し お の あき ひさ。 男の子の名前 久顕 ひさあき 21画(3画

男の子の名前 久顕 ひさあき 21画(3画

し お の あき ひさ

略歴 [ ] 卒業後、『神崎オン・ザ・ロード』を結成。 1980年『OPEN MY ROAD』でデビュー。 神崎オン・ザ・ロードで、3枚のアルバムをリリース。 1986年 渡米。 1988年ソロアルバム『KANZAKI』をリリース(ラス・フリーマン、リッピングトンズが参加)。 2009年、盟友・マイケル・パウロとのプロジェクト『エイジアン・ソウル・ブラザーズ』で、『ASIAN SOUL BROTHERS ft. KANZAKI&Michael Paulo』をリリース。 エイジアン・ソウル・ブラザーズのほか、国際的な幅広い活動を展開している。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ]• 1980年 神崎オン・ザ・ロード 『OPEN MY ROAD』• 1981年 神崎オン・ザ・ロード 3rd『Long Romantic Road』• 1988年 SOLO ALBUM 『KANZAKI』リリース。 ラス・フリーマン G をサウンド・プロデューサーに迎えたアルバム。 参加アーティスト:デヴィッド・ベノワ、デヴィッド・ガーフィールズ key ブランダン・フィールズ sax リッキー・マイナー b フィル・ペリー vo 等。 1994年 クリスマスアルバム『サンタクロースの日曜日』ヒロシマのボーカルMUCHUNをL. から日本に呼び寄せ、 プロデュースしたアルバム。 参加アーティスト:MUCHUN Vo 、金子飛鳥 Vl 、妹尾隆一郎 Blues Harp 大上留璃子 Vo 他• 2006年 1988年リリースの『KANZAKI』を自身のレーベルReal Play Recordsより再リリース。 2006年 ストリングス・カルテットとの共演『OZONIC』リリース• 2009年 盟友マイケル・パウロ(SAX)とのユニット『エイジアン・ソウル・ブラザーズ』で『ASIAN SOUL BROTHERS Ft. 参考文献 [ ].

次の

PROFILE

し お の あき ひさ

真貝寿明 Hisaaki Shinkai Who? 現職と連絡先 大阪工業大学情報科学部 教授 武庫川女子大学 非常勤講師 理化学研究所 客員研究員 重力波干渉計KAGRAプロジェクト, 議長 2017--2021 委員 住所 〒573-0196 大阪府枚方市北山 1-79-1 大阪工業大学 情報科学部 情報システム学科 (1号館513研究室) 電話: 072-866-5393 ダイアルイン,直通 電話: 072-866-5380 5階学科事務室 5301 学部事務室 Fax: 072-866-8380 5階学科事務室 8302 学部事務室 Email: URL: [研究室トップページ] [趣味サイト]• 論文リスト(当サイト)• 論文リスト(外部サイト)• 書籍リスト• 他のリンク• News 最近のKAGRA関連の論文出版はここでは省略.詳細は上記の論文リストをご参照ください.• 2020年6月,季刊誌「新そば」エッセイ掲載(笑)• 2020年5月,(朝倉書店)第3章「一般相対性理論」編集担当.• 2020年4月,論文掲載, "Test of general relativity by a pair of transportable optical lattice clocks", M. Takamoto, I. Ushijima, N. Ohmae, T. Yahagi, K. Kokado, H. Shinkai and H. Katori, ,• 2019年11月,(A. Lightman他著,真貝寿明・鳥居隆訳,森北出版)• 2019年7月,解説記事掲載「ブラックホール理論とその周辺」現代思想8月号.• 2019年7月,論文掲載,KAGRA collaboration, First cryogenic test operation of underground km-scale gravitational-wave observatory KAGRA, ,• 2019年5月,論文掲載,H. Nakano et al. , Comparison of various methods to extract ringdown frequency from gravitational wave data, ,• 2019年3月,論文掲載,T. Ebisuzaki et al, INO: Interplanetary Network of Optical Lattice Clocks, Int. Mod. Phys. 28 2019 1940002• 2019年1月,論文掲載,KAGRA collaboration, KAGRA: 2. 5 generation interferometric gravitational wave detector,. 2018年12月,解説記事掲載「ブラックホールと重力波」数理科学12月号.• 2018年9月,解説記事掲載「重力波の直接検出とデータ解析」システム制御情報学会誌,9月号.• 2018年9月, 『現代物理学が描く宇宙論』 (共立出版)出版• 2018年1月,論文掲載,KAGRA collaboration, Construction of KAGRA: an Underground Gravitational Wave Observator,• 2017年12月,解説記事掲載「光格子時計による重力波検出」岩波「科学」2017年12月号• 2017年8月,論文掲載,H. Shinkai, T. Torii, Nonlinear dynamics in the Einstein-Gauss-Bonnet gravity,• 2017年2月,論文掲載,H. Shinkai, N. Kanda, and T. Ebisuzaki, Gravitational wave from merging intermediate-mass black holes: II Event rate at ground-based detectors,• 2016年12月,翻訳書 『宇宙のつくり方』(丸善出版)出版.• 2015年10月, 『日常の「なぜ」に答える物理学』(森北出版)出版.• 2015年9月, 『ブラックホール・膨張宇宙・重力波 一般相対性理論の100年と展開』(光文社)出版.• 2015年7月,解説記事掲載「テンソル計算ソフトウェア リーマンテンソルが一瞬で計算できる」数理科学7月号.• 2013年12月, 『徹底攻略 微分積分 改訂版』(共立出版)出版.• 2013年9月,論文掲載,T. Torii and H. Shinkai, Wormholes in higher dimensional space-time: Exact solutions and their linear stability analysis• 2012年3月, 『徹底攻略 確率統計』(共立出版)出版.• 2011年2月,論文掲載,T. Tsuchiya, G. Yoneda and H. 2011年10月,紀要掲載,土出智也,真貝寿明 数独パズルの難易度判定 -- 解法ロジックを用いた数値化の提案. 大阪工業大学紀要(理工編)56巻,p1-18• 2011年3月,論文掲載,T. Tsuchiya, G. Yoneda and H. 2011年3月,論文掲載,Y. Yamada and H. Shinkai, Formation of Naked Singularities in Five-dimensional Space-time,• 2011年2月, 『図解雑学 タイムマシンと時空の科学』(ナツメ社)出版.• 2010年8月, 『徹底攻略 常微分方程式』(共立出版)出版.• 2010年2月,論文掲載,Y. Shinkai, Black Objects and Hoop Conjecture in Five-dimensional Space-time, Class. Quant. Grav. 27 2010 045012 15 pages• 2010年1月,国際会議 集録, T. Tsuchiya, G. Shinkai , Y. Shinkai,• 2009年11月21日,栄光学園高校 職業選択セミナー, 「理系という職業選択」.• 日本物理学会誌2009年11月号に新著紹介文. 「パソコンで宇宙物理学 計算宇宙物理学入門」(ポール・ヘリングス著,川端潔訳,国書刊行会,2009)• 2009年7月29日, (群馬草津),招待講演「相対論研究のテーマ探し」 および同内容の .• 2009年7月23日,兵庫県立大学公開講座でのサイエンストーク「タイムマシンはできるのか 相対性理論入門」で使用した,および同内容の .• 2009年6月,論文掲載,Formulations of the Einstein equations for numerical simulations ;• 2009年4月10日, 『徹底攻略 微分積分』(共立出版) 出版.• 2008年1月24日-26日,研究会 Daejeon, Korea ,招待講演2時間.• 1ページ英語版 or• 4ページ英語版• 業績リスト• 日本語の略歴は,このページの下の方にあります. 出版物リスト(当サイト内)• 論文のコピー,および学会や研究会の発表資料などは, で,検索してください. 検索結果(外部サイト)• 論文リスト• 書籍リスト• その他リスト• The code was developed in 1999-2000. : General Relativistic wormhole evolutions, in dual-null coordinate system. The code was developed in 2000-2002.

次の

神崎 ひさあき|ウッドオフィス株式会社 A3プロデュース

し お の あき ひさ

青山学院大学卒業後、日本のジャズ・フュージョンブームのスタートとなる『神崎on the road 』を結成。 1980年「OPEN MY ROAD」 でデヴュー。 その後3枚のアルバムを残し1986年渡米。 セッション活動後、1988年ラス・フリーマン、リッピングトンズ等を迎えアルバム「KANZAKI」をリリース。 帰国後は、数々のTV、CM音楽の制作、プロデュース等の活動を積極的に行う。 近年では、神崎作曲の「SO FAR AWAY」をマイケル・ホワイト デヴィッドサンボーンBand がアルバムタイトル曲としてリリース。 盟友マイケル・パウロ sax とのプロジェクト『The Asian Soul Brothers』での活躍等、国際的な活動を展開している。 また、サンディエゴで毎年、グラミー 受賞アーティスト等、ワールド・クラスのアーティストが出演し開催されるジャズフェスティバル「Temecula Wine and Music Festival」にも2007年より連続出演しており、KANZAKIの呼称で親しまれ米西海岸でも多くのファンを獲得している。 また、武蔵野美術大学で特別講師を務める等、内外のアート・シーンでのアーティストとの交流も深く、アートが語れる音楽家として評価されている側面も持ち、型にはまらないオリジナルな神崎像を貫いている。 KANZAKI : Saxophonist and composer Hisaaki Kanzaki was born in Kochi Prefecture. His love for the saxophone began in junior high school, influenced by such artists as Sadao Watanabe, Miles Davis, Sonny Rollins, and Art Pepper to name but a few. Upon graduating from university, Kanzaki formed Kanzaki on the Road, a group that became a leading force behind Japan's fusion boom. In 1980 he released his debut album, "Open My Road" from Nippon Phonogram Mercury Records. Following that he released two more albums before going to the US in 1986, where he participated in numerous sessions. "On returning to Japan he became involved in the music production field, working on many theme tunes for commercials and TV. Some years back, Michael White from the George Benson and David Sanborn band recorded "So Far Away," a Kanzaki composition. Around that time, Kanzaki gained widespread acclaim as a composer when his album title tune hit ninth place on the US jazz charts radio and records. Kanzaki went on to establish international projects including "Asian Soul Brothers" with best friend Michael Paulo sax. kzsax, creating the "buffet style. " In 2005 he brought out the sounds of "Otemachi Cafe" under his own label, Real Play Records. The following year saw Kanzaki issue a re-release of "KANZAKI" along with "OZONIC," a work featuring string quartet. In the course of his prominent and successful career, Kanzaki has developed a deep passion for collaboration with international artists inside and outside Japan, and in that spirit has frequently served as a special lecturer at Musashino Art University. His unconventional image and music style continue to grow and influence others within the music scene.

次の