ゆで卵 水から 時間。 【ゆで卵】水からのゆで時間とストレスフリーな切り方

水から茹でる版!半熟から固茹でまで、ゆで卵の茹で時間早見表|お料理まとめ

ゆで卵 水から 時間

ゆで卵は沸騰してから何分?(半熟) 黄身が固まっていない半熟状にしたい場合は 沸騰してから4分から6分程度 茹でてください。 4分だと温泉卵程度、 6分だと半熟状態になります。 ゆで卵を切った時に、 黄身が少し流れ出すくらいの状態が 好きな人にお勧めです。 黄身が固まっているものの 水分を多く含み、しっとりとしていて 柔らかい半熟にしたい場合は 沸騰してから7分から9分程度 茹でてください。 7分だとわずかに液状の部分も 見られるくらいの半熟加減で 9分だと全体的にしっとりとしながら 固まっているくらいの半熟加減になります。 ある程度固まっていながら、 しっとりとした柔らかい状態が 好きな人にお勧めです。 ゆで卵は沸騰してから何分?(固ゆで) 黄身がしっかりと固まって 水分も少ない固ゆでにしたい場合は 沸騰してから10分から13分程度 茹でてください。 10分だと中央付近は まだ少ししっとりとした状態で 13分だと黄身全体が固まって 黄色くなった固ゆでになります。 しっかりと固まった状態が 好きな人にお勧めです。 3つの状態に分けて説明しましたが 説明にあるように細かい違いがあるので 自分好みの状態に適した 時間を見つけてください。 上記の時間の通り茹でても、 必ずしもそのようになるとは限りません。 これは、• 鍋の素材や厚み• ガスやIHの火力や熱の伝わり方• 水の量 などが各環境で異なるためです。 さらに水から茹でた場合は 沸騰するまでの間の茹で加減が 微妙に変わってしまう場合もあるので 条件を一定にしたい場合は 沸騰させた後に卵を鍋に投入しましょう。 ただし水から茹でた場合に比べて 殻にひびが入りやすくなるので 注意しましょう。 茹でる前に卵を冷蔵庫から出して 常温に戻しておくと ひびが入りにくくなります。 今回まとめた時間はあくまで目安です。 自分好みのゆで卵にこだわるのであれば 自分の環境下で 自ら時間を計って、 最適な時間を見つけるしかありません。 一度見つけてしまえば 以後はその時間通りに茹でるだけになるの 調理する際に是非挑戦してみてください。

次の

ゆで卵の茹で時間・水から何分?7・10・12分実際に試した結果は?

ゆで卵 水から 時間

卵殻部:卵殻部はさらに、「クチクラ」「卵殻石灰層」といった層が重なっており、ほぼ炭酸カルシウムでできているため硬く、卵の中身を守っている。 卵殻には、「気孔」と呼ばれる無数の穴があいており、卵黄の成長に必要な酸素を取り込む作りとなっている。 通常は極薄い「クチクラ」が「気孔」を覆い空気だけを通しているのだが、鮮度が落ちたり洗ったり、気温が高くなったりすることでこの「クチクラ」は簡単にはがれおち、空気や微生物が入りやすくなる。 新鮮なたまごは表面がざらざらしているが、このざらざらの正体は「クチクラ」である。 卵殻膜部:卵殻に密着した薄い膜で、「外卵膜」と「内卵膜」の2層から成る。 卵を酸に漬け込むと卵殻は溶けるが、卵殻膜は溶けないほど丈夫。 卵の鈍端部(尖ってない方)では卵殻から離れており、そこにできた空間は「気室」と呼ばれる。 産卵直後のたまごにはほとんど見られず、産卵後1時間ほどくらいから、時間の経過とともに大きくなっていく。 ゆで卵のからがむきにくい状態として、卵殻膜と卵白がくっついてはなれず、むりにむこうとして卵白もはがれてしまう、ということが多いだろう。 ゆで卵のからをむきやすくするテクニックの1つに、卵をゆでたあと急速に冷やす、というものがある。 卵がゆでられていくと、気室部分の圧力が増し、気室にあった空気は殻にあいた気孔から外部へと押し出されていく。 そして、加熱により膨張していた卵白のたんぱく質が、急冷により収縮し、収縮率の異なる卵殻膜との間に隙間ができ、殻がむきやすくなるといわれている。 さらに、流水に浸しながらむくことで、卵と卵殻膜とのすきまに水がはいりこんで、よりむきやすくなるようだ。 逆に、ゆで卵が熱い状態であれば、もちろん熱くて手でむきにくい、ということもあるが、自然に冷ましたものも、卵殻膜と卵白はくっついたままになりやすい。 ゆでた時の熱で膨張したままの卵白と卵殻膜が接したまま自然に温度が下がっただけであるため、殻がむきにくいのだ。 このように、卵の構造や性質により、ゆで卵はゆでたてを急冷することで殻がむけやすくなる。 また、急冷することで卵の加熱しすぎを防ぐことができ、食感やできあがりの状態をコントロールしやすくなる。 生みたての卵はゆで卵に向かないといわれる。 それには2つの説がある。 前述したように、産卵直後の卵は、気室の部分が小さくクチクラが気孔を覆っているため、新鮮な卵白部に含まれる炭酸ガスが卵内部にとどまったままになっている(卵白pHが低い状態)。 卵白pHが低いと加熱により卵殻膜(うす皮)と卵白が結びつきやすくなるためうまくむけなくなってしまう、という説がひとつ。 もうひとつは、卵白中の炭酸ガスが気化することで卵白の内圧が高まり、卵白と卵殻膜が卵殻に強く押し付けられてしまうため、とする説だ。 いずれにしても、新鮮な卵の殻がむきにくいのは卵白の炭酸ガスに起因しているのだが、卵内部の炭酸ガスは、保存しているうちに気孔から抜けていくため、殻もむきやすくなる。 このように、ある程度日数の経った卵の方がゆで卵にむいているわけであるが、買ったばかりの卵でゆで卵を作らなければならないことも多いだろう。 その場合は、ゆでる前に、気室のある部分にピンで小さな穴をあけたり、スプーンで軽くたたいてヒビを入れるなどのひと手間をかけておくとよい。 もちろん、穴をあけすぎて中身が外に流れ出たり、中の卵黄を破ってしまうと失敗であるが。 そして、好みの時間卵をゆでたあと、少しの間乾かしておき、氷を入れた水に一気につけて急速に冷やす。 このとき殻にヒビを入れ、流水で洗うようにするとするっとむきやすくなる。

次の

ゆで卵は沸騰してから何分?半熟の時間はコレだ!

ゆで卵 水から 時間

1 鍋に卵を入れます。 幾つでもOK! 作りたいだけ(重ねずに)並べて下さい。 2 水を鍋の底から1cmくらい入れます。 3 強火にかけます。 沸騰したらフタをして、中火にします。 3分間茹でます。 4 3分経ったら、火を止めます。 そのまま5分間放置します。 半熟卵は短めに。 手が熱い人は、水に濡らしながら剥いて下さいね。 ホーロー鍋や土鍋は長く保温できます。 冬場や寒い所では、バスタオルで包んでおくと熱が逃げ難いのでしっかり余熱保温できます。 14) 2015. 14 10:46 こんにちは。 楽天レシピスタッフです。 いつも楽天レシピをご利用いただきありがとうございます。 このたび、こちらのレシピが2015年閲覧数ランキング第2位になりました。 おめでとうございます!! つきましては、『2015年 年間人気レシピランキングTOP10』特集ページに掲載させていただきましたので、ご報告させていただきます。 rakuten.

次の