淵上泰史。 shop.organicmedialab.com: 鬼談百景: 岡山 天音, 根岸 季衣, 久保田 紗友, 淵上 泰史: generic

shop.organicmedialab.com: 鬼談百景: 岡山 天音, 根岸 季衣, 久保田 紗友, 淵上 泰史: generic

淵上泰史

経歴 [編集 ] プロサッカー選手を目指し、にユースチームから入団。 淵上が高校3年時に1年下の世代には 現 、 現 、2年下には 現 が在籍し彼らとチームメイトだった。 トップチームには上がれずに進学するが、その後役者に転向。 デビュー前に、の被写体として見いだされ、その後と出会い、彼の写真集『』に参加。 をしながらでやのを続け、色々な芸能事務所を受けるが門前払いされる。 、方言指導で参加していた映画『』に俳優としても出演し、デビューを果たす。 これがきっかけで現在の芸能事務所に所属した。 ようやく決まった事務所でも、2014年頃までと共に1日4、5件のや映画制作会社を挨拶回りしていた。 、ので演じた新米教師役で話題となる。 、『』で、演じるの不倫相手役で注目を集める。 同年、『』でと共演した。 、『』で初舞台・初主演。 、テレビドラマ『』で、セクシーな俳優として注目を集める。 同年、のを原作とする『』で映画初主演。 出演 [編集 ] 映画 [編集 ]• (2011年6月)• (2012年2月)• (2012年7月)• (2013年3月)• ぼっちゃん(2013年3月) - 岡田コウジ 役• 秘愛(2013年4月) - 川端真治 役• (2013年9月)• (2013年12月)• (2014年11月) - 半次郎 役• 2015年3月)• (2015年1月)• (2015年8月) - 上野耕司 役• (2015年11月)• 2016年3月) - 須藤 役• (2016年6月) - 河合忠男 役• 2016年7月) - 遠藤 役• 2016年9月 - 立花アラタ 役• (2016年10月) - 甲斐 役• 「 地上300mのタダオ」(2016年10月)• (2017年6月) - 主演・壱河光夫 役• 富美子の足(2018年2月) - 野田 役• (2018年3月) - リョウ 役• (2018年9月)- 平野大輔 役• (2018年12月) - セイジ 役• (2019年1月)• (2020年5月22日公開予定だったが、の影響で延期。 公開日は未定。 ) - 役 テレビドラマ [編集 ]• (2011年1月、)• (2011年4月 - 6月、) - 小池晴馬 役• (2012年1月 - 3月、TBS) - 斉田透 役• 野良犬(2013年1月、テレビ朝日)• 第20話(2013年、)• (2014年1月 - 3月、TBS) - 上野耕司 役• (2014年7月 - 9月、) - 萩原智也 役• (2014年10月 - 12月、フジテレビ) - 矢野隆太郎 役• 第23話(2014年11月、TBS) - 佐々木守 役• (2015年4月、・) - 永冨匠平 役• 「自分を信じた男」(2015年4月、フジテレビ) - 強盗 役• 「社内恋愛あるある」(2015年6月、フジテレビ) - 玉木謙一 役• (2015年8月 - 9月、) - 鈴木マサオ 役• (2015年9月 - 11月、) - 岸田裕也 役• 第12話(2016年2月、) - 並木安光 役• (2016年2月、NHK総合) - 中井くん(中井裕也) 役• 第8話(2016年3月、日本テレビ) - 郷田篤則 役• 第5話(2016年3月、WOWOW)• 第4話(2016年5月、TBS) - 根元勇 役• 第7話(2016年、NHK総合) - 北川光雨 役• (2016年、TBS) - 棟平洋司 役• (2017年4月 - 6月、日本テレビ) - 橋本司 役• (2017年7月、TBS) - 上原 洋介 役• (2017年10月 - 12月、テレビ東京) - 満島由紀夫 役• (2018年3月、) - 佐々木新 役• (2018年7月 - 9月、 ) - 牧野隆也 役• (2018年7月 - 9月、) - 和田塚誠 役• カラスになったおれは地上の世界を見おろした。 (2018年11月、) - 菊池隆一 役• (2019年7月 - 9月、テレビ朝日) - 橘祐輔 役• 第1話(2019年10月7日、フジテレビ) - 郡司貴生 役• (2019年10月 - 、フジテレビ) - 駒込和真 役• 第4話 2019年11月、テレビ東京 - 金子陽介 役• 第3話「ハワイで芽生えた恋!? 」(2019年12月29日、フジテレビ) - 彰 役• 第7・8話(2020年2月28日・3月6日、TBS) - 長谷英人 役 配信ドラマ [編集 ]• 結婚させてください!! (2014年5月、)• 「一緒に見ていた」(2016年1月、)• 代償(2016年、) - 諸田寿人 役• (2018年3月 - 4月、・) - 白石俊平 役• 第5話(2018年5月、) - 冴木数馬 役 舞台 [編集 ]• (2015年) - 主演・ダニエル・キャフィ中尉 役• 人形の家(2018年) - ランク 役 CM [編集 ]• 「Google Nexus 7: Dance with Students」(2013年)• (2014年) 写真集 [編集 ]• 『』(2010年) 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• 2015年6月15日. 2016年11月28日閲覧。 2019年11月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2012年2月10日. 2013年10月1日閲覧。 淵上泰史. インタビュー. OKWave. 2017年10月1日閲覧。 2015年6月19日. 2014年10月22日. 2014年9月1日. 2014年10月15日閲覧。 2017年6月9日. 2017年10月1日閲覧。 クランクイン! 2017年6月11日. 2017年10月1日閲覧。 日本語. com. 2018年7月6日閲覧。 com. 2020年4月7日. 2020年5月22日閲覧。 2020年2月7日. 2020年2月7日閲覧。 2019年9月26日. 2019年10月10日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - (英語).

次の

淵上泰史

淵上泰史

このCMでの子煩悩な姿を見た人が、「子供慣れしてる!」というイメージが付いて結婚まで話が膨らんだのでは無いでしょうか? また淵上泰史さんの年齢はもうすぐ33歳なので、「もう結婚してるので?」なんて言われるようになったのかも。 だから淵上泰史さんは結婚をしていない独身貴族です! 淵上泰史の彼女は一般人 淵上泰史さんの事を検索すると「彼女 一般人」なんて出てきます。 これは一体なんなのか!? 淵上泰史は一般人に行ったか~~! 否!! それは違いますよ! なんでもこの「彼女一般人問題」には、意味があるんですよ。 それに関係するのが、若槻千夏さん。 淵上泰史と若槻千夏は付き合っていた? 淵上泰史さんには以前に「若槻千夏さん」との熱愛の噂がありました。 それは、某人気法律番組にて 番組の企画で気になった人に告白をすると言った、お決まりの企画がありました。 その時に若槻千夏さんが淵上泰史さんを指名したそうな!! 当時は淵上泰史さんは、ほぼほぼ「一般人」みたいなもんだったそうです。 そんな淵上泰史さんに若槻千夏さんが「 恋人になる可能性がある友人になってほしい」と告白。 その答えが、 NOではなかった。 そこから、「若槻千夏が熱愛か?」などと言われたそうです。 で、 その頃、淵上泰史さんは「 一般人」みたいなものだった事が今でも言われていると言う説もあります。 つまり一般人とは淵上泰史さんのことだったという事ですね! まぁ他にも、諸説ありますがどれも信憑性が低いでしょうねww 詳しいことは「本人に聞いて下さい」って事で・・・ 若槻千夏さんとの噂も、今では若槻千夏さんが結婚していますから昔の話ですね。 ここでのまとめ 淵上泰史さんが一般人の彼女はいなかった。 一般人とは淵上泰史さん本人の事だった(?) そして若槻千夏さんが彼女ではなかったかもしれないし、付き合って可能性は高いかも! なんか若槻千夏さんが彼女だったと考えると考え深いですな。 淵上泰史さんってサッカーが好きなんだな~くらいで当時は思っていたんですが、淵上泰史さんのサッカーはマジもんだった!! なぜなら、サッカー選手を本気で目指していたそうです! 親元を離れて、ガンバ大阪のユースチームに所属していたそうですよ。 淵上泰史さんは和歌山県出身なので、大阪まで行ったんでしょうか? それが15歳のときだったようなので、高校の時か…すごいな。 でも、その後にサッカーを諦めて俳優の道に進んだんですね。 俳優として成功してよかった!! まとめ イケメン俳優の淵上泰史さん。 そんな淵上泰史さんは結婚をしているのか? 結婚はしていなくて独身でした! そして彼女の噂は、一般人の女性がいるのでは? などと言われていますが、それは違うみたい。 そして以前に若槻千夏さんが彼女ではないかとも言われています。 でも若槻千夏さんは結婚をしているので、これは昔の話ですね。 イケメンな淵上泰史さんですから彼女がいてもおかしくは無いのかもしれません。 でも今は、まずは仕事かな? 淵上泰史さんの今後の活躍に注目です! 当サイトの管理人の「天才ネコ」です。 ネコだって長生きすればテレビも観るし、パソコンだって使えます。 そこで、私が感じ学んだ人間界の「生活のなぞ」を少しでも解決できる情報をアナタにご提供! ちなみに語尾に「ニャ~」は付けませんよ。 最近のコメント• に より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 木村育江 より• に わやはい より カテゴリー•

次の

淵上泰史とはプロフィールは?モトカレマニアでさくらの元カレ役が渋い!

淵上泰史

一応表のテーマはこうなっているが残穢と鬼談百景の作風の違いから見えてくる裏テーマも存在する、残穢はJホラーの定義をちょっぴり破壊しホラー作品としての新鮮さを狙っている、鬼談百景のほうは日頃から熱心にホラーを見ないライト層へのウケを狙ってベッタベタな演出にしている。 ホラー映画は他の映画と評価のされ方が異なる、客を怖がらせるのに失敗すると他がどんなに優れていても駄作の烙印を押されてしまう、それならば怖がらせる事のみに特化して他はJホラーの定義に乗っ取ってサクッと作れば、マウントを取りたがる層を誘導できると考えたのだろう、素晴らしいアイデアだ。 ちなみにJホラーの定義は小中理論などと言われ、簡単に言うと 「幽霊がいきなり怖いツラで出てきても無理、物語は段階が超重要」 「ツラは心霊写真みたいに認識しにくいほうが怖い」 「幽霊は喋るな、やっぱ演者かよwと冷める」 「幽霊のバックボーン説明すると同情されホラーじゃなくね?」 「なるべく身近なテーマでリアルに」 という感じだ、面白いのが辛口なレビューのほうが的確な指摘が多いという事だ、もちろん中身の無いマウントレビューも存在するが。 逆に肯定派は好みもあるが、中身にはあまり触れず残穢が面白いんだから同族作品も面白がれという同調圧力めいた物が多い。 これはっきり言えば単体作品としてはあまり面白くないという評価なのだろう、もう少し言えば呪怨を真似てオムニバスにしたがオムニバスの強みを活かす事ができず飽きが来たという所か。 やはり「空きチャンネル」「どこの子」あたりからのクオリティの低さが見てられなかった、この二つを担当した岩澤宏樹監督はほん呪の人だ、無駄に大きい芝居がとにかく鼻につく。 良い所も書いておこう、安里麻里・大畑創・内藤瑛亮・白石晃士監督作品は各自の個性が出て違う味付けになっており、とても面白かった。 最後になるが怪異の者でドカンと驚かす時はCGに頼らないほうがいい、生放送ではない編集だらけの録画でマジックを見せられドヤられるくらい寒々しい、それと怖い顔の後に悲鳴だと悲鳴が死んでしまうのでもったいないと思うのは私だけだろうか?オムニバス一発目を担当し、残穢の監督も務めた中村義洋監督。 コメディですか? 助長が過ぎる割にうるさいだけで全く怖くないです まず幽霊をハッキリ映すとそれだけ恐怖が減るから止めてほしいですね。 洋画のホラーに影響されたのでしょうか? 怖がりポイントへの盛り上げ方はうまいのに肝心のギミックが下手くそ過ぎます。 高速移動する幽霊とか階段登りきってからローリングする幽霊とか踊り出す子供とか、黒いだけのガンガンうるさい男とか、ふざけてますか? コメディというよりはギャグ寄りで、余りの馬鹿馬鹿しさにゲラゲラ笑ってしまいましたよ。 唯一「続きをしよう」のみは怖くて面白いと感じましたが、それすらも後日談のような一幕が蛇足です。 ああいうのはどうなったか分からないのが肝でしょうが。 残穢の評価が高く、こちらから見た方が良いとのことで期待して、わざわざ深夜に暗くして冷房をかけて少し肌寒くしましたのに、思いっきり期待外れでした。 日本のホラーは海外ものと違って直接的な表現でない?どう見ても直接的、視覚的な表現でしょうが。 幽霊をバーン!と写して「どうや?怖いやろ?」という手法を使うのであれば、せめて幽霊そのもののビジュアルを怖くして下さい。 マイナスを付けたいレベルですね。 視聴した時間を返してほしいです。 淡々と怪談話が進むだけの作品で、正直途中で飽きました。 ひたすら同じ味の料理を出されている感じ。 ただ、短編なので区切りはつけやすく、Primeで無料なのであれば 気が向いたときに再開できるため、私は二回にわけて最後まで観れました。 見る人によってはコメディにしか見えない作品もあるかも。 私は、高速移動しながら平行移動する女性に思わずニヤけてしまいました。 しかし中にはじんわりと怖い作品も混じっており、空いた時間にでも少しずつ 最後まで観てみると良いかもしれませんね。 人の好みは色々あるので、とりあえず一通り観たほうが良いと思いますが、 個人的には他の方も書いてあるように「続きをしよう」は良かったですね。 あと「どろぼう」と「尾けてくる」はいやーな感じに怖さが残る作品で良かったです。 「残穢」も良かったけど、こっちのほうがいい。 1話1話が完全に独立したオムニバス式で、怖い話が展開します。 撮りかた・見せ方・役者の演技がハイレベルでまとまっていて、上質なホラー作品になっています。 ただ、オムニバス方式で内容はピンキリ。 明日にでも誰かに話したくなる良いものから、「えぇ~?w」というものまでイロイロ(基本的にいいものばかりです) 若い人たちの演技がいいっすね、JK役の子たち、小学生役の子たちはバツグンに上手いと思う。 ちょっと惜しかったのが、ラジオが出てくる話。 ラジオをよく聞く人なら、「アンテナ」を伸ばしたりいじったりしないのは、おかしいよなぁ? あと、仕方ないかもですがロケ場所がすごく近代的というか「今風」の学校が多くてちょっとウ~ン…でした。 でも、全体的には良い感じです。 楽し怖しでした。 怖い話短編集。 短編集と言う事でひとつひとつが短いので、ハズレ話でもそれ程に苦痛なく見れるとは思う。 思うが、余りにもハズレ話が多過ぎて話にならん。 全体的にナレーションなどの雰囲気は個人的には悪くないと思うが、オチを付けようとすればする程、稚拙でガッカリする。 「こんな手紙が届いた…」の導入であれば、実際にあった感を出した、もっと取り留めもオチもないモヤモヤした怖さを出した方が良いと思う。 『影男』の夢と現実があやふやだったところまでとか『続きをしよう』の子供ながらの無邪気さとループ入ったところまでのモヤモヤした感じは少し怖さがあって良い感じだった。 怖さは無いが、噂話や妄想の域を出てない感じの『どろぼう』は実際にありそうでちょっと好き。 観ようと思って気を入れてみると損かもしれないが、何となくで垂れ流しにして観る分にはいいかも。

次の