座る と おしり の 骨 が 痛い。 痩せすぎるとお尻が痛い!その原因とふっくらお尻への4つの改善法

座るとお尻が痛い 尾てい骨 尾てい骨が

座る と おしり の 骨 が 痛い

尾てい骨が座ると痛い人の特徴 尾てい骨が痛いと言っても人によって様々な症状があります。 動く時に一瞬痛い• 長く座っていると痛くなってくる• 運転していると痛くなる など 基本的には長く座ったり、動き出すタイミングで痛む人が多いです。 常に痛ければ困りますが、ずっと痛い訳ではないですし、そもそも尾てい骨が痛むってよくわからないですし、人にも言いにくいですし、そんな感じで放置してしまっている人が多くいます。 でも、先に言っておいますが、基本的には尾てい骨の痛みは治す事ができるので、諦めないでください! 尾てい骨が座ると痛い時の5つの原因 基本的に動き出しや長く座る時に尾てい骨が痛む原因は以下の4つです。 この原因がしっかりわかれば対処法も明確になるので、しっかりと確認しておきましょう! 1. 骨折、打撲 骨折や打撲で尾てい骨を痛めてしまう人は多いですが、これは明らかに痛めるタイミングがあるので、自分で自覚している事がほとんどです。 よくあるのは以下の内容です。 尻餅をついた• スポーツでぶつけた• 人に蹴られた 人によってはこれらを数年前に経験した事はあるが、その時に痛みは完全に治っており、数年ぶりに痛みがぶり返した?と思う人もいますが、これはまた違う原因になるので、後ほど解説をします。 仙腸関節障害 仙腸関節とは、簡単にいうと骨盤の事です。 実は骨盤に問題があっても尾てい骨が痛む事があります。 この画像を見てください! 引用: これは、仙腸関節に問題があった100人がどこに痛みが出るのか?という調査結果です。 この結果から100人中数人は尾てい骨にも痛みを感じている事がわかります。 つまり、仙腸関節に問題があると尾てい骨に痛みが出る事が、少数ですがある!という事になります。 尾てい骨も仙腸関節を構成する1つのパーツになるので、痛みが出るのはおかしくないです。 実際に、人が座る時は骨盤に強い負担がかかるため、仙腸関節の問題が起こることもありえます。 さらに言いますと、長く座れば座るほど骨盤への負担も大きくなりますし、このように丸まって座る座り方も骨盤への負担を大きくするので注意です。 筋膜性疼痛症候群 筋膜性疼痛症候群って聞いた事がありますか? これは簡単にいうと、筋膜が硬くなって問題を起こす状態の事を言います。 筋膜性疼痛症候群とは、筋肉と筋肉の間の膜である「筋膜」が原因となって痛みを引き起こす病気です。 特に、筋膜が厚くなったり、滑りが悪くなったりすることによって引き起こされるとされています。 これは長年の間、「原因不明の痛み」とされてきました。 それはレントゲンで痛みの原因を発見することができないからです。 引用: 筋膜という組織は最近になって注目を浴びてきたため、今までは聞いた事がなかった人も多くいると思います。 しかし、近年になって硬くなった筋膜が痛みを出すという事がわかってきています。 筋膜はこのように全身繋がっているので、硬くなる事で様々な場所に痛みを引き起こすんです。 筋肉の問題 尾てい骨には様々な筋肉が着くだけでなく、周りにもたくさんの筋肉があります。 もう、わけがわかりませんよね、、 なので、これらの筋肉に問題が起こるだけでも尾骨に負担がかかり、尾てい骨が痛いという事が起こります。 しかし、ここで注意なのですが、1つ前に紹介した筋膜はこれら全ての筋肉を1本1本包んでいるんです。 つまり、筋肉が正常でも筋肉を包んでいる筋膜に問題が起こっていると、筋肉も正常に動かなくなったり、硬くなったりしてしまうんです。 なので、筋肉の問題がおきている時は筋膜の問題も一緒におきていると考えて大丈夫です。 腫瘍 尾てい骨の周りに腫瘍があっても尾てい骨の痛みは起きます。 仙骨脊索腫 骨盤にある仙骨という骨に悪性腫瘍ができる事がかなり稀にですがあります。 この腫瘍があると、お尻の周りや尾てい骨にいつも痛みやしびれを感じたりする事が多いみたいですが、かなり珍しいのであなたがこれである可能性は少ないと思います。 馬尾腫瘍 馬尾とは背骨にある神経の下の部分の事をいい、そこに腫瘍ができる人がいます。 痛みは尾てい骨から腰あたりにも及ぶ事が多く、特に就寝時など横になったときに痛むという特徴があります。 また、痛みのほかにしびれや歩行障害、排尿・排便障害といったかなり特徴的な症状が起こります。 これも先ほどと同じでかなり珍しいので、あなたがあなたがこれである可能性は低いです。 1番多い原因は筋膜? ここまで色々な原因を説明しましたが、尾てい骨の痛みは筋膜が影響しているケースが多い印象です。 筋膜が影響しているのか?って思う人もいると思いますが、筋膜は筋肉を包んでいたり靭帯や関節にも繋がっているので、様々な悪さをします。 実際に筋膜が尾てい骨の痛みに影響するパターンは2つあります。 昔の怪我が影響している 筋膜は何かしらの怪我などで簡単に硬くなってしまいます。 そのため、例えばですが昔に足首の捻挫をした事がある人は、捻挫の痛みはすでに治っていると思いますが、捻挫の影響で硬くなった筋膜は硬くなったままになっているんです。 また、筋膜は全身繋がっているので、硬さも繋がっている場所に広がっていきます。 そうすると、昔に怪我をしたのは足首なのに、長い年月をかけてお尻周辺まで硬くなってしまうんです。 そうすると尾てい骨に痛みを感じるようになる事は、普通に起こります。 内科的な不調が過去にあった 筋膜というものは筋肉だけでなく内臓も包んでいます。 そのため、お腹の痛みや呼吸器系の不調などで簡単に硬くなってしまいます。 具体的には以下の内容です。 お腹の痛み• 便秘、下痢• 胃炎、胃腸炎• 十二指腸潰瘍• 婦人科系の不調 このような不調を人生で1度でも経験していると、体幹の筋膜が硬くなってしまうため、繋がっている尾てい骨にも痛みを出してしまう事があります。 尾てい骨が座ると痛い人に効くマッサージ 尾てい骨が座ると痛い人は、臀部周辺の筋膜が硬くなっているケースが多いです。 なので、以下のマッサージを試してみてください。

次の

デスクワークでお尻が痛い時の原因と医者オススメの改善方法とは?

座る と おしり の 骨 が 痛い

おしりの骨が痛いときに考えられる4つの原因 おしりの筋肉の疲労や衰えによるもの 長時間同じ姿勢をしていたり、柔らかい素材のソファーに座っていると、体重が分散されず、尾骨に負担がかかります。 そのためおしりの筋肉が緊張し、体を動かしたときに尾骨や筋肉に大きな負担がかかってしまいます。 さらにおしりの筋肉が運動不足や加齢で衰えると、おしりの骨に負担がかかります。 打撲によるもの おしりを強く打ったり、それを繰り返すことによって尾骨が曲がってしまい、痛みを生じます。 激しい衝撃で骨にひびが入り、最悪の場合は骨折していることもあります。 坐骨神経への圧迫によるもの 太ももの後ろに走っている、坐骨神経が飛び出した骨に圧迫され、痛みを生じます。 骨盤のゆがみや腫瘍によって神経が圧迫されていることもあります。 妊娠や出産によるもの 出産の際に、恥骨が広がることで内側に沿っていた尾骨が反り返り、筋肉や靱帯が引っ張られることで痛みます。 また妊娠時には胎児を支える骨盤が圧迫され、坐骨神経に当たることでも痛みが起きます。 さらに痩せすぎでおしりの脂肪が少ないと、直接坐骨が椅子に当たるため、痛みを感じるといったことも原因の一つです。 2 おしりの骨が痛いときに考えられる病気とは? 直接的、間接的に骨に負担がかかり痛みを起こす場合だけでなく、病気によって痛みが生じていることもあります。 おしりの骨が痛いときに考えられる3つの病気 腰椎椎間板ヘルニアによるもの 腰にも痛みを伴う場合に考えられる病気です。 飛び出した椎間板が脊髄の神経を圧迫することで痛みが起こります。 見た目では分からないため、レントゲンで判断します。 尾骨神経痛によるもの 糖尿病、膠原病などが原因で、神経障害が起きることで発症します。 腫瘍 おしりの骨周辺に生じた腫瘍が骨を圧迫することで痛みが起きます。 この他、生殖器に起きた病気が原因で、骨盤が圧迫され、痛みを感じることがあります。 長期間痛みが取れない場合には病院での検査と診察を受けるようにしましょう。 3 なぜおしりの骨が痛くなる? それは姿勢が原因? 座ると必ずおしりの骨が痛むといった場合には、その座り方や普段の姿勢が原因となって起きている可能性があります。 空き時間でできる3つのストレッチ 立ったままでできるストレッチ 軽く足を開いて立ち、片足を曲げて反対側の膝の上に当てます。 両手で膝に乗せた足を押さえながら、ゆっくりと腰を落とします。 息 を止めないように腰を下ろした状態で20秒間バランスを取り、左右で行います。 椅子に座ったままできるストレッチ 椅子に背筋を伸ばして腰掛け、片足を反対側の膝に、外側のくるぶしが当たるよう置きます。 背中が丸まらないよう、おへそが足につくように意識しながら上半身を倒します。 おしりが椅子から浮かないように気をつけましょう。 床に横になってするストレッチ 仰向けに横になり、片方の膝を反対側の膝の上に置きます。 伸ばしている足を曲げて両手で体に引き寄せ、おしりを浮かせます。 背中を丸めないように注意します。 ストレッチをする場合は、痛いけれど気持ちがいい、というところで止めるのがポイントです。 最初はこわばった筋肉が柔らかくなるまで時間がかかりますが、無理に筋肉を伸ばそうとすると逆に傷めてしまいます。 毎日短時間でも続けることで、筋肉の緊張がほぐれやすくなっていきますので、焦らず行いましょう。 さらにゆっくり呼吸をすることで、筋肉の緊張をやわらげますので、ストレッチの間は心がけて呼吸を止めないようにしましょう。 5 おしりの骨の痛みは布団が原因かも? 体に合った寝具の選び方 朝起きたときに腰やおしりに痛みやだるさを感じるときには、マットレスが原因で起きていることがあります。 おしりの痛みを軽減するためにも、マットレスや枕など寝具を見直してみましょう。 腰痛やおしりの痛みを軽減する寝具3つの選ぶポイント 横向きになったときに背骨から腰骨のラインがまっすぐになるようにする 枕やマットレスが柔らかかったり固すぎたりすると、体重が分散されないため腰や足の痛みにつながります。 寝返りが打ちやすく通気性のよいものを選ぶ 寝返りは血行を改善し、筋肉にかかるストレスを軽減します。 また通気性が悪いと寝汗でマットレスや枕の温度が上がり、体が疲労状態になるため、筋肉がこわばってしまいます。 返品や交換に対応している店で購入する マットレスや枕は、お店で横になってみて固さが体にあっていると感じても、実際に何日か使ってみると合わなかったということも十分あり得ます。 安くはない価格のものばかりなので、保証があり、返品に対応しているお店で選ぶようにしましょう。 マットレスを選ぶ場合には、耐久性にも十分に注意する必要があります。 肌に優しい素材と、反発力がしっかりと続くマットレスを選び、睡眠で腰やおしりの痛みを軽減させましょう。 おしりの骨が痛むときに考えられる病気やその原因、症状を緩和する方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか? おしりの骨が痛む場合、坐骨や尾骨が当たっている場合と、神経に骨が当たり、痛みを引き起こしている可能性があります。 毎日何気なくしている姿勢や歩き方のクセが、痛みを引き起こしていることもあります。 特に長時間座る仕事や、車の運転をすることが多い場合は、おしりの筋肉を柔らかくすることで痛みが軽減されます。 さらに柔らかすぎるマットレスや、固すぎるマットレスもおしりの筋肉の緊張を招き、痛みを起こしますので、毎日短時間でもおしりの筋肉をほぐすストレッチを行いましょう。 記事カテゴリー• 135•

次の

あれ!?椅子に座ると尾てい骨が痛い!これって何かの病気?

座る と おしり の 骨 が 痛い

出産時に骨盤が最大に開き産後徐々に骨盤が閉じる過程で、左右の恥骨の高さがずれることで起こる痛み。 恥骨部の痛みを改善するには恥骨の左右の高さをそろえる事が必要になりますが、コレは自分ではむずかしいので、お近くの骨盤強制をおこなっている整体などで、調整することをおすすめします。 その際、恥骨部の調整をお願いして下さい。 女性が悩む身体の不調の原因。 実は骨盤に多くの原因があります。 【骨盤が痛い】骨盤のゆがみが生み出す歪みが、身体のバランスやホルモンバランスにも大きく影響します。 骨盤が歪む4つの原因 日頃あなたが行っている日常のクセが骨盤を歪めている可能性があるのです。 以下の4つに心当りがある方は日頃の生活を改善しましょう。 足を組んで座りたがる原因としては、 左右の足の筋肉の緊張に差があるからです。 骨盤がずれると足の長さが違いますが、 長下肢側の大腿部が緊張しやすいという事がさらに骨盤を歪める原因となります。 それにともない側頭骨と連動している腸骨が歪みます。 片側だけの噛みグセは、 胸鎖乳突筋を緊張させ、肩こり、首痛、歯ぎしり、頭痛の原因にもなります。 左右両方で良く噛んで食べるようにしましょう。 広背筋は骨盤についている筋肉です。 広背筋の左右の筋肉の緊張の差が骨盤の歪みを作ることになります。 小さなお子様がいらっしゃる方、職業柄腰に道具袋等をさげていらっしゃる方は、特に工夫が必要でしょう。 また 骨盤の周りが痛いと感じる方はこの筋肉が原因の場合が多いです。 足を組むのと同じですが、足の筋緊張が異なる事が原因です。 地べたで普段の生活をおこなわれている方は特に注意しましょう。 正確な骨盤矯正とは 正しい位置に骨盤を戻すということは、バキッと音をたてて矯正するのではなく、筋膜の繋がりを使い緊張した筋肉を弛緩させ、骨を元の位置に戻すということです。 ですので、一時的な「骨盤を正しくしました」という表現には気をつけなければいけません。 施術での骨盤の調整はすぐに戻ると考えておいていいでしょう。 これはあなたの日常的な生活の中であなたが行う座り方や姿勢ですぐに戻ります。 正しく調整し自宅でできるケアを行って初めて正しい骨盤が維持できるのです。 ここに痛みがあると骨盤の開閉出来ていません!! 骨盤の一部である仙骨は、深く女性ホルモンと関係しています。 この仙骨が歪むと、骨盤の開閉がうまく出来ずに、骨盤が開いたままになります。 うつぶせに寝てお尻の一番高い部分(上後腸骨棘 骨盤の開閉が出来ていないと・・・・ まず一番多いのが 生理痛が強く 頭痛などの症状がでる。 骨盤が開閉出来ない事で骨盤が開いたままになると、腸骨で支えられていた 内臓が下垂してきます。 骨盤が開いたままになり下垂した内蔵が子宮や卵巣を圧迫します。 さらに生理不順や不妊などの問題が生じさせます。 内臓の機能が低下するので、 冷え性になりやすくなります。 骨盤は頭蓋骨にある後頭骨と連動しているので、骨盤が広がってしまうと、顔の骨格にも影響し顔が大きくなりますし、骨盤が歪むと顔の骨格までも歪んで、顔がいつもむくんで見えてしまうそうです。 そしてさらに 骨盤が広がると、それと同時に お尻も大きくなったり、 下半身に肉が付きやすくなったりします。 骨盤の開閉が仙骨とあわせて基礎代謝と大きく関係があります。 骨盤の開閉が出来ないと代謝もよくありません。 足がむくみ、ふくらはぎなど下腿部の疲れが出やすくなります。 冬場のブーツやソックスを履くと跡が残ってしまうのも骨盤が原因です。 大腿骨は骨盤と連動しているので、骨盤が開くと大腿骨も開き、足が外側に向きやすくなります。 そして、 O脚やX脚になってしまったり、 猫背になったりと、悪い姿勢になってしまいます。 逆に骨盤が閉じたままですと、なかなか 寝付けなかったり、 不眠になったりします。 女性ホルモンと密接な関係のある骨盤 仙骨は女性ホルモンと密接に関係しています。 仙骨が歪むことや呼吸との連動での動きが出来なくなるとで女性ホルモンのバランスがくずれ、 怒りっぽくなりますし、 常にイライラしてしまいます。 更年期障害と呼ばれる諸症状が骨盤の歪みが大きく関係があります。 更年期障害とは、女性の閉経期前後くらいになると卵巣機能が低下し、 女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が低下して バランスが崩れ、様々な症状が起こる症候群です。 仙骨の前側に子宮や卵巣があります。 卵巣では、エストロゲン(美と女性らしさのホルモン)、プロゲステロン(妊娠サポートホルモン)という女性ホルモンを生産しているのですが、仙骨の「ゆがみ」が子宮や卵巣に負担をかけるためにホルモンバランスが乱れ、老化を早めてしまったり、更年期障害や婦人科疾患、生理痛、生理不順などのつらい症状を招くおそれがあります。 また、自律神経とホルモンは密接な関係にあり、ホルモンバランスが乱れる事により、 自律神経失調症を招いたりと、心身に様々な症状が出てきます。 このように、骨盤の歪みは、体のさまざまな部分や精神面に、悪影響を与えることになります。 しかし骨盤の歪みをただし、開閉を促すし仙骨に動きをつける事で体質改善が出来ます。 なので、ホルモンバランスが悪く更年期障害といわれて出される安定剤や抗うつ薬を飲まなくても、これらの症状は改善出来るのです。 お薬を飲んで根本的な改善が出来ますか? 早めに骨盤のチェックとケアを行うことで今迄体質だからと諦めていた女性特有の不調を改善出来る事が出来るのです。

次の