アクア バッテリー 上がり。 アクアでバッテリー上がり|原因や対処法・ケーブルのつなぎ方を解説

アクアでバッテリー上がり|原因や対処法・ケーブルのつなぎ方を解説

アクア バッテリー 上がり

アクアのバッテリー上がりを解消する前に知っておきたいこと まず、アクアのバッテリー上がりを解消するためには、バッテリーについて知っておかなければなりません。 ハイブリッド車は従来のガソリン車と仕様が異なりますので、注意してください。 アクアにはふたつのバッテリーがある 従来のガソリン車の車載バッテリーはひとつであるのに対し、アクアはハイブリッド車であることから「補機バッテリー」と「駆動バッテリー」のふたつが車載されています。 ハイブリッド車では、ガソリン車のバッテリーの役割をふたつに分けているのです。 補機バッテリーとは、電装品に電気を流すためのバッテリーです。 電装品とは、車内の電灯やヘッドライト、カーナビやエアコン、オーディオなどの電気を必要とする車載機器のことです。 駆動バッテリーとは、主にエンジンの始動の際に使用するバッテリーです。 駆動バッテリーは207Vと大容量です。 また、ニッケル水素やリチウムイオン電池であることから、長寿命であり、ほとんど交換の必要はありません。 バッテリー上がりの原因となるのは基本的に補機バッテリー エンジンを動かすのは駆動バッテリーであることから、駆動バッテリーの充電があれば走行ができる気がします。 しかし、補機バッテリーは車内に電気を供給する役割があります。 補機バッテリーが上がってしまうと、制御システムが働かなくなり、どんなに駆動バッテリーの充電があってもハイブリッドシステムが起動しないためエンジンがかからなくなってしまうのです。 また、補機バッテリーは寿命になると性能が低下してしまうため、バッテリー上がりが起こりやすくなるのです。 バッテリー上がりの場合の症状 アクアには、バッテリーの残量が表示されるようになっています。 ただし、この表示は駆動バッテリーの残量であるため、バッテリー上がりの原因となる補機バッテリーとは関係がありません。 補機バッテリー上がりが起きてしまったときにあらわれる症状としては、電装品が使えないことによる、ドアロックの解除不能、メーターのランプが付かない、エンジンがかからないということがあります。 少しだけバッテリーの充電が残っている状態だと、ドアロックはできるがエンジンがかからないという症状がでることもあります。 アクアのバッテリー上がりを解消する方法 アクアでバッテリー上がりが起きてしまったときに、解消する方法が3つあります。 3つそれぞれご紹介しますので、状況にあった対処方法を選びましょう。 自分で解消する 自分で解消するには、「ジャンピングスタート」という方法をとります。 この方法は、他の車のバッテリーから電気を供給してもらうことでエンジンをかけるというものです。 そのため、救援を手伝ってくれる車を探さなければなりません。 また救援車が必要ない「ジャンプスターター」というバッテリーを使用して、エンジンをかける方法もあります。 ジャンプスターターが救援車の役割を果たしてくれるため、救援車を探す必要がなく、ひとりでも対処してエンジンをかけることができますよ。 バッテリー上がりの救援業者に依頼する 自分でバッテリー上がりを解消するには、救援車や道具が必要になります。 用意がない場合には、バッテリー上がりが起きたときに出張してくれる救援業者に依頼することができます。 対処法は同じく、ジャンピングスタートをさせてエンジンを動かす方法です。 専門の業者であることから手際よく対処してくれることでしょう。 近くの業者を選ぶことで、出張費などがかからず、遠くの業者を呼ぶより割安でサービスを受けることもできますよ。 現在地の近くの業者がわからないというときには、近くのスタッフを派遣するサービスをおこなっている業者もありますので、活用するととても便利です。 ロードサービスに依頼する 加入している自動車保険のロードサービスに依頼すると、バッテリー上がりは無料で対処してもらうことができます。 保険会社によってサービス内容は異なりますが、バッテリー上がりのジャンピングスタートは無料のサービスであることが多いです。 バッテリーが寿命である場合には交換となるため、バッテリー購入代が必要となる場合があります。 ただし、保険会社によってサービスの回数制限が設けられていたり、サービスの対象でない場合があるので、確認しておきましょう。 サービス対象でない場合には、実費が必要となり1万円を超える費用がかかってしまうかもしれません。 アクアのバッテリー上がりをジャンピングスタートで解決する方法 アクアのジャンピングスタートの方法をご紹介します。 ジャンピングスタートは電気を扱うことから、手順を間違えると火災が起きてしまうことがあります。 焦らず確認しながらおこないましょう。 救援車を準備する アクアでバッテリー上がりが起きてしまったときには、まず電気を分けてもらう救援車を見つけましょう。 家族や友人を頼れないときには、近くを通行する車に声をかけてみてください。 ケーブルをつなぎやすいように、故障車と向かい合わせになるように停めてもらいましょう。 救援車は基本的に、同じ電圧のバッテリーの車であれば適応できます。 しかし、ハイブリッド車は従来のガソリン車と仕組みが異なるため、救援車として使うことはできません。 故障のおそれがあるので、救援車を依頼するときにはハイブリッド車でないか確認しましょう。 ただし、ハイブリッド車が救援を受けるのは構いません。 救援端子を正しくつなぎ救援車のエンジンをかける ブースターケーブルを正しくつなぎ、電気を供給してもらいます。 アクアの補機バッテリーは右の後部座席の下にありますが、救援用の端子がボンネットのエンジンルームにあるので、そこに接続します。 アクア(故障車)の救援用端子(プラス)に、赤いケーブルをつなぐ 2. 救援車のバッテリーのプラス端子に赤いケーブルをつなぐ 3. 救援車のバッテリーのマイナス端子に黒いケーブルをつなぐ 4. アクアのボディやエンジンルーム内の金属部に黒いケーブルをつなぐ この順で正しくブースターケーブルを接続させたら、救援車のエンジンをかけます。 エンジンをかけて数分経った頃に、アクアのエンジンをスタートさせてください。 これでエンジンがかかったらジャンピングスタートは成功です。 アクアのエンジンがかかっても止めずに、ブースターケーブルを外します。 つけたのとは逆の手順で外したら、ジャンピングスタートは終了です。 アクアのエンジンがかかったらしばらくドライブして充電する 30分ほどエンジンをかけたままにしておいたら、ドライブをしましょう。 エンジンの回転数によって発電されるため、充電するには走行するのが効率的です。 アクアのバッテリー上がりを解消する際の注意点 アクアのバッテリー上がり解消のためにジャンピングスタートをおこなう際に、注意すべき点についてご紹介します。 ジャンピングスタートは正しくおこなわないと、ショートをおこしてしまうことがあります。 気をつけましょう。 救援端子がエンジンルーム内にないこともある エンジンルームに救援端子がない場合や見つからない場合には、右の後部座席にある補機バッテリーに直接つないでジャンピングスタートをおこなうことができます。 後部座席のカバーを外すとバッテリーがでてくるので、接続の順番は変えずにブースターケーブルをつないでください。 もしもわからない場合には、業者やロードサービスに依頼して対処してもらいましょう。 ジャンピングスタートは難しい作業はありませんが、間違えると車を丸焦げにしてしまうこともあります。 気をつけておこなうことが大切です。 補機バッテリーの寿命がきている場合は交換が必要 ハイブリッド車のバッテリーはガソリン車より長持ちです。 ガソリン車のバッテリーが2~3年で寿命と言われますが、ハイブリッド車の補機バッテリーは3~5年、駆動バッテリーは半永久的です。 バッテリーの寿命が訪れると性能が落ち、バッテリー上がりもしやすくなります。 また、バッテリー上がりを1度でも起こすと、バッテリーに負担がかかることで劣化してしまいます。 劣化すると、さらにバッテリー上がりがしやすくなったり、エンジンがかかりにくくなったりという症状があらわれてしまうのです。 そのため、ジャンピングスタートなどで何回もバッテリー上がりを解消するよりも、バッテリーを交換する方がよいケースもあります。 アクアの補機バッテリーを交換するには、後部座席を外してバッテリーを出します。 バッテリーは固定されているので、まず固定している金具を外してください。 次に、マイナス・プラスの順番で端子を外すと補機バッテリーをひっぱり出すことができますよ。 新しいものを接続するときには外したときとは逆の手順でつけていきましょう。 まとめ アクアのバッテリー上がりが起きたときには、自分で対処・業者やロードサービスに依頼するという対処方法をご紹介しました。 バッテリー上がりは急に訪れます。 ブースターケーブルやジャンプスターターをもっていないときには、業者やロードサービスに依頼するとスムーズに解決できますよ。 焦らず、状況にあった対処方法を選びましょう。

次の

トヨタアクアのバッテリーの寿命は?

アクア バッテリー 上がり

プリウスのバッテリーが上がりドアが開かない原因1 プリウスは最新の設備を装備したハイブリッド車です。 普通のガソリン車にはバッテリーは1つですが、プリウスにはバッテリーにが2種類あり、それぞれ役割があるのです。 「 駆動用バッテリー」は メインのバッテリーで、インバーターモーターを動かして エンジンを かける為にあります。 「 補機バッテリー」は補助バッテリーとして、 装備系を 動かす為にあります。 プリウスの駆動用バッテリーはメインバッテリーともあり、高電圧で出力が高くなります。 交換するのに10万円位かかるのですが、お金がかかるのでつい長引かせて使用していると、バッテリー上がりが起こり易くなります。 プリウスのバッテリーが上がりドアが開かない原因2 プリウスのドアが開かない場合には、 電子キーの 電池が 切れた可能性もあります。 電子キーの電池切れの場合、残量が少なくなると表示が出るので事前に分かります。 ボタンを押して点灯するのであれば、バッテリー上がりだと思って良いでしょう。 バッテリーが上がる直接の原因として最も多いのは、 ルームライトを 付けっぱなしにしている、というものです。 子供がいる場合、車を降りる際に子供の世話をするのにルームライトを付ける場合もあります。 後部座席のルームライトが付けっぱなしで一晩放置すると、補機バッテリーが上がってしまうのです。 プリウスはハイブリッド車なので、エンジンを切ればルームライトも 自動消灯すると思っている人もいますが、ここは マニュアル操作が 必要です。 スポンサーリンク プリウスのバッテリーが上がりドアが開かない時の対処法1 プリウスのバッテリーが上がりドアが開かない時の対処法としては、まずドアを開けることが大切です。 マニュアルで ドアを 開けるには、スマートキーに内臓されている メカニカルキーを使います。 スマートキーに PUSHという部分があるので、そこを 押せばメカニカルキーが 取り出せる様になっています。 このメカニカルキーで昔ながらの車の様に手動でドアを開けるのですが、この時にちょっとしたコツがあります。 人はつい癖で、鍵を開ける時に右側に回してしまいがちです。 しかしドアロックを解除する時には左に回す様にしましょう。 一度右に回してしまうとそのまま左に回しても開錠せずに焦ってしまいます。 そんな時には落ち着いて一度カギを抜き取り、再度さし込んで左に回す様にしましょう。 プリウスのバッテリーが上がりドアが開かない時の対処法2 プリウスのバッテリーが上がってしまうと、 バックドア(トランク)も 開かなくなります。 プリウスは、トランクのドアに カギ穴が ないので、一度メカニカルキーで 運転席のドアを 開けて、 車内から 操作しなければなりません。 バックドア開錠ボタンの位置はモデルにより違うので、一度取扱説明書を確認しておきましょう。 バックドアが開いたら、エンジンがかかるかも試してみます。 プリウスでは 電子キーの 電池切れの場合、運転席の パワースイッチで エンジンを かけることができます。 そこでエンジンがかからなければ、電子キーの問題ではなく完全にバッテリー上がりだと判断できます。 スポンサーリンク プリウスのバッテリーが上がりドアが開かない時の対処法3 プリウスのバッテリーが上がりドアが開かない場合の対処法としては、以下の3つがらあります。 ・他の車とブースターケーブルでつなぎ、充電して貰う ・JAFを呼ぶ ・加入している自動車保険でロードサービスが利用できる場合連絡する ・ジャンプスターターで自分で充電する ホテルや レジャー施設などの場合、殆どのところで ブースターケーブルがあり、 充電して貰えます。 しかし郊外の知らない場所で赤の他人に充電を頼むというのは中々できないものですので、出来れば自動車保険に加入の際に、ロードサービスを付帯しておくのがおすすめです。 プリウスのバッテリーが上がりドアが開かない時の対処法4 プリウスでバッテリーが上がりドアが開かない場合には、メカニカルキーでドアを開けることはできますがエンジンはかかりません。 最近では補機バッテリーを補充できる ジャンプスターターという 小型の バッテリーがあるので、購入しておくと良いでしょう。 充電して持ち歩くだけですぐにバッテリーを回復することができて、プリウスの説明書にも記載があります。 エンジンが かかったらしばらく そのままにして 充電をすれば走行できる様になります。 車の知識がないという人でも簡単に操作できますので、 最終的には JAFを 呼ぶとしても備えておくにこしたことはありません。 愛車を 一番高く売るにはどうしたらいいの?? あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。 でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?• 適正価格が分からない• ディーラーの言葉を信用していいのだろうか• きちんと査定してくれているのか心配• 交渉するのが苦手• 言われるままの値段で売ってしまいそう• 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい 普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。 でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです! それが…… 一括査定! ディーラーだと30万円の買取が 一括査定すると80万円になることも! なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が 最大10社同時査定してくれるから。 あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです! 無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

次の

アクアのバッテリー上がりを解消!その方法と注意点について|生活110番ニュース

アクア バッテリー 上がり

アクアでバッテリー上がり|原因や対処法・ケーブルのつなぎ方を解説 急に車のバッテリーが上がってしまうと、どうするべきかわからず慌ててしまうものです。 ところが、バッテリー上がりは意外と簡単に直すことができるということをご存知でしょうか。 アクアのようなハイブリッド車は、通常の車とバッテリーの構造が異なります。 そのため、少し注意しなければならないこともありますが、要点さえ押さえてしまえば簡単にトラブルを解消することができるのです。 この記事では、アクアに焦点を置き、バッテリーが上がった場合の対処法やバッテリー上がり防止の方法を紹介していきます。 正しい方法で安全にバッテリーを復活させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。 アクアでバッテリー上がりが発生|原因と対処法 バッテリーが上がる原因を知れば、バッテリー上がりを未然に防ぐこともできます。 そして、突然バッテリー上がりが起きたときにスムーズに行動できるよう、対処方法についても確認していきましょう。 アクアのバッテリーが上がる原因は? アクアのバッテリー上がりの原因は、ガソリン車と同じです。 トヨタのアクアには、2種類のバッテリーが搭載されています。 ひとつは「補機バッテリー」と呼ばれ、ガソリン車と同じバッテリーの役割を持っています。 もうひとつの「駆動用バッテリー」は、エンジン始動やモーターの駆動に使用されます。 この2つの内、「補機バッテリー」が原因でバッテリー上がりが起きるのです。 補機バッテリーが上がるおもな原因は、以下のとおりになります。 ・ライト類のつけっぱなし 停車中にライトをつけっぱなしにしていると、電力が蓄積されず消耗されていきます。 そのため、バッテリー上がりの原因になるのです。 また、ライトだけでなくエアコンのつけっぱなしでもバッテリー上がりは起こりえます。 ・長期間運転しないで放置 長時間運転しないで放置していると、電力は自然放電して消耗していくためバッテリーが上がりやすくなります。 ・バッテリーの寿命 バッテリーの寿命が近づくとうまく充電することができず、突然バッテリー上がりが起きることも考えられます。 アクアのバッテリー上がりの対処法は3つ ここからは、アクアでバッテリー上がりが起きたときの対処法をご紹介していきます。 ブースターケーブルを使用 救援車とアクアのバッテリーに、ブースターケーブルをつないでエンジンをかける方法です。 ブースターケーブルとは、バッテリーのプラス端子とマイナス端子をつなぐ赤と黒色のケーブルです。 バッテリー上がりでエンジンが動かなくなったときにブースターケーブルで車同士をつなぐことで、アクアのエンジンを駆動させることができます。 ブースターケーブルの使用方法に関しては、後述の「ブースターケーブルのつなげ方と注意点」を参考にしてみてください。 専用の充電器を使用 「ジャンプスターター」という専用の充電器があれば、1人でバッテリー上がりを回復させることができます。 多くの電力を供給できるものやエンジンをかけられるところで充電を停止するものなど、種類はさまざまです。 使い方は、ケーブルを救援端子に接続してから充電器の電源を入れるだけと、とても簡単です。 しかし、ジャンプスターターを充電するためには家庭用コンセントが必要です。 いつでも使用できるよう、常に充電がある状態にしておかなければならないことには注意が必要です。 ロードサービスや業者に依頼 ブースターケーブルや救援者、専用の充電器が手元にない場合は、ロードサービスや業者に依頼をしましょう。 バッテリー上がりは、いつ起きるかわからないものです。 そのため、もしものときにスムーズに動けるよう、依頼する業者をあらかじめ決めておくとよいかもしれません。 業者に依頼するといくらかかる? 業者にバッテリー上がりの回復の出張依頼をすると、8,000~13,000円前後かかります。 ガソリンスタンドやディーラーに車を持ち込んで充電をおこなうと数千円で済むようです。 しかし、業者を出張依頼して呼ぶ場合は出張費がかかるため、費用は高くなってしまいます。 突然バッテリー上がりが起きてしまい身動きがとれなくなったら「カーバッテリー110番」へご相談ください。 カーバッテリー110番では、バッテリー上がりを解決するプロの業者をご紹介しております。 24時間体制で電話受付をおこなっておりますので、早朝・深夜でも安心してご利用いただけます。 ブースターケーブルのつなげ方と注意点 バッテリーが上がったアクアのエンジンをかける方法として、ブースターケーブルをつなぐ方法があります。 ブースターケーブルをつなぐ際は、手順を間違えないようにしましょう。 間違えてしまうと、車を故障させてしまうかもしれません。 【手順1】まずは救援端子を確認しよう アクアの救援端子 プラス は、エンジンルームの助手席側にある「フューズボックス 黒い箱 」の中にあります。 フューズボックスを開け、赤いカバーに「+」と書かれた場所が救援端子です。 アクアの年式によっては救援端子がない場合があります。 そのような場合は、補機バッテリーに直接つなぎましょう。 補機バッテリーは、後部座席の運転席側の下にあります。 マイナスの端子は、エンジンルームにはありません。 そのため、マイナスのバッテリーにつながっている配線につなぎます。 基本的にエンジンルーム内の鉄部分 ボディーアース であれば、マイナスを通っています。 そのため、エンジンルームの鉄部分に接続してください。 【手順2】応急用の端子を開ける 救援端子の場所が確認できたら、プラス端子をつなぐためにフューズボックスを開けましょう。 そして「+」と書かれた赤いカバーを開け、端子にブースターケーブルを接続していきます。 【手順3】車に赤色 + 端子を接続する ブースターケーブルは、赤と黒色にわかれています。 赤をプラス端子、黒をマイナス端子につなぎます。 まずは、アクアに赤色のブースターケーブルをプラス端子に接続してください。 そのあとに、救援者のバッテリーのプラス端子に接続をします。 【手順4】車に黒色 - 端子を接続する マイナス端子を、救援車のバッテリーにあるマイナス端子につなぎます。 その次に、アクアのボディーアースにつないでください。 アクアにマイナス端子をつなぐときに火花がでることがありますので、注意して作業をおこないましょう。 【手順5】車のエンジンをかける 接続したあと、救援者がエンジンをかけて、アクセルを踏み充電させていきます。 2分ほどしたらアクアのバッテリーが回復してきますので、エンジンをかけてみましょう。 エンジンが動けば、30分程度走行させてバッテリーを充電します。 そうしたら、バッテリー上がりは解決です。 ケーブルをつなぐときに気をつけたいこと ケーブルをつなげるときに、オートロックが作動することがあります。 そのため、スマートキーは車外に出すようにしてください。 また、ケーブルのつなぎ方の手順を間違えると、車がショートすることがありますので注意しましょう。 ブースターケーブルが手元にない場合や救援者を用意できない場合は、ロードサービスや業者を呼びましょう。 カーバッテリー110番は、バッテリー上がりを解決するプロの業者を紹介しております。 日本全国に対応しておりますので、友人や家族を呼べない遠地でもお気軽にご相談ください。 迅速に対応させていただきます。 バッテリー上がりを防ぐにはどうする? バッテリー上がりを防ぐためには、バッテリーが上がってしまう原因を知ることが大切です。 アクアのバッテリー上がりの原因はライト類のつけっぱなしや寿命、車を走行させていないなどがあります。 バッテリー上がりの防止方法はとても簡単ですので、この機会にぜひおこなってみてはいかがでしょうか。 ライトのつけっぱなしを控える バッテリー上がりが起きる原因のなかで多いのが、ライト類の消し忘れです。 車の停車中にライトをつけたままで、離れてしまうことでバッテリー上がりが起きます。 停車中にライトをつけたままにしていると、電力が消耗される一方で蓄積がされていきません。 そのため、室内灯やヘッドライト、ハザードランプなどをつけたままにしておくのは控えましょう。 車を定期的に走らせる 車を定期的に走らせることで、バッテリー上がりを防ぐことができます。 アクアの補機バッテリーは、車を走らせることで充電することができるからです。 車を走らせるといっても、短い距離では意味がありません。 走行距離が短いと、バッテリーの蓄積電力量が少なくなります。 そのため、十分に充電をおこなうためには、20分~30分は走行させるようにしましょう。 定期的なメンテナンスをおこなう バッテリー上がりをおこさないようにするためには、定期的なメンテナンスが大切です。 定期的にバッテリーの状態を確認することで未然に防ぐことができます。 メンテナンスの仕方は、「バッテリー液の確認」と「電圧測定」があります。 バッテリー液は、バッテリー本体の側面の小窓から量を確認しましょう。 バッテリー液が少なくなっていたら、補充用のバッテリー液を入れてください。 電圧測定でのメンテナンスは、「バッテリーチェッカー」を使っておこないます。 車のシガーソケットに差し込んで電圧を測るものや、バッテリー本体につないで計測するものなど種類はさまざまです。 アクアに使用されている補機バッテリーは、3~4年が寿命といわれています。 そのため、使用年数に合わせてバッテリーを定期的に交換するとよいでしょう。 バッテリー上がりが起きたら、早めに対処しよう バッテリー上がりは、自然回復することはありません。 アクアがバッテリー上がりをおこしたときの対処法として、ブースターケーブルをつなぐ方法と専用の充電器を使う方法がありました。 もし、どちらも持ち合わせていない場合は、ロードサービスやプロの業者を呼びましょう。 バッテリー上がりでお困りのときは、「カーバッテリー110番」にご連絡いただければ迅速に対応致します。 弊社は、バッテリー上がりを回復させるプロの業者を紹介しております。 日本全国を対象にプロの業者を紹介することができますので、どこでバッテリー上がりが起きても安心してご利用いただけます。

次の