浜松 81。 浜松・染地台で季節外れのこいのぼり 80匹のコイが空に舞い

遠州鉄道奥山線

浜松 81

概要 [ ] 2007年に浜松駅前店が撤退。 跡地利用についてが商業施設とホテル、マンションで構成するツインタワーとする計画が浮上したが、不動産会社も跡地をマンションに建て替える計画を立ち上げ、土地建物の権利を巡って対立した。 また中堅不動産会社や地元の建設業なども取得を目指し、事業者の選定が難航した。 しかし2008年の以降の市況の悪化や、前出のセボン、ジョイントコーポレーションの経営破綻により跡地利用が宙に浮く状態となった。 その後、地元の不動産会社アサヒコーポレーション(以下、アサヒ社)が取得、改装し商業施設とした。 2009年には1階には食品スーパーパレマルシェが出店したが、僅か半年足らずで撤退した。 その後のを開設する計画が浮上した。 浜松市中心街では活性化の起爆剤になるとして鍛冶町地区の商店主が賛成する一方、かじ町プラザの一部地権者や周辺住民、近隣の一部商店街が風紀悪化の懸念を理由に反対をした。 最終的には有料会員制且つ週末のみの営業で治安悪化などの問題はないとして、かじ町プラザが立地する鍛冶町自治会が開設を了承し、にが開設された。 その後も(川崎競馬・大井競馬・船橋競馬・浦和競馬)の場外馬券場が計画され、にはにより会員制のが開設されることになった。 歴史 [ ]• 2007年1月14日 - イトーヨーカドー浜松駅前店閉店• 2009年5月14日 - 開店• 2009年7月1日 - ホテルセンチュリーイン浜松開店• 2009年12月6日 - パレマルシェ閉店• 2011年8月13日 - 開設• 2013年2月25日 - 開設• 2016年3月31日 - ホテルセンチュリーイン浜松閉店• 2016年4月1日 - ホテルリブマックス浜松駅前開店• 2016年6月29日 - 中ノ庄開店• 2016年11月26日 - アサヒグループが本社移転 フロア構成 [ ]• 6階 ホテルリブマックス浜松駅前• 5階 アサヒグループ本社事務所• 4階 エクセル浜松(主に土日営業)• 3階 ジョイホース浜松• 2階 空きフロア• 1階 中ノ庄、株式会社アトラック• 地階 空きフロア 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

静岡のキャバクラ ザ・マジェスティー浜松千歳

浜松 81

浜松・染地台のスイーツ店「nicoe(ニコエ)」(浜松市浜北区染地台、TEL )が6月5日~7日の3日間、こいのぼりを揚げている。 毎年子どもの日に向けて祝いの菓子を販売している同店。 今年は新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出ていたこともあり、4月13日から5月14日まで約1カ月間休業。 ゴールデンウイーク中も休みで、他店舗も休業しているところが多かったことから、「親族の集まりや家族でのお祝いが満足できなかったのではと考えた」と館長の飯島美奈さん。 「大量のこいのぼりを揚げたら喜んでもらえるのでは」という思いから、旧暦の端午の節句に当たる6月5日から3日間、店のガーデンでこいのぼりを揚げることにした。 [広告] ガーデンは芝生が敷かれているため、のんびり寝転んだり、土曜・日曜は大きな遊具「くるりの森」で遊んだりできる。 テント、テーブルのセットが置いてあり、店のスイーツやドリンクを楽しむこともできる。 イベント開催に当たり、「こいのぼりの調達に悩んだ」という飯島さん。 もともとつながりのあった「浜松市東区有玉北町新村自治会」に声を掛けたところ、家庭から寄付された100体ほどのこいのぼりの中から、比較的「元気」な81体を貸し出してもらえることになった。 こいのぼりの設置は、電気工事店の協力の下、スタッフ総出で実施した。 ガーデンに面しているイタリアンビュッフェ「THE CURTYARD KITCHEN(ザ コートヤード キッチン)」の大きな窓からは、食事やカフェを楽しみながらこいのぼりを鑑賞できる。 レストラン限定メニューとしてオムライスをこいのぼりの形にした「特別おこさまプレート(園児限定)」(500円)を3日間限定で用意。 ほかにも、こどもの日を祝うギフトとして、やわらかくしっとりした「ほろほろクッキー」と、ウナギの粉が入ったまんじゅう「うなまん」などがセットになった菓子セット「わんぱくこいのぼり」(500円)も用意する(価格は全て税別)。 新型コロナウイルスの対策として店舗入り口には消毒液を用意。 店内の消毒や換気を定期的に行っている。 スタッフは全員マスクを着用。 顔が見えにくい部分をカバーするため「マスクの下は笑顔です」というコメントと笑顔のイラストが描かれた缶バッジを胸に着けている。 「コイは生命力が強いことから、元気に成長してほしいという願いと子どもの健康を祈るため、江戸時代からこいのぼりが揚げられてきたように、『疫病から子どもを守る』気持ちで見てほしい」と飯島さん。 「1カ月遅れではあるが、ニコエで子どもの日を祝ってもらえれば」とも。 営業時間は10時~18時。

次の

かじ町プラザ

浜松 81

浜松・染地台のスイーツ店「nicoe(ニコエ)」(浜松市浜北区染地台、TEL )が6月5日~7日の3日間、こいのぼりを揚げている。 毎年子どもの日に向けて祝いの菓子を販売している同店。 今年は新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出ていたこともあり、4月13日から5月14日まで約1カ月間休業。 ゴールデンウイーク中も休みで、他店舗も休業しているところが多かったことから、「親族の集まりや家族でのお祝いが満足できなかったのではと考えた」と館長の飯島美奈さん。 「大量のこいのぼりを揚げたら喜んでもらえるのでは」という思いから、旧暦の端午の節句に当たる6月5日から3日間、店のガーデンでこいのぼりを揚げることにした。 [広告] ガーデンは芝生が敷かれているため、のんびり寝転んだり、土曜・日曜は大きな遊具「くるりの森」で遊んだりできる。 テント、テーブルのセットが置いてあり、店のスイーツやドリンクを楽しむこともできる。 イベント開催に当たり、「こいのぼりの調達に悩んだ」という飯島さん。 もともとつながりのあった「浜松市東区有玉北町新村自治会」に声を掛けたところ、家庭から寄付された100体ほどのこいのぼりの中から、比較的「元気」な81体を貸し出してもらえることになった。 こいのぼりの設置は、電気工事店の協力の下、スタッフ総出で実施した。 ガーデンに面しているイタリアンビュッフェ「THE CURTYARD KITCHEN(ザ コートヤード キッチン)」の大きな窓からは、食事やカフェを楽しみながらこいのぼりを鑑賞できる。 レストラン限定メニューとしてオムライスをこいのぼりの形にした「特別おこさまプレート(園児限定)」(500円)を3日間限定で用意。 ほかにも、こどもの日を祝うギフトとして、やわらかくしっとりした「ほろほろクッキー」と、ウナギの粉が入ったまんじゅう「うなまん」などがセットになった菓子セット「わんぱくこいのぼり」(500円)も用意する(価格は全て税別)。 新型コロナウイルスの対策として店舗入り口には消毒液を用意。 店内の消毒や換気を定期的に行っている。 スタッフは全員マスクを着用。 顔が見えにくい部分をカバーするため「マスクの下は笑顔です」というコメントと笑顔のイラストが描かれた缶バッジを胸に着けている。 「コイは生命力が強いことから、元気に成長してほしいという願いと子どもの健康を祈るため、江戸時代からこいのぼりが揚げられてきたように、『疫病から子どもを守る』気持ちで見てほしい」と飯島さん。 「1カ月遅れではあるが、ニコエで子どもの日を祝ってもらえれば」とも。 営業時間は10時~18時。

次の