ニーア リン カーネーション。 リインカーネーション

『ニーア リィンカー ネーション』のゲーム映像公開!気になるガチャについてのコメントも [ファミ通App]

ニーア リン カーネーション

本作は2010年4月にPS3で発売された「ニーアレプリカント」バージョンアップ版。 開発はトイロジック。 ニーアレプリカントではスマッシュヒットとなった「ニーア オートマタ」の世界が形成されることとなった始まりの物語が描かれます。 主人公は辺境の村に住む心優しい少年。 ゲームはフルボイス&再録で展開。 キャストに関しては白の書役だった池畑慎之介さんが芸能活動を休止していることから、声優は安元洋貴さんが務めます。 主人公(少年):岡本信彦• 主人公(青年):遊佐浩二• ヨナ:野中藍• 白の書:安元洋貴• タイトル:NieR Replicant ver. 22474487139…• 対応機種:PlayStation4/Xbox One/Steam• 発売日:未定• 価格:未定• ジャンル:アクションRPG• CERO:審査予定• 開発:トイロジック スマホ向けに「ニーア リィンカーネーション」発表.

次の

リインカーネーション

ニーア リン カーネーション

『NieR』シリーズ最新作『NieR Re[in]carnation』リリース決定! 3月29日 日 にスクウェア・エニックスは、 『NieR』シリーズ最新作となるiOS、Android用RPGの 『NieR Re[in]carnation』(ニーア リィンカーネーション)を発表しました。 公式サイトとティザートレーラー、公式のTwitterアカウントも公開されましたよ。 価格形態は基本プレイ無料 アイテム課金制 本作でも齊藤陽介さんがプロデューサー、ヨコオタロウさんがクリエイティブ・ディレクターを務めるほか、メインキャラクターデザインを吉田明彦さん、コンセプトアートを幸田和磨さん、音楽をMONACAの岡部啓一さんが担当します。 こ、これは 『NieR』シリーズの前作となる 『NieR:Automata』でも名を連ねていた豪華なメンツじゃないですか・・・。 これは期待せずにはいられないですね。 『NieR Re[in]carnation』ってどんなゲームなの? まだ詳しいことはほとんど明らかになっていませんが、 『NieR Re[in]carnation』の告知と同日に行われた、「 」の中でプロデューサーの齊藤陽介さんとディレクターのヨコオタロウさんが 『NieR Re[in]carnation』について語った言葉を書いた記事を見つけたので掲載しておきます。 『ニーア リィンカーネーション』の開発コードは「ダーク」。 齊藤P 「みなさんに早くゲーム画面を見てもらいたい。 初見だとスマホに見えない。 それくらい真剣にゲームを作った。 マルチプラットフォームにしたいくらい」 「稼げなくてもいい。 一石を投じられればいい。 『ニーア』だからスマホの世界にこういう切り口で来るんだ。 それくらい新しい試みだと思っている。 全然稼げなくて首になっても、ブッコロ(ヨコオタロウ氏が代表取締役を務める会社)に入ればいいだけ(笑)」 「近いうちに見せられると思う。 唯一の問題はディレクターがイケメン」 ヨコオD 「よくあるような煽り文句だけじゃなくて、本当に新しくて困惑するほど。 変なギョッとするタイプのゲーム」 通常のスマホゲームとは一線を画したゲームとなっているということでしょうかね。 気になりますね。 2020年4月18日 土 にプレイ動画を公開! 「ファミ通電撃アワード2019」の発表・授賞式にて、スマートフォンでの実機プレイ動画が公開されました。 発表・授賞式で流されたビデオには 『NieR ニーア 』のクリエイティブディレクター・ヨコオタロウ氏(ブッコロ)、プロデューサー・斉藤洋介氏(スクウェア・エニックス)、ディレクターの松川大地氏(アプリボット)が登場し、 『NieR Re[in]carnation』の最新情報が発表、実機映像がお披露目されたとのこと。 ヨコオさん曰く、 『NieR Re[in]carnation』にはガチャがあるようです。 公開された動画は「メインのシナリオを進める場所」なのだとか。 スマホゲームとは思えない映像ですね。 世界観と岡部さんが手掛けるサウンドもまさに 『NieR』シリーズそのものです。 Twitterにて『NieR Re[in]carnation』のバーチャル壁紙を配布中 Twitterの公式アカウントより 『NieR Re[in]carnation』の素材を使った、バーチャル背景が配布されています。 Virtual Background. こちらが正式バージョンとのこと。 バーチャル背景について、制作過程のロゴが含まれていたため、該当背景を正式なものと差し替えさせていただきます。 申し訳ございません。 (偉い人に怒られてしまいました……) 業界の流れに乗り遅れ『いまさら遅い』と思われるかもしれませんが、PCの壁紙などに適宜ご活用ください。 背景のクオリティがスマホゲームとは思えないですね。 『NieR Replicant ver. 22474487139…』先週の週刊ファミ通に掲載されたスクリーンショットはこちら。 comのの下記ページにて『 NieR Replicant(ニーア レプリカント)』と 『NieR Re[in]carnation』の記事も読めます。

次の

『ニーア リィンカー ネーション』のゲーム映像公開!気になるガチャについてのコメントも [ファミ通App]

ニーア リン カーネーション

『NieR』シリーズ最新作『NieR Re[in]carnation』リリース決定! 3月29日 日 にスクウェア・エニックスは、 『NieR』シリーズ最新作となるiOS、Android用RPGの 『NieR Re[in]carnation』(ニーア リィンカーネーション)を発表しました。 公式サイトとティザートレーラー、公式のTwitterアカウントも公開されましたよ。 価格形態は基本プレイ無料 アイテム課金制 本作でも齊藤陽介さんがプロデューサー、ヨコオタロウさんがクリエイティブ・ディレクターを務めるほか、メインキャラクターデザインを吉田明彦さん、コンセプトアートを幸田和磨さん、音楽をMONACAの岡部啓一さんが担当します。 こ、これは 『NieR』シリーズの前作となる 『NieR:Automata』でも名を連ねていた豪華なメンツじゃないですか・・・。 これは期待せずにはいられないですね。 『NieR Re[in]carnation』ってどんなゲームなの? まだ詳しいことはほとんど明らかになっていませんが、 『NieR Re[in]carnation』の告知と同日に行われた、「 」の中でプロデューサーの齊藤陽介さんとディレクターのヨコオタロウさんが 『NieR Re[in]carnation』について語った言葉を書いた記事を見つけたので掲載しておきます。 『ニーア リィンカーネーション』の開発コードは「ダーク」。 齊藤P 「みなさんに早くゲーム画面を見てもらいたい。 初見だとスマホに見えない。 それくらい真剣にゲームを作った。 マルチプラットフォームにしたいくらい」 「稼げなくてもいい。 一石を投じられればいい。 『ニーア』だからスマホの世界にこういう切り口で来るんだ。 それくらい新しい試みだと思っている。 全然稼げなくて首になっても、ブッコロ(ヨコオタロウ氏が代表取締役を務める会社)に入ればいいだけ(笑)」 「近いうちに見せられると思う。 唯一の問題はディレクターがイケメン」 ヨコオD 「よくあるような煽り文句だけじゃなくて、本当に新しくて困惑するほど。 変なギョッとするタイプのゲーム」 通常のスマホゲームとは一線を画したゲームとなっているということでしょうかね。 気になりますね。 2020年4月18日 土 にプレイ動画を公開! 「ファミ通電撃アワード2019」の発表・授賞式にて、スマートフォンでの実機プレイ動画が公開されました。 発表・授賞式で流されたビデオには 『NieR ニーア 』のクリエイティブディレクター・ヨコオタロウ氏(ブッコロ)、プロデューサー・斉藤洋介氏(スクウェア・エニックス)、ディレクターの松川大地氏(アプリボット)が登場し、 『NieR Re[in]carnation』の最新情報が発表、実機映像がお披露目されたとのこと。 ヨコオさん曰く、 『NieR Re[in]carnation』にはガチャがあるようです。 公開された動画は「メインのシナリオを進める場所」なのだとか。 スマホゲームとは思えない映像ですね。 世界観と岡部さんが手掛けるサウンドもまさに 『NieR』シリーズそのものです。 Twitterにて『NieR Re[in]carnation』のバーチャル壁紙を配布中 Twitterの公式アカウントより 『NieR Re[in]carnation』の素材を使った、バーチャル背景が配布されています。 Virtual Background. こちらが正式バージョンとのこと。 バーチャル背景について、制作過程のロゴが含まれていたため、該当背景を正式なものと差し替えさせていただきます。 申し訳ございません。 (偉い人に怒られてしまいました……) 業界の流れに乗り遅れ『いまさら遅い』と思われるかもしれませんが、PCの壁紙などに適宜ご活用ください。 背景のクオリティがスマホゲームとは思えないですね。 『NieR Replicant ver. 22474487139…』先週の週刊ファミ通に掲載されたスクリーンショットはこちら。 comのの下記ページにて『 NieR Replicant(ニーア レプリカント)』と 『NieR Re[in]carnation』の記事も読めます。

次の