勝ち に 不思議 な 勝ち あり 負け に 不思議 な 負け なし。 勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」、小池百合子氏が都知事選に勝利

勝ち に 不思議 な 勝ち あり 負け に 不思議 な 負け なし

こんにちは 最近精神論ばかり書いていて 若干気持ち悪いのですが、 10年もこの仕事をしていると 今更新しい手法を取り入れるとかいうのは もう無理なので、 あとは自分の出来る範囲で100%の取引が どうすれば出来るか、を考えるしか もう無いのかな? ということで 今日も精神的なお話です。 「勝ちに不思議の勝ちあり 負けに不思議の負けなし」 この言葉、てっきり野村監督が考えた言葉 だと思っていたのですが、 ウィキペディアによると 松浦静山の剣術書「権談」からの引用 だそうです。 素晴らしい言葉だと思っています。 しっかり損切ポイントを置いてエントリー。 にもかかわらず、 ズボッと大口の売りが出て急落。 遭えなく大ヤラレ。。。。。 こんな時「これ不思議の負け」じゃない? と思ってしまい、しょうがないしょうがない。 と慰めたくなるのですが、 よくよく考えると凄く高いところを買っていたり、 移動平均を割ってきていたり、、、 (テクニカルはこれぐらいしかわからないですが) 冷静になると、ほとんどの場合 負けた理由はあるんですよね。 でも逆に考えれば 「不思議の負けがない」ということは しっかり考えて取引をして 損切を確実に、利食いも確実に していれば、 ほんのまれに「不思議な勝ち」が顔を出し エントリーの瞬間大口買い! 連続買い気配!!! とかいうラッキーなこともあったりして 結果的に1日の利益が積みあがって 気持ちのいい夜を迎えることが 出来るのではないか? と信じて月曜日から頑張りたいです。 よろしければクリックお願いします kodomo3nindaytrade 【2018年】 1月 359,775 2月 257,023 3月 319,874 4月 205,535 5月 307,096 6月 444,358 7月 285,024 8月 404,341 9月 251,299 10月 360,744 11月 306,480 12月 328,194 計 3,829,743 【2017年】 1月 419,003 2月 388,499 3月 451,243 4月 308,340 5月 401,306 6月 397,807 7月 318,134 8月 277,570 9月 316,047 10月 525,199 11月 502,371 12月 446,529 計 4,752,048 【2016年】 1月 611,088 2月 370,789 3月 450,118 4月 517,849 5月 428,801 6月 539,862 7月 707,170 8月 342,263 9月 381,360 10月 539,421 11月 366,863 12月 407,003 計 5,662,587 【2015年】 1月 736,606 2月 517,854 3月 737,587 4月 689,656 5月 659,224 6月 677,005 7月 689,186 8月 412,719 9月 539,455 10月 314,718 11月 525,021 12月 510,712 計 7,009,743 【2014年】 1月 455,982 2月 145,629 3月 184,591 4月 153,308 5月 222,214 6月 380,567 7月 582,603 8月 439,978 9月 602,525 10月 584,404 11月 618,410 12月 738,374 計 5,108,585 【2013年】 1月 623,413 2月 599,408 3月 983,951 4月 708,066 5月 1,502,880 6月 568,809 7月 902,361 8月 273,531 9月 443,376 10月 574,139 11月 440,809 12月 522,118 計 8,142,861 【2012年】 9月 92,790 10月 178,871 11月 313,292 12月 397,093 計 982,046.

次の

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」 野村監督と孫子の兵法

勝ち に 不思議 な 勝ち あり 負け に 不思議 な 負け なし

プロ野球の野村 元)監督の名言として、 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」がある。 「負けるときは、負けにつながる必然的な要因がある(不思議な点はない)」 しかし、「勝つときには、(どうして勝ったのかどうも思い当たらないという)不思議な勝ちがある」ということである。 勝負の深い綾を示す言葉として、多くの人の印象に残っている。 この言葉は、実は、野村監督のオリジナルではなく、江戸時代の大名でもあり、文人、武人でもある松浦静山の言葉だ。 しかし、名監督として知られる野村監督の言葉としてもいかにも相応しいものだ。 孫子は言う。 「先ず敵に負けない態勢をつくれ。 次に敵に勝てるチャンスを待て」 「負けない態勢を作るのは自分の問題だ。 こちらが勝てる隙をつくるのは敵の問題だ」 負ける原因は、自分の中にある。 だから、負けないということは努力すれば作れる。 だから先ず負けない態勢をつくるべきだ。 「攻め」ではなく「守り」から入るべきだ。 勝つためには、その上で、「不思議のタイミング」を待って、捉えなければならない…。

次の

勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし

勝ち に 不思議 な 勝ち あり 負け に 不思議 な 負け なし

「勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議の負けなし」 元プロ野球監督の野村克也さんの名言として、ご存じの人も多いと思います。 実はこの名言は、江戸時代後期の平戸藩主松浦静山という人の言葉だそうです。 負けた時には、必ず負けた理由があるはず、一方で勝つ時は、相手のミスなどの原因で勝ってしまうことがある。 これから発展し、負ける原因は自分の中にあるので、負けない準備、体制を作り事前準備をおこたりなくすることが大事だと思います。 そのために、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉の通り、まずは自分をよく知ることだと思います。 自分を見つめなおし、自分の欠点を見直して行くことだと思います。 これを、仕事に当てはめてみますと、手抜きによるミス、情報収集能力の不足で他社に負けてしまうといったことが考えられます。 仕事をして行く上で、一見雑用と思われ後回しにしたことが、後から大変重要なことで大問題に発展することがあります。 例えば、やろうとしても忙しいと後回しにしてしまいがちな、机の上や棚などの整理整頓です。 必要な書類などを、必要な時に素早く見つけることができず、無理、無駄が発生し、ミスにつながることがよくあります。 これを機に「勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議の負けなし」の負けの方にならないように、もう一度初心に帰り、 基本に忠実な仕事をし、ミスをなくし、スムーズな仕事ができるようにしていきたいと思います。

次の