彼女 と 別れ たく ない。 今にも別れそうな彼女を引き止める方法【別れたくない時の鉄則】

彼女と別れたくない彼氏必見!上手く説得する方法をご紹介!

彼女 と 別れ たく ない

あなたがどれだけ彼氏・彼女を大好きでも、好きな人から別れを切り出されるときはあるでしょう。 そんな経験をした人もいると思います。 でも、好きなのですから別れ話を切り出されたとしても別れたくないですよね。 そんな人のためにこの記事では、彼氏・彼女が別れたがる理由や別れないように好きな人を説得する方法をご紹介します。 彼氏・彼女と別れたくない 「彼氏・彼女から別れ話を切りだされたものの、別れたくない……」。 悲しいですが、誰かと付き合う限りそういった事態が起こりうる可能性はあります。 お互いに冷めた関係なら別ですが、あなたが好きな人を愛している状態で別れを告げられたら相当のショックに襲われるでしょう。 彼氏・彼女にすがるなりなんなりして、なんとしてでも好きな人と別れたくないと思うことが自然です。 真実はどうであれ、あなたは「この人を逃したらいけない」「こんな人は滅多にいない」と思い、別れたくないと切に感じますよね。 これは自分の将来を見据えた別れたくない理由だと思います。 それは当然なことだと思います。 そもそも別れたい理由を言われていなかった場合や言われたとしても納得できない人も多いのではないでしょうか。 その場合はしっかりとした話し合いが必要だと思います。 恋人がいない生活が想像できないかもしれません。 また結婚などを意識する年齢なら、なおさらでしょう。 あなたと別れたいと思っているサイン あなたは好きな人と別れたくないと思っていても、彼氏・彼女は別れたいと思っているかもしれません。 付き合っている時は何もなければ、彼氏・彼女と別れたくないと思うのは当然の事です。 ここで好きな人があなたに別れ話を切り出そうか迷っている時に出しているサインを確認してみましょう。 態度が冷たくなった 付き合った当初はあんなにラブラブだったのに、最近は彼氏・彼女が冷たくなったなんて事はないですか?確かにお互いの性格が分かってきて慣れみたいな感じで落ち着いてくるのもあります。 しかし、明らかに前より冷たい態度なら要注意です。 連絡頻度が遅くなった もしかしたら彼氏・彼女の中であなたへの優先度が変化したのかも。 また連絡が来たのは分かっていても、返す気持ちが湧かない事も考えられます。 さらに「携帯の調子が良くなくて…」みたいなことを言われたら怪しいと思います。 将来の話をしなくなった 短期的なサインだと「会いたい」など次のデートに関して積極的でなくなることが挙げられると思います。 中期的なサインだと三連休やまとまった休みの話でも関心がなくなること、長期的なサインが結婚がありますね。 好きな人が別れたくなる人の特徴 あなたの「別れたくない」と好きな人の「別れたい」にはどのようなギャップがあるのでしょうか。 そこで彼氏・彼女が別れたくなる人にはどのような特徴があるのか調べてきました。 束縛が激しい あなたは好きな人に自分から離れて欲しくないがために束縛はしていませんか?束縛は言葉を変えるとあなたの自己中でしかありません、相手にとってストレスになることの方が多いです。 そのような人は彼氏・彼女を信じて、もっと自分に自信を持ちましょう! 融通が効かない 例えばあなたの彼氏・彼女が直して欲しいところを指摘してくれたとします。 しかし、あなたは直そうと努力しないと好きな人は融通が効かない人だと思ってしまいます。 人には必ず長所と短所があります。 付き合う相手によって短所も違う訳ですから、出来るだけ直す努力をみせたいところです。 他の異性の話をする 街中や職場の異性がカッコいい・可愛いなんて話好きな人が聞いて良い気持ちはしません。 さらに何度も言われたりすると好きな人が自信を失くしてしまう可能性もあります。 「だったら俺・私と付き合わなくてもいいのでは…」と思わせているスレ違いの原因はあなたが作っているかもしれないので、気をつけましょう! 彼氏・彼女が別れたがる理由 別れを切り出されるということは、そこに必ずなにかしらの理由があるはずです。 理由もなく別れようなんて思わないですよね。 一体、彼氏・彼女が別れたがる理由ってなに? 他に好きな人ができた 定番中の定番はコレです。 他に好きな人ができてしまったのです。 これは相手の気持ちの問題なので、正直どうしようもないかもしれません。 彼氏・彼女を取り返そうと思っても、あなたが彼氏・彼女の好きな人よりもかなり魅力的にならない限り、彼氏・彼女を取り戻すことは困難を極めるでしょう。 別れを切り出すくらいですから、彼氏・彼女の中では新しくできた好きな人の元へ行く決断はできているはず。 きっと彼氏・彼女自身もかなり悩んだうえでの結論だと思います。 あなたとの結婚を考えられない 社会人になってからのお付き合いといえば、その延長線上に結婚があります。 ある程度のお付き合いになってくると、女性は「この男性と結婚してもいいのだろうか」という疑問が芽生えるので、その段階で「この男性はナシだな」と判断すれば別れを決意するでしょう。 結婚願望のある女性なら、結婚できなさそうな男性とお付き合いをしていても時間の無駄になってしまうためです。 結婚の条件はいろいろありますが、経済的なことや価値観の相違が主な条件として上げられやすいです。 あなたから大切にされている気がしない 好きな人からは大切にされたいと思うものです。 でも、あなたから大切にされていると感じない場合は「私ってあなたに必要なの? 別にいなくていいんじゃない?」という考えがでてしまいます。 あなたがメール・LINEの返信を怠ったり、記念日を忘れたり、好きな人の話を真面目に聞かなかったり……。 そんなことを続けていた場合は、彼女が別れを意識するのも仕方がないことかもしれません。 誰だって自分を大切にしてくれない恋人とは一緒にいたくないですもんね。 将来の話をうやむやにしていた 彼氏・彼女があなたと結婚したいと考えていた場合、過去にそれとなくでも将来の話がでていたと思います。 でも将来の話をあなたが真面目に聞かなかったりうやむやにしていたりするのなら、好きな人は「結婚する気がないんじゃないの?」「ハッキリしなさいよ!」とだんだん不安やイライラが募ると思います。 そしてその不安やイライラが限界までくると「もういい!」となり、別れへと意識を向けてしまうのです。 今は結婚できる状態じゃなかったとしても、将来のための計画くらいは立ててあげたかったですね。 些細なことでケンカになるから 恋人と喧嘩した経験はあるでしょうか。 カップルの中にはケンカをしたことがないというカップルもいます。 しかし、何度もケンカをするカップルもいるでしょう。 たまになら別にいいのです。 しかしケンカの回数が多かったり些細なことでケンカするようになったりしたなら、恋人としては「相性が悪いのかな?」と考え始めてしまいます。 些細なことでさえケンカをするようになり不愉快な気持ちになるなら、いっそ別れたほうがスッキリするのかもしれません。 彼氏・彼女を説得する方法 好きな人から別れ話をされても、彼氏・彼女と別れたくないなら説得するしかありません。 すでに別れを決めている彼氏・彼女には、どういう説得方法が有効なの? 別れ話の前にしっかり考える もし好きな人が事前に別れ話を告知していたなら、別れたくない気持ちを落ち着かせて冷静になることが求められます。 別れ話の前にどのようなことを話すか予測して対策をしていたかしていなかったで、かなりの差が生まれると思います。 別れ話の最中に別れたくないの一点張りは避けたいものです。 彼氏・彼女の話をしっかり聞く まず、なぜ別れたいのかしっかり話を聞いてみましょう。 彼氏・彼女には別れを決断するだけの理由・経緯があるはず。 それらを聞きもせずに「別れたくない!」と主張するわけにはいきません。 別れ話を切り出されたら、とりあえずはしっかり話を聞いてください。 聞くのは辛い内容だとしても、聞いてみないと説得するポイントもわかりませんよね。 別れを防ぐためにも、彼氏・彼女の話をしっかり聞くのは重要なことです。 感情的にならず冷静に話す 別れ話をされると感情が揺らぎますが、そこで感情的になっては一巻の終わりです。 「別れたくない!」と大声で叫んだり、感情任せに大泣きしたり、過去をほじくり返して「お前だってこんなムカつくことしたよね!」と怒ったりするのはNG。 そんな姿をみた好きな人は「絶対に別れるべきだ」と、より別れる決意を強くしてしまうだけです。 話している間は終始落ち着くようにしてくださいね。 感情的になっても良いことなんてひとつもありません。 しつこくすがりつかない 別れたくないからといって、しつこくすがりつくことは控えてください。 あなたへの評価がより下がってしまう原因になります。 別れたくない旨を話すことはもちろんいいですよ。 でも、すがりついてはNG。 この辺りの塩梅は難しいですが、ひたすら「別れたくない!」「絶対に別れないぞ!」と、子どもが駄々をこねるような姿は確実にすがっているといえるでしょう。 彼氏・彼女に感謝の気持ちを見せる 彼氏・彼女と別れたくないということは、好きな人に対してたくさん良い思い出があったり、彼氏・彼女自身が素晴らしい人だったりするからだと思います。 そういった部分や、今まで彼氏・彼女にしてもらった数々のことに対して感謝の気持ちを込めてみましょう。 感情的にならず感謝の気持ちを述べるあなたに対し、好きな人は考え方を改めるかもしれません。 「本当にこの人と別れていいのかな……?」と考えてもらえるきっかけになります。 冷却期間を置いてもらう 別れ話をされたら、一旦冷却期間を置いてもらってください。 別れ話をしているときは少なからず感情が高ぶっているはずですし、話しているときのあなたの態度で別れたい気持ちに変化がでるかもしれません。 「いきなりの別れ話だったから混乱している。 少し時間がほしい」と伝えれば、理解のある彼氏・彼女なら時間をくれます。 冷却期間の間に好きな人も考えを改めるかもしれないので、他の説得方法と組み合わせてぜひ冷却期間を設けてください。 別れたがる理由がわかれば改善する 彼氏・彼女と別れたくない場合、その理由がわかれば改善するべきです。 たとえば遠距離恋愛だったのなら、いっそのことあなたが好きな人のそばに引っ越すという手もあります。 大胆な行動ではありますが、それなら遠距離問題は解決します。 別れたがる理由さえなければ別れる必要はありませんよね。 好きな人からしっかり話を聞いて、別れの理由を改善しましょう。 ただし嘘の理由を言われている可能性もあるので、冷静に彼氏・彼女の話を聞いて嘘か本当か分析してくださいね。 好きだという気持ちを伝える 感謝の気持ちと同時に伝えたい気持ちが「好き」という気持ちです。 好きな人の気持ちは冷めてしまっているかもしれませんが、あなたの気持ちは冷めていないはず。 どれだけ彼氏・彼女のことが好きなのか冷静に伝えてみてください。 自分を愛してくれている人と離れるのは悲しいことです。 彼氏・彼女もそれを理解し、自分を本当に愛してくれている人だと認識すれば、考えを改める可能性があります。 説得するときは会って話す 好きな人と別れたくないという大切な話をメールでする人もいますが、これは絶対にNGです。 たとえ彼氏・彼女からの別れ話がメールやLINE、電話だったとしても、あなたが話すときは直接会ってからにしてください。 大切な話は会ってするものです。 会うことによって、文字や声だけでは伝わらない顔の表情や雰囲気を伝えることができます。 どれだけ忙しくても彼女と会うように努力してください。 説得のためにその場しのぎの嘘をつかない 大切な話をするとき、その場しのぎの嘘は絶対についてはいけません。 そのような不誠実な態度は、その場を逃れることはできても、最終的には嫌われてしまう原因になってしまいます。 たとえば借金が原因で別れ話をされたとき、思わず「借金はほぼ返した」「親が代わりに払ってくれた」など、ありもしない嘘でどうにかしようとする人がいます。 しかし、そんな嘘はいつかバレてしまいます。 もしも嘘をついてしまったなら、せめてその嘘が本当になるようにしてくださいね。 好きな人を責めない 別れの理由が彼氏・彼女の自己都合だったとしても、好きな人を責めるような真似はしないほうがいいと思います。 彼氏・彼女自身も自分が悪いとわかっているはず。 責めてもあなたの印象を良くするわけではないので、好きな人を責めたい気持ちがあってもグッと我慢していきましょう。 彼氏・彼女は責められる覚悟をしているかもしれません。 責めなかったとしたら、好きな人は拍子抜けしてあなたを見直すかも? 彼氏・彼女が必要なことを話す 彼氏・彼女と別れたくないということは、あなたは好きな人を必要としているということですよね。 それならば、好きな人にそのことを話してください。 あなたにとって彼氏・彼女はとても価値のある存在で、必要な存在だと。 ただし、必要な理由には注意。 必要な理由としては「一緒にいられると素の自分をだせて心が和らぐ」「君の笑顔をみていると元気がでて仕事に励める」など、彼氏・彼女にとってデメリットのないものにしてください。 少しだけ涙を流す 大泣きするのは女々しくてNGですが、少しだけ涙を流すのは効果的です。 我慢できないほど悲しくて涙がでるとなれば、そのことが彼氏・彼女の胸に突き刺さるはずです。 あなたがそれほどまでに好きな人を必要としていることもわかるでしょう。 「男が涙を見せるなんてドン引き!」という彼女じゃなければ、ぜひ涙も活用してみてください。 日頃は泣かないあなたなら、かなりの効力があると思いますよ。 復縁を期待しない 「一旦は別れを受け入れるけれど、でもすぐに復縁したい……」そんな願望を抱いていても、それを彼氏・彼女に悟られてはいけません。 そもそも、最初のうちは復縁を期待しないほうがいいでしょう。 別れ話のときや別れた直後のとき、好きな人はあなたのことで「清々した!」という気持ちになっているのかもしれないのです。 そんなときに復縁をちらつかせても「しつこい奴!」と怒らせてしまうだけです。 復縁を願うこと自体はOKですが、期待はしないでおきましょう。 プロポーズする あなたがどれだけ彼氏・彼女に対して真剣なのか証明するために、プロポーズをするのも手です。 ただし、闇雲にプロポーズをしても「口だけでしょ」「貯金もないくせに」となりかねません。 事前に結婚の準備をそれなりにしておくとか、将来の展望を考えておくとかをしていたほうがいいですね。 プロポーズは女性の憧れでもあるので、結婚する覚悟がついているならこのタイミングで結婚の申し込みをするのもOKだと思いますよ。 結婚となれば好きな人の考えも変わるでしょうね。 彼氏・彼女が思う別れたくない人の特徴 この記事の最初の方で、好きな人が別れたくなる人の特徴を紹介しました。 今までの人生の中で一度も好きな人から別れ話を切り出されたことがなく、それに伴う別れたくない気持ちになったことがない人もいます。 また良いところはきちんと褒めてくれたり、悪いところは指摘やアドバイスをくれると尚良いのだとか。 いくら性格が合う人でも体の相性が合わなければマイナスになることも。 将来が想像できるかどうかは日々の生活の積み重ねなので、細かいところにも注意が必要だと思います。 恋愛において笑顔の力は測りしれません。 さらに明るく振舞っていたら、どんなに辛いことがあったとして乗り越えられそうですよね!普段から意識したいものです。 別れるべきカップルかも… あなたが別れたくないと思っていても、客観的にみたらもう別れるべきカップルかもしれません。 では、別れるべきカップルとはどのようなカップルなのかみていきましょう。 それが、自分であっても好きな人であってもです。 極論言ってしまえば、好きな人のために我慢すら出来ないそこまでの関係であったのでしょう。 また反対にセックスレスになっているカップルも問題かなと思います。 あなたが別れたくないと思っていて、好きな人は別れたいと思っている気持ちのスレ違い。 また好きな人が別れたいという気持ちを持っていたことに気づいていないのであれば、さらに考えるべきでしょう。 人の価値観や考え方は余程のことがなければ変わりません。 なので、結婚や今後のことを考えて決断することが望まれます。 別れを回避できても、次の別れがくるかも? 今回は別れを回避できたとしても、次はどうかわかりません。 彼氏・彼女が別れを意識したきっかけと同じようなことがあれば、また別れ話を持ちだされる可能性があります。 せっかく別れを回避できたのですから、次の別れを招かないように気をつけてお付き合いをしてくださいね。 でないと「反省してない!」と思われてしまいますよ。

次の

彼女と別れたくないときの対処法や説得方法

彼女 と 別れ たく ない

大好きな彼氏とは末永くお付き合いしていたいですよね。 しかし、別れてしまうカップルもいます。 あなたは彼氏と、別れそうな状態になっていませんか? 別れそうになっているカップルには、3パターンあります。 1つ目は、彼女側が別れたいと思っている場合、2つ目は彼氏側が別れたいと考えている場合、そして3つ目は彼氏も彼女もどちらも「別れたい」と感じている場合です。 3つ目であれば、別れたほうがお互いのためではありますが、どちらか一方がまだ相手のことを愛しているという状況であれば、別れたくないですよね。 ということで、この記事では彼氏が出すことの多い別れそうなときのサイン、そして彼氏と別れたくないときにどのように対処すればいいのかをご紹介しています。 また、別れそうなときに注意しておきたいポイントについてもお伝えしているので、あなたたちカップルが別れないようにぜひ活用してください。 なんだか別れそうな時…彼の別れたいサインが出てるかも あなたたちカップルは、仲が良いですか?それとも今はとても険悪な関係になってしまっているでしょうか。 お互いにまだ愛せていればいいのですが、どちらか一方の愛情が冷めてしまっていると恋人関係を続けていくのは難しくなってしまいます。 それに、まだ仲良くしていたいのに彼氏側が冷たい態度をしてきたり、彼氏のために何かをしたのにひどい言い返しをしてきたりすると「もうこの人のそばにいないほうがいいのかな」なんてくじけそうになってしまうこともあると思います。 それって、彼氏側があなたに対して「別れてほしい」と気付いてほしくてとっている態度かもしれません。 男性は自分から別れたいと言えない人も多く、彼女に気付いてもらおうとすることもあります。 そして、彼女側から別れを切り出してくれたらいいと無責任なことを考えていることもあります。 別れそうになっているとき、彼氏のその思惑にのってしまっていいのでしょうか?相手の気持ちは冷めてきているとわかっても、あなた自身の彼氏への愛はまだ冷めていないことでしょう。 しかし、なかには被害妄想なだけで彼氏側は別れたいサインを出していない場合もあります。 そこで別れたいサインが出ているのかそうではないのかによって、あなたが今とるべき行動が変わってきます。 その彼氏のサインを早くキャッチして、大好きな人との別れを避けましょう。 別れそうな時に彼氏が出す13個のサイン あなたの彼氏から、なんとなく「別れたそうにしているな」と感じるようなことはありませんか?前はケンカにならなかったようなことで言い合いになってしまったり、あなたへの態度が素っ気なく感じるようになったり…。 あなたが疲れていて勘違いしていることも考えられますが、彼氏が別れたいときにサインを出していることもあります。 ここでは、その彼氏が出している別れそうなときに出してくるサインをご紹介します。 また、そのようなことをする彼氏の心理についても解説するので、彼氏がいま考えていることもわかると思います。 連絡の頻度が減る 付き合いはじめや、つい最近までは連絡を頻繁にとりあっていたのに、気づけば最近の連絡頻度が減ってしまっているという人もいるのではありませんか? あなたからこれまでと変わらないように、連絡をしているのに返事をしてくれない、ひどい場合にはLINEやカカオメッセージの既読さえもつけてくれないこともあるでしょう。 そのように連絡の頻度が減ってしまっているのは、彼氏が別れたい気持ちを遠回しにあなたに伝えている可能性があります。 あなたもそうだと思いますが、好きな人とはいつでも連絡をとりあいたいし、ちょっとした時間があれば電話をして声を聞きたいですよね。 しかし、今の彼氏はあなたへの愛情が少し減ってきていて、わざわざ連絡をとりたいと考えていないのかもしれません。 それに連絡をすれば長文のメッセージ交換になってしまうこと、長時間の電話になってしまうこともなんとなく分かっているので、連絡する気になれないのかもしれません。 そこであなたから連絡が来ても、返事をしてしまったり着信に出てしまってはあなたに「別れたい」気持ちを伝えることができなくなってしまうので、連絡の頻度をわざと減らしている可能性があります。 LINEがなかなか既読にならない さきほどの項目でもお伝えしましたが、LINEメッセージを彼女側は彼氏に送っているのに既読がつかないこともありますよね。 どうして既読にならないのかと理由を聞けば「忙しかった」「遊んでいた」などの理由で自分側には悪いことはないと主張してきますよね。 こちらとしては、大好きな人と連絡をとりたいだけなのにどうして既読までもつけてくれないなだろうと、それだけでも悲しくてさみしい気持ちになっている人もいるでしょう。 LINEがなかなか既読にならないのは、そこで既読を付けてしまうと必然的に「このメッセージは読んだ」と間接的に彼女に伝えることになるので「どうして読んでいるのに返事をくれないの」なんて責められてしまうことが分かっているからです。 お互いに愛し合っているときにはとても素敵な機能である既読機能ですが、どちらかの気持ちが冷めてきてしまっているときには、ちょっと邪魔な機能になってしまうこともあります。 メッセージに対する返信がとても短くあっさりしている 以前はとても長い返事をしてきてくれていたのに、ここ最近はメッセージの返信が素っ気ないものになっていませんか?それもまた、彼氏があなたと別れたがっているサインの可能性があります。 好きな人とのメッセージ交換であれば、伝えたいこともあるし、相手のことも知りたいしいろいろな感情があるので、メッセージそのものの文章が長くなりがちなんですよね。 でも、もう相手のことが好きではなくなっていると、好きな気持ちもないし、相手の何かを知りたいという気持ちもないので短くあっさりとした返事になってしまいます。 それも無意識にそうなってしまっているので、彼氏としては「別れたい気持ちは彼女には知られていない」と思っていることも…。 男性は単純な性格の人も多く、女性がちょっとしたことで傷ついているのをなかなか気付きません。 会う回数が減る あなたたちは、これまでどれくらいの頻度でデートをしていましたか?デートといったものではなくても、ちょっとした時間にカフェでお茶をすることもあったでしょう。 もしも、そのような過去の頻度で会うことができなくなっている場合も、別れたがっているサインかもしれません。 会う回数が減っているのは、あなたが原因ではない場合が多いと思います。 なぜならば、あなたはまだ彼氏のことが好きなので会う回数を減らしたいのではなく、むしろその回数を増やしたいと思っているかもしれません。 しかし、彼氏としてはあなたと会いたい気持ちや、あなたと一緒になにかをしたいという気持ちが減っている可能性があります。 誘っても「仕事が忙しい」「予定がわからない」と言われる あなたは、彼氏がデートに誘ってくれなくなったとしても「仕事が忙しい」などという理由でその誘いを断られていませんか? 最初のうちは「それじゃあ仕方ないよね」と受け入れていた内容のものであっても、数か月に渡ってそのような理由で断られている場合は、彼氏が別れたいと考えていることを頭に入れておいたほうがいいかもしれません。 また、「予定がわからない」なんて言われることもあるでしょう。 分からないなら彼女との予定を優先してくれたてもいいですよね。 それもしたくないくらいに、彼女との時間を過ごしたくないと考えている可能性があります。 会話が減る せっかくデートをしても昔のように楽しい気持ちを感じられなくなっていませんか?なんだか一緒にいるのに、心は離れているようなさみしい気持ちになることもあるかもしれません。 それは、彼氏と一緒にいるのに彼氏との会話が減っている証拠です。 会話がないと、二人の関係はますます冷え切ったものになります。 特にこれまでに会話が楽しいと思える相手であればあるほどに、会話が減ってしまうと「一緒にいるのにさみしい」という状況に陥りやすくなります。 会話が減ってしまうと、あなたとしては会話をどうにかして続かせようとしたり、沈黙をやぶるために積極的に話題をふることもあるでしょう。 しかし、どちらかが別れたい気持ちを持っている2人の間で話題を出しても、その話題が盛り上がりにくいです。 盛り上がってもそれは一瞬だけで、その盛り上がりの後はとても冷たい空気が二人の間に流れてしまうこともあります。 会話というのは、相手のことを知るコミュニケーションです。 だからこそ、カップルは互いに話し、互いのことを知り、絆を深めていきます。 しかし、別れそうになっている2人の間での会話は、さらに2人の関係を悪化させてしまうような関係になってしまいます。 そうさせているのは彼氏かもしれませんし、彼女とは話したくないくらいに別れたい気持ちになっている可能性もあります。 適当な相槌が増える 会話を積極的に切り出しても彼氏からの返事が適当になってしまっていることもあるでしょう。 これまでは「うんうん!それでどうしたの?」なんて、会話を掘り下げてくれるような返事をしてくれたのに…。 そんなあなたを思うような返事をしてくれなくなった場合も、あなたとは別れを考えている可能性があります。 なぜならば、別れたいと考えているときにはその相手との関係を少しずつ希薄にしたほうが別れ際に互いに嫌な思いをする必要がなくなることが分かっているからです。 そのため、彼女の話してくる内容に賛同することもないし、逆に否定することもありません(人によっては嫌味を言うこともあります)。 彼氏が疲れている場合にも適当な相槌になってしまうこともありますが、別れたいという気持ちがあるときにも適当な相槌が増える傾向があるので注意しておきましょう。 会話の返事が素っ気なくなる 楽しい会話ってお互いに話題を切り出して、それでいてその話題に対して返事をして会話のキャッチボールをすることですよね。 これまでのデートだったり、電話では自然とそのようなことができていたのに、ここ最近楽しい会話ができていないのではありませんか?それって、彼氏があなたとの会話を少しずつ減らそうとしている可能性があります。 なぜならば、深い会話をしてしまうと彼女に余計な期待をさせてしまい、別れ話をするときにさみしい気持ちにさせてしまう可能性があると彼氏もわかっているからです。 それに、彼女の話していることをそこまで聞きたいと思っていない、彼女の話をつまらないと感じているときにも会話の返事が素っ気なくなりがちです。 冷たい態度になる 恋人同士といえば、2人でお互いのことを気遣い、温かい空気で包まれるものですよね。 しかし、急に彼氏の態度が冷たくなってきたときにも注意が必要です。 あなたもそうだと思いますが、相手のことが好きだからこそ相手のことを大切にしたいと思うものです。 もしも、「好き」「愛している」という気持ちが少しでもなくなってきてしまうと、恋人のことを大切にしたいという気持ちが減ってしまいます。 それどころか「どうしてこの人と一緒にいるのか」と思うようになるので、冷たい態度に自然となってしまいます。 また、恋人との別れを想定している場合にも、今のうちから少しずつ冷たい態度にしておけば別れ際にお互いにいざこざが起こることもないし、彼女も自分への愛情を少しずつなくしていき、彼女から別れを切り出してくれる可能性もあるなと思えるんです。 冷たい態度になってきたときには、どのように接するかがポイントになってきます。 相手の顔をあまり見ないようになる 一緒にいてもあなたの顔を見てくれない、あなたの目を見て話をしてくれないなんてことはありませんか?それは、男性の心理として「やましいことがあるので目を合わせられない」状態をさしています。 あなたに言えない何か隠し事をしている可能性があります。 その理由はいくつか考えられますが、あなたとの別れを考えている場合にも「こんな気持ちで申し訳ない」「彼女は悲しむかもしれない」という罪悪感から、彼女の顔をあまり見なくなることもあります。 相手の顔をあまり見ないようにすることで、その本当の気持ちを彼女に悟られないようにしようとしているんです。 逆にとても怪しく感じてしまいそうですが、男性としてはそれが正しいと思っている場合があります。 お出かけデートが少なくなる ここ最近のデートを思い返してみてください。 お出かけデートや旅行が減っていませんか?お出かけデートをすると、いろいろな場所で新しい経験ができるのでお互いに刺激を受けることができますよね。 しかし、それをしなくなった、お出かけデートを却下されるという場合は、彼氏が彼女をつれて外を歩きたがっていないということが考えられます。 また、過去のデートでお出かけをしているときに、彼女に嫌な思いをさせられてしまったトラウマをいつまでも引きづっている可能性もあります。 お出かけデートが減ってきていると、彼女としては物足りなくなってしまうかもしれません。 家の中でゴロゴロするだけの日が多くなる やっとこじつけたデートでもどこかに出かけることはなく、家の中でゴロゴロするだけの日が増えていませんか?それもまた、彼女と何かをしたい、新しく何かに挑戦したい気持ちが薄れている可能性があります。 家の中でゴロゴロするだけということは、気を張らずに一緒にいることができるのでたまにならいいと思います。 しかし、毎度のようにお家デートになってしまうのは、相手のことを考えず「めんどくさい」という自分の欲求を最優先していることになります。 つまり、彼女の気持ちをあまり考えていない可能性があります。 記念日を忘れる これまでは付き合った記念日や誕生日には、お祝いをしてくれていたのに記念日を忘れられているようなことはありませんか? もしも、少しでも記念日を忘れている、それも記念日を忘れていることを指摘してもまったく悪い素振りを見せてこない場合には、彼女との記念日なんてどうでもいいと感じている可能性があります。 つまり、彼女と一緒にお祝いをするほどでもないし、そこまで付き合っていることに対して良かれと感じていないのかもしれません。 記念日を忘れられるということは、女性にとっては悲しいですよね。 しかし、そこで「記念日を忘れている」と指摘することはさらに彼氏の別れたい気持ちを促進させる可能性もあるので、やんわりと伝えるようにしましょう。 プレゼントなどもどんどん格下げされる 記念日には、なにかプレゼントをくれていた彼氏でも急にくれなくなることがあります。 特にこれまでには「プレゼントは何がいい?」と聞いてきた彼氏が聞いてこなかったり、逆にこちら側から「これがいい」なんて提案してみても、「そんなのだめ」「買えない」「あげられない」と言われてしまうこともあります。 以前は「これもいいけど、あれもいいんじゃない?」なんて優しく提案してくれていた彼氏なだけに、とてもショックですよね。 また、プレゼントをくれても記念日ごとに明らかにプレゼントのランクが下がっていくこともあります。 最初はダイヤモンドのネックレスをくれていたのに、最終的にはコンビニで買えるようなお菓子になっているなんてことも…。 愛情がなくなってきている証拠かもしれません。 スキンシップが減る 大好きな人とはスキンシップをとりたいものです。 大好きな人と触れ合っているときってこの上なく幸せだし、日々の嫌なことを忘れられますよね。 だからこそ、一緒にいるときには手をつないでいたいし、タイミングがあればハグだってしたいんです。 でも、カップルのどちらかの愛情がなくなっていると、スキンシップが減ってきてしまいます。 彼女がスキンシップをするために手をつないでみようとしても、却下されてしまうこともあります。 これまではいつもべったりくっついていた彼氏なだけに、ちょっとしたことでもスキンシップを却下されてしまうととても悲しくなってしまいますよね。 それもまた、彼氏としては彼女とは今そういうことをする気分ではないという理由で却下しています。 人によっては疲れなどのせいでスキンシップが減ってしまっている可能性もあるので、よく観察しましょう。 一緒にいてもスマホばかり見ている 彼氏とデートしているとき、これまではスマホばかり見ていることはなかったのにスマホばかり見ていることはありませんか? もしも、あなたと一緒にいるのにスマホばかり見ていたり、急にゲームを始めたり、誰かと通話を始めた際もあなたへの愛情が冷めてきているサインかもしれません。 相手のことを思えば、一緒にいる彼女のことを最優先に考えるものです。 しかし、それをせずに一緒にいる相手の気持ちなど考えずに自分の欲求に従い、スマホをいじるのは相手のことを考えていない証拠かもしれません。 「スマホをみないで話そうよ」と伝えても、片手からスマホが離れることもないのでそんな彼氏に呆れることもありますよね。 彼氏と別れたくない時の対処法 彼氏が別れたいサインを出してきているときって、彼女としてはショックに感じることばかりですよね。 しかし、どんなにショックなことをされてもまだ彼氏への好きな思いがなくならずに、どうしたらいいのかわからない方もいるでしょう。 本心としては「彼氏とは別れたくない」という気持ちなのではないでしょうか。 さきほども少しお話ししましたが、彼氏の気持ちをさらに触発することなく、別れないようにするには少しテクニックが必要になります。 つまり、彼女側の出方によっては、別れなくてもよかった関係なのに別れることになってしまうこともあります。 そうならないように、彼氏と別れたくないときにはどのように対処すればいいのかをご紹介します。 これからお伝えする方法をとりいれて、彼氏との別れを阻止していきましょう! 挨拶や感謝の言葉をきちんと言うようにする あなたは、彼氏に対して基本的な挨拶(おはよう、こんばんは)や感謝の気持ちを伝えていますか? 関係が長くなったり、逆にまだ付き合いはじめのときには、慣れた関係だったり、恥ずかしい気持ちなどで基本的な挨拶や感謝の気持ちを伝えることができないこともありますよね。 また「伝えなくても彼氏はわかってくれている」なんて勘違いしていませんか?彼氏はあなたが思っているほど、彼女の気持ちを汲み取ることができる天才ではありません。 むしろ、女性の気持ちを汲み取るには鈍感な生き物なので、あなたが言葉や態度にして感謝の気持ちを伝えないと彼氏にはずっとその気持ちが伝わることはないかもしれません。 まずは、この基本的なことを彼氏にできるようにしましょう。 服装やメイクでイメチェンしてみる 彼氏と付き合いし始めてから、あなたはいつも同じメイクやファッションをしているのではありませんか?「君の内面に惚れたよ」という男性でも、実は女性の外見を気にしています。 服装やメイクをイメチェンすることで、「ちょっといつもと違うぞ」と彼氏に思わせることができます。 どんなに彼女のことを内面から惚れていても、男性は見た目で女性に飽きを感じてしまう生き物です。 定期的に美容室にいくとか、過去には身につけたことのないようなアイテムをつけて彼氏を驚かせましょう。 改めて貴女の魅力に気付くかも これまでにしたことのないファッションやメイクにするだけで、今のあなたよりももっと素敵で魅力的な女性に大変身できることがあります。 「きれいだな」「かわいいな」と思わせることができれば、彼氏の中で少し冷めてしまった恋心を復活させることができるかもしれません。 改めてあなたの魅力に気付いてもらうためにも、思い切ってこれまでにしたことのないようなファッションやメイクに挑戦してみてください。 もしも自分ではできないというのであれば、百貨店のコスメ販売エリアで行われているようなメイクレッスンを受けるのもいいでしょう。 自分磨きを始める あなたは、ここ最近で自分磨きをしていますか?自分磨きというのは、見た目を磨くことはもちろんのこと、内面を磨くことも含まれます。 例えば、あなたは何か勉強をしていますか?「勉強をしたところで魅力なんて変わらない」と思われるかもしれないですね。 しかし、人間というのはなにかに一生懸命に取り組んでいる時にこそ、人として成長することができます。 それによってメイクやファッションでは作り出すことのできない内面からの輝きを放つことができるんです。 実は、なにか挑戦したいことがあるのではありませんか?やってみたいことはありませんか?過去に挑戦するのをやめてしまったことはありませんか? 不完全燃焼になっているのは、あなたの気持ちをすべてにおいて中途半端にさせてしまいます。 自分磨きを始めましょう。 努力している人の姿は魅力的 あなたの周りに何かに一生懸命に努力している人はいませんか?資格勉強に取り組んでいる人でも、なにかのコンクールに優勝するために練習を重ねている人でもいいです。 そのような人ってそこまでオシャレでもないのに、とても輝いて見えることはありませんか?それに、そのような何かに努力している人の発言ってとても重みを感じられるものです。 もしかしたら彼氏はあなたに対して「何もしなくてもきれいだよ」なんて言ってくれていたかもしれません。 それはあなたを誰にもとられたくないからであり、あなたの成長をストップさせるためです。 しかし、男性は彼女の成長がストップしてしまうと、途端に彼女に魅力を感じなくなることがあります。 彼氏の言いなりになる必要はありません。 あなたの魅力を最大限に出してモテモテになって彼氏に嫉妬させる作戦も良いでしょう。 特に料理などの家事レベルを上げよう いざ自分磨きを始めようとしても、いったいどこを磨けばいいのかわからないですよね。 もしもすでにチャレンジしたいことがあるのであれば、それらのことに挑戦してください。 もしも、何もないというのであれば、料理など家事のレベルアップを目指してみましょう。 男性としても家事ができる女性はとても魅力的に見えますし、最終的に結婚したいと思わせることができます。 今は別れそうな関係になっていても、そんな彼氏と結婚できる可能性もあります。 別れそうな時の注意点 彼氏と別れそうになっているとき、注意しなければいけないことがあります。 ここでは、どんなことに気を付ければいいのかをお伝えします。 敢えて感情的になったり未練がましくするのはやめよう 彼氏の気持ちが自分から離れていっているのがわかってしまうととても悲しいですよね。 それに「どうして好きじゃないの!」と感情的になってしまうこともあるかもしれません。 しかし、男性には、あえて感情的になるのをやめ、そして未練がましくするのをやめましょう。 男性は逆に冷めてしまう 男性は、そのように未練たらたらの女性はとても苦手です。 なぜならば、愛し合っていた彼女とは思えないように彼女の姿が豹変しているので、どのように対処すればいいのかわからないからです。 また、この先も付き合っていてもそのような彼女の姿を今後も見ると思うと、いま別れたほうがいいと感じることもあります。 さらに彼氏の別れたい気持ちを促進させることもあるのでやめましょう。 しつこくしない あなたは、別れたそうにしている彼氏にしつこくしていませんか?男性はしつこくされると、そこに居心地の良さを感じられません。 男性が女性に求めているのは癒される環境であり、しつこくするような女性では気持ちが窮屈になってしまうんですよね。 その結果、別れたくなってしまうのです。 どうしてもしつこくしたくなりますが、さっぱりとした態度で接するように努力しましょう。 男性が別れを考える主な原因とは? そもそも彼氏はどうして別れを考えるようになったのでしょうか? その原因を知り、対策していきましょう。 彼女に魅力を感じなくなってしまった 付き合い始めはとても魅力的に感じていた彼女ですが、付き合っていくうちに魅力を感じなくなる男性もいます。 その理由としては、彼女がファッションやメイクに気遣いしなくなったことが考えられます。 だからこそ、自分磨きが必要になるのです。 仕事や趣味など自分のことのほうが優先順位が高くなった 彼氏は忙しい人ではありませんか?人は、自分の私生活が充実してくると恋人という存在がうっとうしく感じることがあります。 恋人といる時間があるなら仕事を進めたいし、趣味に時間をあてたいからです。 彼氏に負けずに趣味に没頭すると、彼氏に依存しなくてもやっていけるようになります。 他に好きな人が出来てしまった なかには、彼女のほかに好きな人ができてしまったので別れたいと感じている人もいます。 ほかの女性のことで頭がいっぱいなので、彼女への態度が素っ気なくなってしまうんです。 もしもそのことが分かったのであれば、あなたは身を引いたほうがあなた自身も幸せになれることもあります。 今後については、2人でしっかり話し合う必要があるでしょう。 別れたくなかったら対策を! 今回は、彼氏と別れそうなときにどのようなことをすればいいのか、その原因などをお伝えしてきました。 彼氏とはどうにかしてでも別れたくないですよね。 しかし、よく考えてみたときにあなたは本当に彼氏と別れたくないのでしょうか。 本当は、あなたも彼氏に散々冷たい態度をされて心のどこかで別れたいと考えていませんか。 もしもそうではないのであれば、別れないように今から対策していきましょう。 早めに対策をすることで関係が修復しやすくなります。

次の

彼女と別れたくない時、絶対に試してほしい対処法

彼女 と 別れ たく ない

彼女とケンカをしている最中に別れ話を切り出されてしまった時の交渉方法 まずは、貴方が冷静になりましょう。 女性は一度感情的になると、もう何も耳に入ってきません。 そんな時に、強く言い合っていては、火に油を注ぐ結果になってしまいます。 冷静になり、彼女の言い分をしっかりと聞いてあげてください。 それが、多少、支離滅裂でつじつまが合っていなくても、それはそれでいいのです。 彼女の感情的になった気持ちを静めることが貴方ができる最善の方法です。 喧嘩別れで一番避けたい事は、貴方も一緒に感情的になり、お互いの気持ちをぶつけ合うこと。 女性は、意地っ張りで、プライドの塊のようなもの。 こんな風にされては、よけい意固地になって収集が付きません。 最悪の場合、着信拒否やメール拒否につながり、復縁しづらくなるので要注意です。 貴方が原因で彼女の気持ちがさめてしまった時の交渉方法は? 今度は逆に、彼女が冷静に考えた末別れを切り出されてしまったパターンです。 例えば、マンネリでドキドキしなくなった。 と恋愛の温度差を語られたりするパターンですね。 女性が冷静に話をする時は、ほぼ心の中で道筋ができていて、結果を話している事が多いものです。 それなので、喧嘩をした時の別れ話を回避するより少々難しいものがあります。 しかし、無理な事ではありません。 まず、貴方がしなければならない事は、 心からの謝罪です。 その時の謝罪の方法ですが、マンネリになった事を誤るのでは彼女の気は済みません。 謝る時は、必ず4点をしっかりと彼女に告げてください。 なぜ、マンネリになってしまったのか• 自分がどうしたらマンネリにならずにすんだのか• どうしてそのような事態になるまでほっておいてしまったのか• これからどうしたら良いのか この4つを明確に答えられない限り彼女の気持ちは貴方には戻ってきません。 彼女に「別れを待ってくれ」とお願いする前に、一度しっかりと考えをまとめ謝罪の言葉を考えておく事をお勧めします。 彼女に好きな人ができてしまった場合の交渉方法は? 自分の彼女に好きな人ができてしまった・・そんな事実を突きつけられた貴方はきっと頭に血が上り彼女を責めたい気持ちで一杯になるかもしれません。 しかし、ここで責めたら彼女は貴方から確実に離れて行ってしまいます。 相手に原因がある場合の別れは、彼女の心に罪悪感が少なからずあるはずです。 貴方に怒鳴られるかもしれない。 責められてしまうかもしれないと、言葉を選んで話を進めているはずなのです。 この罪悪感を刺激する方法で別れを食い止めることが可能になります。 例えば、彼女が好きな人ができたと言っても、相手を責めるのではなく、「俺がふがいないから、お前に好きな人ができたんだよな」と自分を責めましょう。 また、 彼女が正直に話してくれた事に感謝をするのです。 そうする事で相手の罪悪感を刺激して「私が悪かった」と素直に思わせることができるようになります。 また、一度別れたとしても、このようなスマートな別れ方をしておくと、復縁がとてもスムーズに行くのです。 まとめ:あくまで「冷静に」がポイント いかがでしたか?今回は3つのパターン別、別れの際の交渉方法をお教えしました。 彼女に別れを告げられたら、最後に1回直接会いたいと彼女に伝えてみましょう。 メールや、電話よりも、直接会うことで情を誘い、相手との別れを避ける事ができることがあります。 その時、喧嘩をしたり、罵声を浴びせていたりすると、最後のチャンスすら持ってもらえなくなる可能性があるので、別れ際はスマートにを常に心がけておいてください。 冷静に行動することで、今すぐの別れを回避できなくても、2.3ヶ月経った頃もう一度、やりなおしが効く二人の関係を構築する事ができるのです。 一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い 一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。 状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、 "解決への新しい糸口"が見つかるものです。 復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。 今ならまだ間に合います。 あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

次の