確定申告 アルバイト。 年金受給しながらアルバイトしている人の確定申告 [確定申告] All About

確定申告など、アルバイトを掛け持ちする際の税金の注意点

確定申告 アルバイト

天引き額は、本来の納付額よりも多い場合があります。 そこで年末調整により、一年間の収入や控除される額を計算して、天引きしていた所得税との差額を調整します。 年末調整の対象となるのは、その年の1月1日から12月31日までの給与所得です。 新社会人の場合は、学生時代の1月から3月にかけてもらったアルバイト代も該当します。 そのため会社が年末調整を行う上では、バイト時代の源泉徴収票も必要になるのです。 勘違いしてしまうケースとしてよくあるのが、アルバイト収入が20万円以下の場合に「申告不要」だと判断してしまうこと。 一か所から給与を受けている人の場合、 「給与所得、退職所得以外の所得が20万円を超える」ときは、確定申告(国民が納めるべき税額を決めるために行う、国への申告制度) が必要となっています。 そのため、会社の給料以外のアルバイト代が20万円を超えていなければ申告はいらないと勘違いしてしまうのです。 しかし、税金を計算する為には、その年にもらった、すべての給与所得を対象に考えます。 アルバイト代が20万円未満であっても、会社の給与所得と合わせて一年間の給与所得と考えるのです。 そのため、アルバイト時代の収入に対する源泉徴収票は、就職先に提出して年末調整を行うか、自分で確定申告をする必要があります。 年末調整に出せなかった場合の対処法 会社によっては、アルバイト時代の源泉徴収票を求めてこないケースもあります。 このように、アルバイト分の給与が年末調整されなかった場合は、自分で確定申告を行いましょう。 確定申告には、アルバイト先の源泉徴収票と、年末調整後に会社から渡される源泉徴収票が必要です。 会社の源泉徴収票は、1月末までに税務署にも提出するため、その年の12月、あるいは翌年1月分の給与明細とともに同封されていることが多いようです。 では、もしアルバイト先の源泉徴収票がない場合は、どうすればいいのでしょうか? 所得税法上、源泉徴収票は、従業員が退職してから1カ月以内に本人と税務署へ発行しなければならないという決まりがあります。 そのため、気が付いていない内に実は届いていた、ということも考えられます。 どうしても見つからない場合は、アルバイト先に連絡をして、再発行してもらいましょう。 源泉徴収法は、必ず発行する決まりになっているので、再発行も含め対応してくれるはずです。 万が一「再発行できない」と言われた場合は、「税務署に相談してみます」と伝えましょう。 税務署からの指導が入ることは、企業にとってもあまりいいことではありません。 それでも対応してくれない場合は、税務署で源泉徴収票不交付の届出を行います。 これにより税務署の指導が入るため、会社は源泉徴収票を発行せざるを得なくなります。 確定申告は毎年2月から3月にかけて税務署で受付けています。 また申請用の用紙も、国税庁のホームページから入手でき、パソコン上から入力できるようにもなっています。 年末調整の時期を過ぎてしまった人は、まず受付期間を確認して、早めに源泉徴収票を揃えておくといいでしょう。 年末調整も、確定申告もしなかったらどうなる? 年末調整や確定申告では、その年に納める所得税を算出し、あらかじめ天引きされていた税金との差額を精算します。 その結果、 納めなければならない金額よりも、多く天引きされていた場合は、その差額が還付金として戻ってくるのです。 反対に、納めなければならない金額に、天引きされていた分が足りない場合は、追加で支払わなければなりません。 年末調整や確定申告を行わない場合、税金を納め過ぎていても、その分が戻ってこないままになってしまいます。 また、納付額が足りない場合は過少申告とみなされて、ペナルティーを科されてしまうこともあります。 いずれにせよメリットはありません。 ちなみに 還付の場合は、申告期限から5年以内であれば確定申告ができ、過払い納付した分が戻ってきます。 逆に、納付金が不足していた場合は、税務署から指摘される前であれば、自分で修正申告が行えます。 その場合、加算税や延滞税がかかる場合もあるので注意しましょう。 仮に学生アルバイトの申告を忘れていたのが3年前のことでも、その年の源泉徴収票が用意できれば、税金の可不足を精算することは可能です。 きちんと精査をして、手続きを行いましょう。 まとめ 近年ではマイナンバー制度が進み、確定申告や年末調整に使用する申告書にも、記入が必要になりました。 そのため納付状況が把握しやすい環境が作られてきています。 学生時代のアルバイト分も正しく申告をしておきましょう。 (学生の窓口編集部).

次の

パート・アルバイトでも確定申告で税金が戻る理由 [確定申告] All About

確定申告 アルバイト

確定申告とアルバイト|年間収入103万円以下 年間収入103万円以下で確定申告すべき場合 アルバイトをしていて、次のすべてに該当する場合には、確定申告をすることにより、年中で給与から天引きされた所得税の全額が還付されます。 1 年間給与収入が103万円以下 2 今年所得税が控除されたときがある 3 年末調整を受けていない アルバイトでも月額収入が88,000円を超える月があると、その月は所得税が天引きされます。 年間給与収入が103万円以下であれば、所得税はかかりません。 給与所得控除65万円とどなたでも受けられる基礎控除38万円を足すと103万円になるからです。 パートさんの103万円の壁も、同じ理由です。 税務署が親切に自動的に所得税を戻してはくれません。 日本では、自主的に申告と納税を行う「申告納税制度」を採用しているからです。 スポンサーリンク 確定申告とアルバイト|年間収入103万円超の場合 年間収入103万円を超えると扶養から外れる 年間のアルバイト給与収入が103万円を超える場合に注意していただきたいのが、親の所得税や住民税の扶養から外れることです。 103万円を超えることを親に話しましょう。 そうしないと、親は自分の年末調整や確定申告であなたと扶養親族として申告してしまいます。 親は、子のアルバイト収入が103万円を超えるなんて思ってもいないからです。 そうすると、親がサラリーマンなら税務署から親の勤務先に扶養情報が間違っているから訂正しなさい、という通知が行きます。 親が自営業であれば、税務署から修正申告するような通知が届くと思います。 勤労学生控除を受けることができる 年間のアルバイト収入が103万円を超えると、通常は所得税がかかります。 しかし、「勤労学生控除」という所得控除の制度を受けることにより、所得税の負担が軽くなったり、かからなくなったりします。 勤労学生控除の条件 勤労学生控除の対象となる勤労学生とは、その年の12月31日の現況で、次の3の全ての要件に該当する人です。 1 給与所得などの勤労による所得があること 2 合計所得金額が65万円以下で、しかも 1 の勤労に基づく所得以外の所得が10万円以下であること 給与所得だけの人の場合は、年間アルバイト給与収入が130万円以下であれば、所得金額が65万円以下となります。 3 高校・大学・高専・専修学校・各種学校の学生や生徒であること 勤労学生控除の金額 勤労学生控除の所得控除額は、27万円です。 勤労学生控除を受けるためには 確定申告で勤労学生控除を受けるためには、学校長から必要な証明書の交付を受けて申告書に添付又は提示する必要があります。 勤労学生控除を受けたいので、証明書を発行してほしい、と学校へ申し出てみてください。 スポンサーリンク 確定申告とアルバイト|確定申告のやり方 用意するのは給与所得の源泉徴収票 アルバイトの方が確定申告するのに必要な書類は、その年に勤務したすべての勤務先が発行した給与所得の源泉徴収票です。 アルバイトの方に源泉徴収票を発行しない会社も多くあるようですので、もらっていなければ発行を依頼しましょう。 もし、紛失した場合であっても、勤務先に再発行の依頼をしましょう。 会社には、給与所得の源泉徴収票の発行義務がありますので、遠慮する必要はありません。 なお、給与所得の源泉徴収票の様式が、平成28年分から変わっています。 (縦に長くなりました) 自分で負担した国民年金や生命保険がある場合 年間収入が103万円超で、自分で国民年金保険料や生命保険料を負担している場合は、社会保険料控除や生命保険料控除を受けることができ、所得税や住民税の負担が少なくなります。 国民年金支払い額について、社会保険料控除を受けるには、日本年金機構が発行した社会保険料控除証明書が必要です。 もし、見当たらない場合は、すぐに再発行を依頼してください。 ・ねんきん加入者ダイヤル 0570-003-004(ナビダイヤル) 【受付時間】月曜日~金曜日 午前8:30~午後7:00 また、生命保険料を負担している場合には、10月から11月ごろに送付されてくる「生命保険料控除証明書」が必要になります。 もし、紛失した場合には、生命保険会社に「生命保険料控除証明書」の再発行を依頼しましょう。 必要書類と通帳を持って税務書へ行こう 上記の給与所得の源泉徴収票や国民年金の社会保険料控除証明書、生命保険料控除証明書と、還付される税金を受け取る通帳をもって、税務署へ行って確定申告をしましょう。 通常の確定申告期には、臨時開設される確定申告会場へ行きます。 そうすれば、確定申告の書き方の指導を受けられて、申告できるはずです。 なぜなら、最大5年前の分まで確定申告をすることにより、所得税の還付を受けることができるからです。

次の

年金受給しながらアルバイトしている人の確定申告 [確定申告] All About

確定申告 アルバイト

「 確定申告」をしなければいけないのは、 いったいどんな場合で、どんな人が対象なんでしょう? 自営の知り合いや、親戚などから、 「確定申告の時期は大変で …」 といった話を、耳にしたことがありませんか? ご存じの様に、個人事業主の場合、 自身での確定申告が必要なんですが … それ以外の、 バイトや パートの場合でも、 確定申告をしなければいけないケースは、少なくありません! では、 どんな場合に、確定申告が必要なんでしょう? そもそも、 確定申告とは何なのか!? 確定申告の期間は、いつからいつまでなのか? また、 確定申告をすると 「得」をする場合とは …!? 初心者でもわかる! 「 アルバイト・パートの場合の確定申告」についてです。 に大きく分けることができます。 「確定申告をしなければいけない場合」は、 もちろん、 『確定申告が必要』なワケなんですが … それ以外でも、 「確定申告をした方がよい場合」も考えられます。 また、 1人あたり 最低38万円(基礎控除)については、 課税対象になりません。 この合計が103万円なので、 給与収入が103万円以下であれば、所得税がかからないことになるのです。 ) また、年収103万円を超えると、 配偶者控除の対象からも外れてしまうため、所得税がかかります。 確定申告をした方がよい場合 次に、 「確定申告をした方がよい場合」とは、 確定申告すると得するよ~って場合のことです。 上述の様に、バイトやパートで、年収が103万円以下の場合、 つまり、 所得税が0円の場合は、基本的に確定申告の必要はありません。 しかし、たとえ 年収103万円以下でも、 「確定申告した方が得する」という場合もあります。 どういうことかと言うと … たとえ、所得税が0円の場合でも、 気付かないうちに、 所得税を納めているというケースがあるからです。 その場合は、 「確定申告で還付」されます! つまり、確定申告をすると、 納めた所得税が返ってくるのです。 の必要があります。 所得税を納めているか?を確認 まずは、 「所得税を納めているか?」を確認するために、 給与と、実際に支払われた金額を比較してみましょう。 計算した合計金額よりも、支給された給与が少ない場合は、 「所得税が源泉徴収されている」という 可能性があります。 業務請負などでは、 「報酬の10. 21%を源泉徴収して支払う」という契約の場合もあり、 年収103万円以下であっても、毎月 所得税を徴収されている可能性があります。 源泉徴収税額を確認! もし、差額があった場合、 職場(バイトやパートの勤務先)から 「源泉徴収票」を貰ってください。 本来、所得税などを源泉徴収している場合、 その会社は、源泉徴収票を発行する義務があります。 一般的に、調整は年末に行われる(年末調整)ため、 源泉徴収票は、その年の12月(または 翌年1月)に配られます。 職場から、源泉徴収票を受け取ったら、 「支払金額」と 「源泉徴収税額」の欄を確認してみてください。 支払金額が 103万円以下であれば、「 所得税は0円」のはずです。 ところが、 支払金額が103万円以下にもかかわらず、源泉徴収税額が0円でない場合は、 納めなくてもいい「所得税を納めている」ということになります! 納めすぎた所得税を確定申告で還付 もし、 納めなくてもいい所得税を納めている! ということがわかったら、 還付申告を行いましょう。 『還付申告』とは、 確定申告を行って、納め過ぎている税金を還付することです。 つまり … 確定申告をすれば「 源泉徴収で納めた所得税が返ってくる」のです!.

次の