコイイ」(東京/40代・女性)、「世界に誇れる日本人」(山形/50代・女性)といった賞賛の声が多数。 グランドスラム優勝もいよいよ現実味を帯びてきて、「ぜひ前人未到を成し遂げてほしい!」(東京/50代・女性)とのエールも殺到している。 今年、プロ野球界を沸かした2大投手がTOP10入り• 体操はもちろん、ルックスの美しさも人気の内村航平選手 (C)ORICON NewS inc. 「男性部門」2位は、体操の【内村航平】選手。 体操界のイケメンとしても知られ、「さわやかで素敵」(京都/20代・女性)と女性陣からのラブコールも目立った。 3位はフィギュアスケートの【羽生結弦】選手で、年々極められていくノーミスの演技は、「とにかく美しい!」(東京/40代・女性)。 今年、プロ野球界を大いに盛り上げた、北海道日本ハムファイターズの【大谷翔平】選手(4位)、広島東洋カープの【黒田博樹】(6位)も上位に。 寄せられたコメントには、彼らの男気あふれるプレーを称える声が実に多かった。 一方、「女性部門」2位は卓球の【福原愛】選手、5位には【石川佳純】選手がランクイン。 リオ五輪では、前回のロンドン大会同様、バツグンのチーム力で強豪に立ち向かい、銅メダルという2大会連続のメダル獲得を成し遂げ、「五輪での闘いぶりには本当に感動しました!」(千葉/10代・女性)とのコメントがズラリ。 実力も兼ね備えて本当に素敵です」(神奈川/50代・女性)と長年親心で彼女を見つめてきた人からの賛辞も目立った。 女子レスリング、前人未到の4連覇を達成した伊調馨選手 (C)ORICON NewS inc. 4位には、リオで女子レスリング初の五輪4連覇を達成した【伊調馨】選手が登場。 「初めて五輪に出場してからずっと応援しています。 また、オリンピックイヤーということで、リオ五輪でメダルを獲得したバドミントン女子シングルスの【奥原希望】選手(7位)、重量挙げの【三宅宏実】選手(8位)、レスリングの【登坂絵莉】選手(9位)が初TOP10入りを果たしている。

次の