ニュー モント 株価。 ピカピカの産金会社ニューモント・マイニングの株価はリーズナブル

ニューモント【NEM】:業績(通期)/株価

ニュー モント 株価

contents 企業概要 ニューモントは米国の鉱業会社で米国やオーストラリアで事業を営んでいる。 財務内容 株価 59. 51倍(18:40) PBR(実績) 連 2. 23倍(18:40) EPS(実績) 連 3. 82 0. 64 -0. 18 総資産 39,974,000千 20,715,000千 20,563,000千 自己資本 21,420,000千 10,502,000千 10,609,000千 自己資本比率 53. 51 19. 70 19. 90 資本金 1,298,000千 855,000千 853,000千 有利子負債 6,734,000千 3,608,000千 4,061,000千 将来予測 素材や原材料の流通を担っている。 需要や世界情勢にも左右されるのでニュースには目を通していきたい。 株価考察 ここ数年は事業が好調に推移しており、安定している。 利益率が目に見えて改善しているのは大きな点であろう。

次の

ニューモントが上昇 アナリストが投資判断を「買い」に引き上げ=米国株個別

ニュー モント 株価

上表のとおり、時価総額においては、NEMとGOLDが金鉱株のなかでは群を抜いていることが分かります。 NEMは2024年まで年間6. 2~6. 7百万オンスを生産できる目途が立っています。 もちろん金の生産量は世界一位です。 鉱山会社における損益分岐点といえるAISC(All-in Sustaining Cost)は、2020年の実績は1オンス966ドルでしたが、2023年までに800~900ドルまで落とす計画になっています。 現状の金価格が1オンス1650ドル前後で推移していますので、この状況が続けば利幅は十分に確保できます。 上記のスライドのとおり、NEMの保有する鉱山はアメリカ大陸に集中しています。 NEMの業績推移(売上・利益) それではNEMの財務情報を見ていきましょう。 まずは業績推移です。 ここからのグラフはMorningstarの情報を基に作成しています。 ブレ幅が大きいですが、2015年以降は安心できる水準で推移しています。 NEMの株価チャート 2020年2月26日時点でのNEMの株価チャートです。 出典: 出典: 1987年頃から現在に至るまで概ね15~60ドルのレンジで動いています。 値幅が非常に大きいです。 直近10年をみると金価格との一定の相関性も確認できます。 現在はコロナウイルスの影響もあり、金価格とともにスカイロケット状態です。 NEMホルダーとしてはどこまで価格が上昇するか、楽しみにしています。 結論:NEMは単体で見れば平凡な銘柄だが、金の代替としての魅力はある NEMを単体で評価した場合には、世の中にはもっといい銘柄がたくさんあるので、特段購入すべき理由は思い当たりません。 基本的には銘柄単体でのパフォーマンスではなく、ポートフォリオレベルで見た時の分散効果を期待しているので、NEMについてはGOLDと合わせて一定程度ポートフォリオに組み込みたいと考えています。 リスクヘッジとしての金及び金鉱株の動きを勉強するには2020年はいい年になりそうですね。 以上、金鉱株・最大手のNEMについての考察でした。 本日も最後まで目を通していただき、ありがとうございました。 *この記事が役に立ったと感じていただけたのであれば、広告をポチっとしていただけると大変有難いです。

次の

ニューモント【NEM】:業績(通期)/株価

ニュー モント 株価

ウイルス感染への懸念が強まる中、商品市場で金の上昇が続いているほか、きょうはアナリストが投資判断を「買い」に引き上げ、目標株価を58ドルに引き上げたことも伝わっていた。 同社のフリー・キャッシュ・フロー(FCF)の力強いトレンドに着目し、配当への期待が高まるとしている。 直近の決算は、同社の長期的成功と、全ての資産において、より多くの利益を生出すのに好位置にあると指摘した。 (NY時間09:54) ニューモント 50. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の