ドラクエ11 裏裏ボス。 【ドラクエ11(DQ11)】裏ボス「邪神ニズゼルファ」攻略方法をまとめました!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ドラクエ11S】裏ボス前の高速レベル上げ【スイッチDQ11S】

ドラクエ11 裏裏ボス

ドラクエ11の 裏ボスの 邪神ニズゼルファが強いということで話題になっていますが、はっきり言って レベルさえ上げてしまえば余裕で倒すことができます。 そしてドラクエ11ではレベル上げが簡単なので、倒したいだけなのであればほとんど労力も時間も要りません。 個人的にも、その方が装備やスキル、アイテムを駆使して戦わないと勝てないためにずっと楽しさを感じますからね。 ここでは、一般に言われている推奨レベルよりずっと低いレベルでクリアするために お勧めの装備やスキル、戦い方等の 攻略法ついて紹介したいと思います。 推奨レベルと攻略可能と思われるレベル ドラクエ11の裏ボスは、 強いと言えば強いし、弱いと言えば弱いです。 その理由は、ドラクエ11の裏ボスは戦える時点で戦いを挑むと滅茶苦茶強いのですが、寄り道イベントをこなし、さらにレベルを上げてからいくとゴリ押しで簡単に倒せるからです。 そして前述のようにドラクエ11では(特にクリア後は)レベル上げが簡単なので、意外と労力もなく一気に戦力を上げることができます。 では実際の 推奨レベルはどのくらいかと言うと、ネット上で調べてみると 60~70程度となっています。 決して自慢するわけではないですが、私は3ds版のニズゼルファを主人公のレベル46で倒しました。 他のキャラは主人公よりレベルが高いですが、それでも誰も50に届いていません。 ですから、 平均レベルは47~48くらいですね。 ですが、別に十分に準備していったかと言えば全くそうではなく、 しっかりした準備をして戦い方を洗練していけば、さらに 低いレベルで倒すことも全然可能です。 30代でもいけると思います。 もっとも、仲間キャラは仲間になった時点でレベルがある程度上がってしまっていますし、ボスも経験値をたくさん持っているので全体のレベルも必然的に上がってしまうんですけどね。 私はほとんど雑魚から逃げ回っていたので、普通にプレイしていたらこれより低いレベルで挑戦すること自体がなかなか難しいのではないかと思います。 ちなみに、 私が実践した攻略法は3ds版なので、ps4版では通用しないところもあるかも知れません。 ですがベースとなる戦い方は変わらないはずなので、どちらにしても参考になるのではないかと思います。 Sponsored Link 持っていった方が良いアイテム まず、状態異常付加攻撃を頻繁にしようしてくるこの裏ボス相手に 超万能薬は必須アイテムになります。 超万能薬は大概の道具屋に売っているので、ある程度の数を購入しておきましょう。 それ以外では、• MPを大きく回復する 賢者の聖水• MPを全回複する エルフの飲み薬• 仲間一人をHP全回の状態で復活させる 世界樹の葉• 仲間全員のHPを全回復する 世界樹のしずく 等はあればあるほど良いです。 ただしこれらは売っていないので、これまで入手してきた分をどれだけちゃんと取ってあるかが重要になります。 アイテム使用の注意事項 ただし、アイテムを使用する際に注意してもらいたいことがあります。 それは裏ボスを倒してエンディングを迎えると物語は完全に終わるのですが、 物語が完全に終わった後にセーブすると、裏ボス戦で使用したアイテムがしっかりなくなっているということです。 普通はラスボスは最後の力を振り絞って戦う場であり、使用したアイテムが消えてしまうことはないはずなんですが。 再開した際は裏ボスを倒す前のところに戻っているのにアイテムはなくなっているのは、仏の心を持っていると噂の私ですら少し憤怒し掛けました。 ですから、自己満足の中で低レベル攻略をするのであれば、クリアしてからセーブするのはやめた方が良いでしょう。 各キャラのお勧め装備 裏ボスは、混乱・眠り・麻痺・呪いの状態異常攻撃を定期的にし掛けてきます。 ですから、これらをどれだけ防げるかが勝敗に大きく左右すると言っても過言ではありません。 状態異常耐性もその他性能も高く、入手がし易いお勧めの防具は、• 勇者の兜 眠り・混乱ガード25%• 聖賢のローブ 混乱・呪いガード20%• おうごんのティアラ 眠り・混乱ガード50%• パピオンマスク 麻痺ガード100%• そうてんのソーガ 眠り・麻痺・猛毒35% 全属性ダメージ軽減25% の5つです。 勇者の兜、聖賢のローブは ネルセンの試練で手に入ります。 ここでは勇者セット・英雄王セット・聖賢セットのほとんどがダンジョンの宝箱に入っているので、必ず逃さないようにして、それぞれ勇者・グレイグ・セーニャの装備はそれでOKです。 パピオンマスクはレア度はBと高くありませんが、攻撃魔力と回復魔力も20以上上がりますし非常に優秀で、何と 全員が装備できるあたま防具です。 しかも裏ボスは麻痺攻撃もしてくるわけなので、かなり素晴らしい活躍をしてくれることが期待できます。 そうてんのソーガは主人公とグレイグ以外装備できますが、 凄まじい耐性に加えて全属性ダメージ軽減が25%もできるという、超高性能のからだ防具になります。 この防具は不思議な鍛冶で生成するのにオーロラの布きれ以外入手が難しくないのですが、オーロラの布きれもクレイモラン城にいる魔女に 魔竜のたましいと交換してもらえます。 魔竜のたましいは ユグリア城跡にいるカイザードラゴン等の通常ドロップアイテムなので、カミュの盗むで簡単に手に入れることができます。 ですから、できればそうてんのソーガは2、3個持っておいた方が良いですね。 お勧めしたいアクセサリー アクセサリーだと ひめのてぶくろ(+3) 混乱ガード40% まんげつのリング(+3) 麻痺ガード50% りせいのリング(+3) 混乱ガード50% あくまのしっぽ(+3) のろいガード30% この辺りのアクセは耐性がかなり高性能な上にレア度が高くないため、勇者のレベルが50前後あれば+3を作ることが全く難しくありません。 ですから、打ち直し等をして必ず+3にしておきましょう。 あと耐性が大変優秀なのでできれば数が欲しいが、材料集めが面倒な装備としては ・スーパーリング ・女神のゆびわ があります。 この辺りは入手が困難なので、それぞれ1、2個あれば良いと思います。 また、イシの村復興後にエマからもらえる エマのお守り・真は 呪いガードが70%なので、持っていたら勇者に装備させるべきでしょう。 上に挙げた防具とアクセサリーを中心に揃えておけば、後は適当で大丈夫です。 もちろん、性能は出来る限り良いに越したことはありませんが。 あと、耐性は被ったらその分効果が足されるわけですが、 100%以上になると無駄になるのでそこは注意しましょう。 実際のところ50%くらいでも大体防げるので、70%以上はいらないと思います。 Sponsored Link 各キャラのお勧めスキル 勇者(主人公)は覇王斬 裏ボスにはストーリーで覚える強力な必殺技である 覇王斬が非常によく効きます。 コスパもかなり良いですし、基本的に覇王斬連発で全く問題ありません。 通常で250前後、ゾーンに入っていると300~350程度のダメージが期待できます。 取っておきたいスキルとしては 勇者スキルメインで、 攻撃魔力パネルは開いておきましょう。 覇王斬の威力が上がります。 後はできれば 剣の舞ですが、剣の舞を使うのが適切なのは本体にルカニが入ったときだけなので、無理に取る必要はありません。 それよりも連携で ギガバーストが使えるようになる ギガスラッシュを優先して取った方が良いと思います。 まとめると、個人的に優先した方が良いと思うのは 勇者スキルの ・攻撃魔力アップパネル ・最大MPアップパネル ・ゾーン必中パネル と、 剣神スキルの ・ギガスラッシュパネル の四つです。 あとは自分が使えそうだと思うパネルを取っていったら良いと思います。 マルティナは爆裂脚 マルティナは単体攻撃役になるので、最大のダメージが期待できる格闘スキルの 爆裂脚を取ります。 爆裂脚は会心が定期的に出るので、たとえ相手にルカニが入っていなくともダメージ期待値はけっこう大きいです。 また、蹴り技ですが武器の攻撃力も影響します。 爆裂脚は6回攻撃なので、 6回の攻撃中1回も会心が出ないと150~200程度、一回出ると500くらいのダメージになります。 会心は少なくとも12分の1以上の確率で出る印象なので、 一度の攻撃で平均300~350のダメージが期待できることになります。 さらに デビルモードであればもっと期待できますが、凍てつく波動で無効化されることがあるので正直微妙です。 あとは 槍スキルの槍攻撃力アップパネルと力アップパネルを開くことと、できれば 雷光一閃突きがあると良いと思います。 ルカニが入っていないときならこちらの方がダメージ期待値は大きい可能性がありますからね。 シルビアは回復踊りと銭投げ シルビアは乙女スキルの ハッスルダンスとゴールドシャワーが必須になります。 ゴールドシャワーですが、この技は何気にヤバいです。 有り金を叩いて攻撃するので使用する度に1000ゴールド減っていきますが、全体に約300のダメージ。 消費MPはないので、金さえあればどれだけでも連発することができます。 邪神の子は耐性がやたらと高いのですが、問題なく300食らわせることができるのでかなり重宝します。 裏ボス前には、 20000くらい残っていれば問題ないと思います。 ハッスルダンスは魅力があれば少ない消費MPでかなりの回復量が期待できます。 ですから、魅力パネルはできるだけ開けておきたいですね。 ただそれでもやはりハッスルダンスよりセーニャやロウのベホマラーの方が回復量期待値は大きいですし、シルビアはゴールドシャワーが使えるので基本アタッカーの立ち位置になります。 ちなみに バイキルトを使っても良いのですが、凍てつく波動が飛んでくることを考えるとそれよりも金を撒き散らしていた方が良いような気がします。 カミュは分身攻撃が強力だが控え カミュについては、低レベルであればお勧めは 片手剣で、 片手剣攻撃力アップパネルを全てとハヤブサ斬りと分身を開けることです。 二刀流はスキルとの相性があまり良くないので開けません。 これでもネルセンの試練で手に入れられる 地獄のサーベルを装備すれば、この時点でも火力はナンバーワンになれます。 ただ個人的にはHP等の兼合いでアタッカーとしてはマルティナの方を優先しましたが。 セーニャとロウはベホマラー要員 セーニャとロウは 後攻でベホマラーを使います。 二人は完全に回復役なので、他のスキルは特に必要ありません。 少なくとも、私は全く使いませんでした。 ただし、ロウは場合によっては ルカニであったり、 グランドクロスを使用するのもありだと思います。 ですから、開くべきパネルは 回復魔力と最大MPアップ、ということになりますね。 ベロニカは虚弱体質なので控え ベロニカは イオグランデ、もしくは メラガイアーを本体に使うアタッカーになります。 ですがHPが低いため、後ろに置いておいても1ターンで落とされる場合があるのであまり使いませんでした。 レベルがある程度高ければ非常に優秀なアタッカーになるのは間違いないのですが。 開くべきパネルは 攻撃魔力、最大MPアップ、イオグランデ、メラガイアー、やまびこの心得 辺りになります。 グレイグは壁になってもらう はっきり言って、これは相当重要な秘訣だと私は考えています。 グレイグはもともとHPと防御力が高いのですが、英雄王装備にすることでそのタフさに一段と磨きが掛かります。 しかも 英雄王の剣の装備によって敵の攻撃を引き付けることができるようになるので、裏ボス打倒パーティーにはほぼ欠かせない存在になります。 ですがその一方で、裏ボスの硬さもあって片手剣のグレイグではあまり大きなダメージが期待できません。 ですから、グレイグには 壁兼回復役になってもらうのです。 耐性は特に優先して強化してあげて、超万能薬や世界樹の葉、世界樹のしずくの大半は彼に持たせるようにしましょう。 グレイグが異常に掛かったら他のキャラで対応するしかないのですが、他のキャラは明確な役割があるのでなるべくグレイグにさせた方が良いです。 パネルについては、 英雄スキルの 超ハヤブサ斬りか天下無双のどちらかを取って攻撃もできるようにするか、 はくあいスキルの 仁王立ちや仁王立ちの心得、大防御、ザオリク等を取って完全に守りの人とするかは自由です。 後者の場合、スクルト等の補助呪文を活用するのも良いと思います。 低レベル攻略の秘訣その他 回復は後攻確定にする 回復役に回るグレイグ・ロウ・セーニャ辺りは後攻を確定させた方が戦略が明らかに立て易いです。 レベル50程度なら、素早さアップ装備を付けていなければほとんど後攻になるため、毎ターン必ずベホマラーを使っていれば大半のHPは回復できます。 私の戦い方としては、セーニャかロウのどちらかを出しておいて、HPが際どくなったら(大体250~300以下くらい)交代させて、安全に全体回復させてまた交代というやり方をしていました。 そして状態異常が入ったら基本グレイグが超万能薬を使用します。 こうやってやると、 平均レベル50以下でもかなり余裕で倒せてしまえます。 ただこれはps4版ではできないやり方なので、ps4版であればもう少しHPを減らし過ぎないように注意して、回復を多めにしなければならないだろうと思いますね。 単体攻撃は本体狙い グレイグ、マルティナ、カミュの三人はメインが単体攻撃なので本体狙いをするべきです。 両腕は倒しても1ターンで復活しますし、両腕を倒すと本体は何故か二回行動するようになります。 しかも笑みを浮かべてターンを無駄に消費することもなくなるので、あまり良いことがありませんから、わざわざ狙う必要は基本的にはありません。 重要なことは、 攻撃の際には必ず本体にダメージを与える意識を持つことです。 でないと、もたもたしていたら 瞑想で999も回復されてしまいますからね。 邪神の子は全体攻撃で倒す 邪神の子は放っておくととんでもない強力な攻撃を仕掛けてくるので、早いところ始末しておかなければなりません。 邪神の子には主人公の覇王斬やシルビアのゴールドシャワーが効果的なので、二人を優先して使うようにしましょう。 ギガバーストのタイミングは逃さない 基本的にギガバーストが発動できるタイミングが来たら使った方が良いです。 ゾーンも凍てつく波動で解消されてしまいますからね。 1000~1500のダメージを与えることができるので、かなり大きいです。 ちなみに他の連携技については、連携技を使うよりもゾーン効果で戦う方がメリットが大きい場合も多い気がします。 相手の大技のときは大チャンス 裏ボスはたまに 終末の炎という大技を使用してきます。 防御していても何とか凌げるくらいのとんでもない威力ですが、一ターン完全に攻撃を止めてパワーを溜めるので、それがわかっていたら逆に 立て直しやダメージを与える大チャンスであったりします。 ただし攻撃をしてくるケースもまれにあるようなので、溜めのターンは回復優先にし、技を使用するターンは当然全員防御で、なるべくHPの高いキャラを前線に出しておくと良いでしょう。 技の後は4人のHPが減っているので、後ろに下げて安全にベホマラーで回復します。 ちなみにパワーを溜めているときに腕を破壊すると、溜めが崩れて本体も400~500程度のダメージを受けます。 HPが減ったら他のメンバーと入れ替えるか、シルビアもハッスルダンスで回復に回るという選択があります。 3ds版なら入れ替えた方が明らかに効率が良いです。 ベロニカは前述のようにHPが低いのであまりお勧めしませんが、ある程度耐えられるレベルでやまびこの心得があれば、シルビアか主人公に代わってメインアタッカーを務めることはできます。

次の

【ドラクエ11】裏ボス「邪神ニズゼルファ」の倒し方!倒したときの装備&パーティ紹介!~ドラクエ11攻略ブログ54~

ドラクエ11 裏裏ボス

会話後、 宝箱から「魔法の鍵」を手に入れ、扉を開けて町に出る。 ラダトームの町で「やくそう・装備」を購入し、「ガライの町」へ。 ローラ姫の情報を得て、「マイラの町」へ。 リムルダールの情報を得て、「沼地の洞窟」からリムルダールの町へ。 水路の外側の店で「魔法の鍵」を購入し、再度「沼地の洞窟」へ。 鍵のかかった扉の先に「ドラゴン」がいるので、倒してローラ姫を救出。 そのままローラ姫を連れて竜王と戦えますが、ラダトーム城に返して上げましょう。 お礼に「王女の愛」を貰い、 地下室で「太陽の石」を入手します。 ガライの町へ向かい、鍵の掛かった建物の裏に「ガライの墓の入り口」があります。 地下3階で「銀の竪琴」を入手し、マイラへと向かいましょう。 マイラでは、 露天風呂の南4歩の位置に「妖精の笛」があります。 「南のほこら」に向かい、「雨雲の杖」を入手。 メルキドに向かうと、入り口で「ゴーレム」が襲って来ます。 妖精の笛で眠らせて、楽々撃破しましょう! メルキドでは、 「ロトの鎧・ロトの印」の情報を得られます。 「あくまのきし」と戦闘になりますので、レベルは最低でも「10以上」にして下さい。 最強のよろいなので、絶対に装備しましょう! メルキド南東の毒沼で「王女の愛」を使い、ラダトームまでの距離を表示します。 ラダトームまで「北に140・西に80」の地点を調べ、「ロトの印」を入手。 聖なる祠で「虹のしずく」を入手。 リムルダール島の最西端で、「虹のしずく」を使うと、魔の島に橋が架かる 生命の樹に行く時と似たような感じ 竜王の城の地下1階で「ロトの剣」を入手し、レベルを20以上にしてから「竜王」と戦う。 撃破後に王様に話し掛け、勇者はローラ姫に旅に出ます。 まとめ ドラクエ11で無料で出来る「ドラクエ1の攻略法」を紹介しましたが、 普通に話を聞いていけば迷うことは無いようになっています! 装備するアイテムも多くはありませんし、半日くらいでクリアする方も多いですね(笑) ドラクエ1が初クリアの方は、 もう一度ドラクエ11のエンディングを見ると、「ああ、こういうことか!」と発見があると思います。 考察系の記事も更新しているので、よろしければ是非!.

次の

【ドラクエ11】真の裏ボスの攻略とおすすめ装備|出現条件判明【ドラクエ11S】|ゲームエイト

ドラクエ11 裏裏ボス

真の裏ボスの出現条件 時の破壊者撃破後にヨッチ村から出るとイベント 真の裏ボスは「時の破壊者」撃破後に、ヨッチ村から出たタイミングで、ケトスからまがまがしい気配が出現したと言われます。 指定された場所へ向かうと戦闘になります。 そのため、バトルメンバーに2つずつ付けておけば最低8つでも攻略することは可能です。 しかし、 死亡してしまったキャラの装備変更はできないのでアクセサリー変更は死亡する前に行いましょう。 MP回復アイテムを集めておこう 真裏ボスの使う「魔界の瘴気」は数ターン味方の消費MPが倍になる非常に厄介なデバフです。 フィールドに及ぶ効果のため解除することもできません。 「魔界の瘴気」状態のときに「ベホマズン」などの大量にMPを消費する呪文特技を使うとあっという間にMPがなくなってしまうので、「」や「」などMP回復アイテムを数個持っていきましょう。 属性耐性装備を用意しよう 真裏ボスは数々の属性全体攻撃を繰り出してきます。 耐性装備がないと250以上ダメージを食らってしまうので、全員属性耐性装備をつけて全体攻撃による被ダメージを極力抑えましょう。 「」や「」などが属性耐性の割合が高いのでおすすめです。 おそらくこちらのレベルが99であることを想定した強さであるため、推奨レベル以下だと倒すのが非常に難しい難敵で倒すには十分な対策が必要となります。 物理攻撃が多め。 呪文攻撃が多めで「魔界の瘴気」を使ってくる。 「カオスマダンテ」や「時獄陣」などの強力な技を使用してくるようになる。 シルビアやベロニカのムチスキル「」やロウの「」が敵のバフ効果を消すことができます。 仮に「バイキルト」が入ったままだと、暴れまわる攻撃や通常攻撃で簡単にパーティが壊滅してしまうので絶対に消す意識を持ちましょう。 まがまがしい閃光にはマジックバリア 「まがまがしい閃光」で呪文耐性が下がると、呪文攻撃で手痛いダメージをうけてしまうので、マジックバリアを使って耐性段階を上げましょう。 マジックバリアを使えるのはグレイグとベロニカです。 また、「」でも同様の効果があります。 HP2以上あれば、即死級のダメージを受けてもHP1の状態で耐えることができます。 後半戦は左を優先的に撃破 後半戦は2体同時に相手取ることになります。 「失われし時の災厄 左 」の攻撃や行動が特に厄介なので左を優先的に倒すようにするのがおすすめです。 ただし、ボスを片方倒すともう片方の行動回数が3回になることに要注意です。 真の裏ボス攻略におすすめのパーティ 攻略班の撃破パーティ メインパーティ Lv. 99 Lv99 Lv99 Lv99 控えパーティ Lv. 持ち前のHPの高さ、英雄王装備による敵からのヘイトを取ることでこの戦い最大の要となります。 また、「レディーファースト」を使うことでセーニャに行動順を譲ることで、緊急時に回復や蘇生などを行えるようにする汎用性の高さがあるため非常に便利です。 基本は「ベホマズン」や「ベホマラー」でパーティを回復し、盾役のグレイグに「女神の祝福」などで死なないように保険をかけておく立ち回りが重要です。 カミュは「ぶんしん」からの「デュアルブレイカー」、ベロニカは「イオグランデ」やとっておきの「マダンテ」を使ってダメージを与えていくのが良いでしょう。 安定を取るなら「」を装備させても良いでしょう。 主人公だけではなくパーティメンバー全員分揃えるのが良いでしょう。 ただし、服は他と同様に「そうてんのトーガ」を装備しておきましょう。 武器は「ときのおうしゃく」で、「」が自動的に発動しているため開幕の事故を防ぐことができます。 また、MP自動回復の効果もついているため真裏ボス戦では非常に頼りになります。 MP回復手段が十分にある場合には「精霊王のタクト」の方がおすすめです。 特に「英雄王の剣」は敵にターゲットされやすい効果をもっているため、敵の強力な攻撃を自身に集めやすくなるため必須です。 「英雄王の盾」も全属性ダメージ軽減と盾ガード率が上がるため、パーティの盾となるグレイグには最適な装備となります。 ほとんど補助的役割で行動を消費するシルビアは特に攻撃力を求めないため武器は何でも良いですが、敵の有利状態消しの「極竜打ち」を撃つ際の火力を上げるためムチ最強の「超グリンガムのムチ」を装備させるのがおすすめです。 武器は複数敵にもダメージ減衰しない「はてんの月輪」二刀流がおすすめです。 敵の攻撃が強力なため耐性装備がないとHPが低いベロニカはすぐにやられてしまいます。 武器が「オーロラの杖」なのは敵の有利な状態異常を消す効果を持っているためです。 「オーロラの杖」はロウと取り合いになりますが、ロウは自前で「零の洗礼」という有利状態解除の特技を持っているため、有利状態解除の方法を持っていないベロニカに持たせるのが良いでしょう。 アタッカーとしてはカミュに劣るため真裏ボス戦では出番がないかもしれません。 ただし、真裏ボス撃破後にもえらる報酬を装備すれば不死身アタッカーへと変貌するので、真裏ボス最短撃破を目指す際には最適なアタッカーになります。 ただし、「そうてんのトーガ」がおすすめではありますが、ロウはほとんど回復補助役に回ることが多いため、回復魔力が上がる「」でも良いです。 真の裏ボス撃破報酬 妖魔のバニースーツ 真裏ボスを撃破するとマルティナの専用見た目装備「妖魔のバニースーツ」がもらえます。 マルティナの追加ストーリーでマルティナが装備していたものです。 失われし時の砂時計 「妖魔のバニースーツ」の他に「失われし時の砂時計」も報酬としてもらえます。 新裏ボスを倒したターン数が記録される他にももう一回新裏ボスと戦えるようにする効果を持っています。

次の