カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー 天井。 ガンダムクロスオーバー スロット 天井 設定判別 打ち方 解析

【カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー】スロット新台評価、感想、打ち方、設定差、立ち回り、改善点

カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー 天井

基本スペック・機械割・小役確率 基本スペック 機種名 カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー メーカー ビスティ 仕様 AT 6号機 AT純増 約1. 2~4. 4 97. 8 98. 0 100. 6 103. 2 107. 7 108. また、天井の振り分けには2・3・5周期もあり、 ・メニュー画面で味方のSRカード出現で天井8周期目否定 ・通信予告で1人目のキャラがブライトだと天井が8周期以外の可能性アップ。 ハロなら8周期天井否定 などの天井短縮示唆があります。 ビタ押し成功で設定示唆となる特殊画面が出現する可能性があり、失敗しても損することはないので積極的に挑戦しましょう。 サポートカードによる設定示唆 HP300 示唆内容 ジム 奇数設定示唆 ネモ 偶数設定示唆 HP500 示唆内容 ガンキャノン 奇数設定示唆 リック・ディアス 偶数設定示唆 サポートカードの初期HPが300or500の場合はMSで奇遇の設定示唆。 AT開始画面 No. 示唆内容 024 設定2以上確定 456 設定4以上確定 056 設定5以上確定 666 設定6確定 AT開始時に表示される作戦No. で設定示唆。 AT終了画面 AT終了画面 示唆内容 シャア専用MS MA 設定2以上確定 百式 設定5以上確定 オペ子集合 設定6確定 AT終了画面で上記の画面が出現すれば設定示唆です。 設定示唆画面の振り分けは総ゲーム数によって変化する模様。 12セット消化後は30Gのエンディングに突入します。 ロングフリーズ動画.

次の

ガンダムクロスオーバー【天井期待値・朝一リセット・ゾーン狙い目・やめどき】

カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー 天井

メニュー画面の左側に表示されているカードで設定を示唆。 リプレイ時は基礎攻撃力ではなく、追加ダメージ分だけがHITする。 通常時は3つのパートに分かれており、最初にガシャパートで初期カードを決定。 次に強化パートでカードを進化させ、最後にバトルパートで進化させたカードを使ってボーナスの当落をジャッジする…というのが1周期の流れだ。 【ガシャパート】(MSガシャステージ) 継続ゲーム数…10G 最初の8G間は小役でガチャレベルをアップさせるのが目標で、3人のオリジナルキャラが様々な演出でレベルをアップさせてくれる。 ラスト2Gではレベルに応じてサポートカードとリーダーカードを決定する。 レア度の高いカードほど、リーダーカードは攻撃力が、サポートカードはHPがアップする(周期ラストのバトルパートにおける攻撃力とHP)。 セットごとに強化パート開始時のキャンペーンで作戦を決定。 作戦によってイベントの発生頻度などが変化する。 画面下部に現在の進行状況が表示されており、最短なら5セット、最長7セット継続。 画面左側のマスでは毎ゲームのイベントが表示される。 基本的に小役を引くことができればイベント内容に応じて敵を撃破し、カードが強化される。 イベントマスにどちらが攻撃するかが表示されており、味方攻撃マスで小役を引ければ攻撃HIT、敵攻撃時に小役が揃えば回避や反撃に期待できる。 もちろんレア役時は大ダメージを与えるチャンス! リーダーカード専用のリーダースキルが発動することも! 周期天井および周期ごとの期待度を管理する周期シナリオは有利区間移行時に決定する。 周期ごとの周期ランクに応じて強化パートのキャンペーンランクを管理するログインシナリオを抽選。 さらに、キャンペーンランクによって作戦の種類が抽選される。 簡単に説明すると上位の周期シナリオほど結果的に上位の作戦が選ばれやすいため、カードを強化しやすい。 ログマップの番号は上画像の通り。 演出によって周期シナリオ・周期天井、AT期待度などが示唆される。 円グラフはAT期待度、説明文がストック示唆となる。 ナビは昇格確定! 激熱ナビならフリーズ確定!! 「次回予告」 発生した時点でAT以上が確定する。 トータル発生率は約6. 発生率はトータル約3. 「絵柄狙い時はボタンPUSHで期待度を示唆」 ボーナスを狙う画面でPUSHボタンを押すとカードパネルのステップアップで白7揃いの期待度を示唆。 基本的な流れは通常時と同じで、まず初期カードを決定して、強化パートでカードを強化、バトルパートでAT継続をかけたバトルが展開する。 「ストーリーで登場MS・MAが変化」 セットごとにどの宇宙世紀のストーリーかが決まっており、ストーリーによってムービーや対戦するボスキャラの種類が変化する。 [強化パート開始時に初期カードを決定] 1Gのルーレットで初期カードを決定。 通常時と異なりリーダー・サポートという区分はなく各リールに対応した3枚のカードが選択される。 8)1stナビのリールに対応したカードを中心にゲームが展開。 強化パートでは強化の対象、バトルパートでは対象のカードが攻撃する。 【強化パート】 継続ゲーム数…10G 押し順ナビ発生時は1stナビのリールのカードがレベルアップの対象(レベルアップ確定ではない)となり、液晶上に同じカードが揃えばレベルアップ 対象のカードが最高レベルに到達していた場合は、ナビが発生しても別のカードが強化される。 ボスによってHPが異なり、少ないほどチャンスとなる。 規定ゲーム数内にボス敵を撃破できればAT継続。 [1stナビのカードで攻撃] バトル中は1stナビに対応したリールのカードで攻撃するため、レア度(攻撃力)の高いカードがある1stナビを引くほどチャンスとなる。 ハズレorリプレイ以外なら攻撃HIT確定だ。 最終的に停止したパネルの倍率でダメージを与えることができるためかなり強烈! 「レア役後は高確移行のチャンス!」 レア役は攻撃HITが確定するだけでなく、クリティカル(大ダメージ)の高確移行を抽選する。 滞在中は倍率ロックの発生率もアップする。 高確中は画面右側にテロップが表示! 「キュベレイ参戦もあり」 キュベレイが参戦すればゲーム数減算がストップ。 参戦中はキュベレイ(ハマーン)が攻撃してくれる。 「逆押しカットインも大ダメージのチャンス」 カットインの種類や狙う絵柄に注目! 「規定ゲーム数消化後はハズレで終了抽選」 規定ゲーム数を消化した後はハズレで終了を抽選。 第3停止時にコロニーレーザーが発射されると終了となる(復活もあり)。 【バトル勝利後は報酬ゲット】 勝利後は戦績に応じた報酬をゲットできる。 高ランクの報酬ほど次セット時の初期カードなどが優遇!? 【バトル6戦目はMAバトル】 6戦目は手強いMAとのバトルが発生。 覚醒モード中は画面左上に帯が表示。 周期終了(ボーナス以上当選)まで打ち続けよう。 MAバトルもストックを持った状態で到達できれば突破確定となる。 ストックがあれば負けても復活! ストックの有無は周期開始時のリーダーカードの種類で示唆。 赤文字ならストックありの期待大、紫文字ならストック所持が確定する。 「クリティカル高確は3G先まで先読み」 クリティカル高確は内部的に3G先までの倍率が決まっていて、ベル成立時はその倍率が表示される。 クリティカル高確の帯はレア役経由なら必ず表示、レア役以外から帯が出た場合は次ゲームから3G間、ベル以上を引ければ必ずクリティカルが発生する。 ちなみに攻撃力MAXは一撃フラグではなく、勝利確定時の一部で発生(ララァやフォウのナビと同じような役割)。 ララァとフォウは勝利確定となり、勝利が確定するゲームで出やすい。 ATのバトルパートでも通常時と同じく4個分の保留を抽選しており、ベルやレア役成立時のダメージ倍率が変化(通常時と異なり見た目上はわからない)。 2倍以上に当選していた場合は基本的に倍率ロックやクリティカルが発生! 「残り5G間は倍率がアップしやすい!」 残り8Gから、内部的に新たに追加されていく保留は倍率アップが優遇。 つまり、残り5Gからは倍率アップが出やすくなるため、ATのゲーム数が尽きても、ヒキ次第で十分逆転を狙うことができるわけだ。 ベル時の昇格はないが、リプレイやハズレといった残念パターンでも内部的に保留が昇格している可能性がある。 初期カードを決めた次ゲームで表示されるラウンド開始画面に注目。 パターンでボス敵の種類(HP)が示唆される。 [MAバトル時] MAバトルでは1機orオリジナルキャラのどちらか。 否定すれば設定5以上が確定する。

次の

「456確定画面出現!!4000枚越え【こぜ6】ガンダムクロスオーバーを閉店まで打ち切りました」 【6号機】19/10/07

カードバトルパチスロ ガンダム クロスオーバー 天井

パチスロガンダムクロスオーバーのスペック解析まとめ! パチスロガンダムクロスオーバーの基本スペックからチェックしていきましょう。 基本スペックや型式・筐体画像 機種名 ガンダムクロスオーバー 型式 S GUNDAM X-OVER A メーカー ビスティ 仕様 AT 6号機 AT純増 約1. 2〜4. ガンダムクロスオーバーには、• ガンダム• Zガンダム• 逆襲のシャア の3作品から総勢80機が登場するので、ガンダムファンにはたまらない台だと言えるでしょう! AT確率や機械割 パチスロガンダムクロスオーバーは6段階の設定があります。 4 97. 8 98. 0 100. 6 103. 2 107. 7 108. 通常時ゲームフロー 続いてカードの育成を開始します。 (周期抽選) 育成はキャンペン告知1ゲーム カード強化パート14ゲーム で構成されています。 この間に経験値を貯めてカードを育成しましょう。 周期抽選後に、 「CZ、G-カードオペレーション」 に突入します。 20ゲーム継続し、育成したカードで勝利することが出来れば、• 3枚 に突入します。 ボーナスやAT中ゲームフロー クロスボーナスは約30枚獲得することが出来ます。 レア小役等で見事昇格することが出来れば、ATクロスオーバーラッシュに突入します。 もしくは通常時の白7揃でもクロスオーバーラッシュに突入します。 3枚で、• 敵のHPを0にすることが出来ればATが継続します! 逆転要素も豊富なので最後まで諦めないようにしましょう! スポンサーリンク パチスロガンダムクロスオーバーのリール配列や打ち方解析 パチスロガンダムクロスオーバーのリール配列はこちらです。 右リールにスイカの取りこぼしが無いため、左右中の順に打ちましょう。 上段にチェリーが停止した場合 上段にチェリーが停止したら中右リールは適当打ちしましょう。 ハズレ• リプレイ• チャンス目B が成立しています。 中・右リールは適当打ちし、フラッシュが発生すればチャンス目Bです。 スイカが下段まで滑ってきた場合 スイカが下段まで滑ってきたら、• チャンス目A• 弱スイカ• 強スイカ が成立しています。 右リールは適当押しし、中リールは黒バーを目安にスイカを狙いましょう。 押し順ナビが出現したら押し順通りに押しましょう。 演出で押し順ナビの色が変わる事があります。 しかし演出で色が変わるだけなので、押し順ナビをそのまま狙えばokです。 スポンサーリンク パチスロガンダムクロスオーバーの設定差や456高設定確定演出・設定判別解析 パチスロガンダムクロスオーバーの設定差について紹介します。 CZに設定差があります。 6 ほとんど設定差はありませんが、CZは設定6の方が突入しづらいという特徴があります。 続いてAT確率をチェックしましょう。 4 97. 8 98. 0 100. 6 103. 2 107. 7 108. 7 の差があります。 設定6の方がATに繋がりやすいです。 設定1の場合比率は、• わかり次第追記します。 また、456確定画面なども存在するでしょう。 わかり次第お伝えしますね! スポンサーリンク パチスロガンダムクロスオーバーの天井恩恵や期待値・狙い目ややめどき解析 パチスロガンダムクロスオーバーで天井狙いをするために、• 天井恩恵• 天井の期待値 について調べてみました。 平均すると約930ゲームですが、それ以上になることもあるので注意しましょう。 これがボーナス確定ではなく、AT確定であればもう少し下げれますが現状ではもっと深いゲーム数の方が理想と言えるでしょう。 解析待ちではありますが、現段階では天井狙いには不向きだと言えるでしょう。 有利区間ランプはこちらをチェックてください。 パチスロガンダムクロスオーバーの有利区間ランプは入手次第差し替えます。 設定変更時の狙い目はこちらを参考にしましょう。 なので有利区間ランプを見て即やめで良いでしょう。 ただしスタートガシャでレアカードを獲得することもあります。 獲得カード次第では1周期見るようにしましょう。 また天国ゾーンなど、判明したら追記しますね! スポンサーリンク 強化パート MSガシャステージが終わると強化パートに突入します。 役割 ユニット強化区間 継続G数 1ステージ15G ステージ数 5〜8 強化パートではユニットを各ステージで育成していきます。 1ステージ15G継続し、基本的に5ステージ 最大8ステージ 消化するとバトルへと進みます。 G CARD OPERATION G CARD OPERATIONはバトルタイプのCZです。 CZの突入率は設定ごとに異なりますのでこちらをチェックしましょう。 6 スポンサーリンク パチスロガンダムクロスオーバーのボーナスやAT解析 続いてボーナスやATについて紹介していきます。 クロスボーナス クロスボーナスは約30枚獲得出来る疑似ボーナスです。 3枚増のメインATです。 バトルパート の2部で構成されており、純増が異なります。 項目 強化パート バトルパート 純増 1. 2枚 4. 消化中は押し順ナビが発生した際にそのリールのMSを強化していき、強化されればされる程次のバトルパートを有利に進めることが出来ます。 強化パートが終了したらバトルパートへ進みます。 バトルパートの20G以内に相手のHPを削り切ればAT継続し、また強化パートへ戻ります。 もし削れなかった場合はハズレの一部でコロニーレーザーが発射されATが終了してしまいます。 6セット移行はMAXバトルに突入し、勝利すれば引き戻し濃厚の覚醒周期へ突入します。

次の