うつぶせ寝 大人 心理。 大人のバンザイ寝は疲れや不調のサインかも…原因と防ぐ方法 | 女性の美学

うつぶせ寝になるその深層心理とは?

うつぶせ寝 大人 心理

「仰向け寝が正しい眠り方」というわけではありません。 眠りにつく時は46%の人が「横向き寝」。 一番好きな姿勢で眠ることが快眠のコツの一つです 寝つく時は、自分が一番好きな姿勢をとると眠りやすくなります。 ですから、「仰向けで眠るのが正しい眠り方だ」など誤った思い込みがあると、なかなか眠りにくくなくなるかもしれません。 睡眠時の姿勢に関する調査はたくさんありますが、多くのもので「横向き寝」が半数近くを占め、次に、仰向け、うつ伏せが続くようです。 眠ってしまえば、姿勢をコントロールすることは不可能です。 寝つく時の姿勢と最初の深い睡眠が終わった時の寝相は、多くの場合異なっています。 熟睡すれば寝相が悪くなるのは仕方がないことで、寝返りが少ない子どもは、脳神経の発達が遅れている可能性があるほどです。 とはいえ、成長するにしたがって寝相もよくなってきます。 子どもは眠っている間によくベッドから落ちますが、大人で落ちる人はあまりいません。 それは、眠っている時でも脳の「見張り番」が働いていて、ベッドの縁を感知しているからです。 寝相が悪くよくイビキをかく方は、を参考にして下さい。 寝相から見る性格診断 1970年代にアメリカの精神科医ダンケル博士が、寝つく時の姿勢を次の4つのタイプに分けています。 それぞれの姿勢に特有な性格も分かってきました。 自分に注目を集めるのが好きなタイプで、子どもやタレントに多く見られます。 性格としては、自己中心的で積極的、開放的、行動的な傾向があります。 「大の字で眠る」というイメージですね。 保守的で支配的な人に多く見られます。 大切なものを体で守っているのでしょう。 消極的で神経質、時間に正確な面もあります。 利き腕と向く方向に関連があり、右利きの人は右を下に、左利きの人は左を下にしがちです。 これは、無意識のうちに利き手を守るため、と考えられています。 この寝相は、常識的な人で社会との適応が上手くいっている人に多く見られます。 「心臓への負担を減らすため、右を下にして眠る人が多い」という説もありますが、まだ実証はされていません。 防御的で抑制が強い人に多く、眠っても自分を解放できない現れです。 強い心理的ストレスにさらされている時にも、この寝相になりやすいです。 寝相と健康の関係も知られています。 仰向け型やうつ伏せ型、横向き型で眠っていた人が、急に胎児型で眠るようになった時は要注意。 胃腸など消化器系の病気や、心理的ストレスの蓄積が原因のことがあります。 他にも何か症状があれば、早めに内科や消化器科、心療内科などを受診するとよいでしょう。 寝相から見た相性診断については、「」を合わせてご覧下さい。 寝返りの平均回数は一晩に30回!? 何度も寝返りをして、色々な姿勢に変わるのが正しい寝相 私たちは一晩中、同じ姿勢で眠っているわけではありません。 子どもを見れば分かりますが、彼らは寝返りをたくさんうって、行儀よく寝てはいません。 また大人でも、一晩に10~30回も寝返りしています。 寝返りには、いくつかの目的があります。 ひとつは、体の下になった部分の圧力を減らして、血液の流れを回復させることです。 寝たきりになると床ずれ(褥瘡)ができやすくなるのは、寝返りが不足するためです。 また、寝返りは寝違えを避けるためにも必要です。 もともと筋肉や関節は、動くためにあるもの。 睡眠中にこれらが動かないでいると、不自然な状態で固まってしまい寝違えにつながります。 寝違え診断を行いたい方は、「」を合わせてご覧下さい。 さらに最近では、睡眠の深さの切り替えスイッチとして、寝返りが重要な役割を果たしていることが分かってきました。 寝返りをきっかけに、眠りが浅くなったり深くなったりします。 さらに、レム睡眠とノンレム睡の交替にも関係しているようです。

次の

夫のよだれが枕と布団に!うつぶせ寝をする大人の心理とは?

うつぶせ寝 大人 心理

人は寝ているときが一番無防備だと言います。 だからこそ、寝ているときに隠し切れない性格や、深層心理が表れるのだとか。 お腹を下にして寝る所謂「うつ伏せ寝」の性格と心理についてご説明します。 まずは、うつ伏せで寝る人の性格を15個選びましたのでご紹介! 性格15選• 自己中心的• 支配欲が強い• 神経質• 保守的• 几帳面• 批判が嫌い• 外交的• 不安になりやすい• パニックになりやすい• 努力家• 完璧主義者• 口を出したがる• 警戒心が強い うつ伏せで寝る人は、自己中心的で支配欲が強いとされています。 その反面、とても努力家で勉強も仕事もできる完璧主義者でもあります。 典型的なリーダータイプとも言えます。 うつ伏せで寝る人の心理 赤ちゃんの頃は、うつ伏せ寝は窒息の危険があったりしますが、大人のうつ伏せ寝にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。 まずはうつぶせ寝のメリットをご紹介します! うつぶせ寝のメリット1つ目は「呼吸が楽になる」。 うつ伏せで寝ると胸が圧迫されます。 人は寝ているときは「腹式呼吸」をしています。 胸が圧迫されることで、自然に腹式呼吸をしやすい状態にしているのです。 腹式呼吸で呼吸をすると、自律神経が整ってきます。 自律神経が整えば、より質の良い睡眠がとれて、疲労回復、体の免疫力のアップ、高血圧や脳卒中の予防にもなるとされています。 まず1つ目は「丸まって寝ている」寝方の人の性格と心理から。 この寝方は「胎児型」とも言われ、赤ちゃんのように体を丸めてお腹を隠すように寝る寝方です。 この寝方で寝る人のまずは性格をご紹介します。 このタイプの人は、まさに赤ちゃんのように甘えん坊な性格です。 さらには、エゴが強く怒りっぽい性格をしています。 続いて、「丸まって寝る」所謂胎児型の寝方の人の心理をご紹介します。 丸まる事でお腹を隠す姿勢は、不安な心理状況を表しています。 そのため、ストレスが溜まっているときや、警戒心を持っているときはこの寝方で寝ていることが多いようです。 利き腕を下にしていることが多く、それは利き腕を無意識に守っているという説があります。 「半胎児型」と呼ばれるこの寝方で寝る人は、協調性のある常識的で穏やかな性格の持ち主。 心理状態も非常にバランスが取れています。 横向きの際、手の位置によっても性格が変わってきます。 手を足のほうに向けている人は、外交的で人を信じやすい性格の持ち主。 手を前に出している人は、疑い深いタイプと、同じ横向きでも真逆の性格のようです。 一見、穏やかで平和そうな寝方ですが、このタイプの人は非常に神経質な性格で、悩み多きタイプ。 弱音を吐いたり、誰かに相談したりせず、抱え込むタイプなので、そのストレスは計り知れません。 さらに、胸に手をあてて寝るのは、自分を何かから守ろうという心理が働いています。 突然襲ってくる不安や、肉体的な不安を抱えている可能性もあるので、不安を伝えられるようになれれば良いのですが…。 寝方からみる性格や心理で自分や相手を知ろう! いかがでしたか?自分の心理状態、健康状態を知るためにも、一度自分の寝方を当てはめてみましょう!あなたはどのタイプでしたか?ぜひあなたに合った対処法を見つけてくださいね! そしてあなたの隣で眠る人の寝方も見てみましょう!きっとその人の知られざる性格や、心に秘めているものが読み取れるはずです。 自分を知り、相手を知れば、今後どのように行動すべきかが見えてくるはずです。

次の

うつぶせ寝になるその深層心理とは?

うつぶせ寝 大人 心理

急所というのは腹部や喉元などのことで、それらは主に前側に位置します。 ここで言う陸上生物の言葉には人間も含まれているため、人間も不安な時には急所(前面)を隠したがると言われています。 したがって、人間がうつ伏で寝る時の心理は「安心感を得たいから」だと考えられています。 自然と身を守る心理が働いている、ということです。 しかし、この心理には「欲求不満」の要素も含まれています。 思い通りに行かない、あるいはフラストレーションです。 思い通りに行かないことでストレスを蓄積させる要因には、うつ伏せで寝る人自身がワガママで融通が利かない傾向にあるからだと考えられています。 自分の思い通りにしたい!その気持ちが強いがために、上手く行かないことに対して必要以上に悩んだり、柔軟に対応することが難しくなるということです。 ただし、ワガママだから不満を抱えやすいのは大人に多い敬語です。 子供がうつ伏せで寝る場合は、抑圧的な環境が関係していることもあります。 抑圧的な環境によるストレスが、うつ伏せで寝るという形で現れているのかもしれません。 しかも、帰宅後すぐにです。 帰宅後、前側へ倒れるように眠ってしまう人は、自然とうつ伏せで寝る形になってしまいます。 お風呂にも入らず・着替えもせず・メイク落としもせずに、そのまま倒れてうつ伏せで寝る、といった人も世の中には少なからずいるでしょう。 寝床に辿り着くのがやっと、あるいは帰宅後(すぐに倒れて爆睡し)記憶がないという場合も考えられます。 それは心理というより、とても疲れている状態です。 倒れるほどの疲労原因は、大半が仕事になります。 生活のために仕事は欠かせないものではありますが、生きるため・仕事のためには体が資本になりますので、生活のバランスは大切です。 それはすなわち、「支配欲」の表れです。 両腕を大きく広げていたり、寝床を斜めに陣取っていた場合には、支配欲・征服欲といった心理がより強い傾向にあると考えられています。 いわゆる「自己中」であり、自己中な自分を出したいけど他者からの評価を気にするために出せない!といった葛藤が、心理的な部分にモヤモヤしているのかもしれません。 自分の思い通りにしたい!けど神経質で細かいところまで気になるがために、ストレスを避けようする心理が働いていると考えられます。 ワガママなので、とにかく褒められることは大好きです。 しかし、批判などは極度に嫌います。 その批判が正しい内容であったとしても、うつ伏せで寝る人自身は真実だということを認識していない場合があるようです。 厄介な部分を持つ人、ということになります。 簡単に言えば、「問題の無い状態を守りたい(変化が嫌い)」な心理を持っています。 また、神経質で疲れやすいことも相まって、ストレスに弱い傾向にあります。 人にとって環境などの変化は大きなストレスになると言われているため、うつ伏せで寝る人は保守的かつ変化を避ける心理を抱いている可能性があります。 神経質は細かいところまで気にする性質であり、状況により利点となりますが、普段は自他共に少しめんどくさいタイプとなり得ます。 神経質・几帳面といっても十人十色ですが、うつ伏せで寝る場合には融通が利かないタイプが少なくないようです。 身近な人ほど面倒に感じやすい性質ですが、本人も自分を面倒な人間だと感じることがあるかもしれません。 そのため、神経質で自己中な部分が強い人ほど、予想外の出来事に対して混乱する傾向が強いです。 しかしながら、予想外のことに対する反応は、生きる上での核となる意志・思考の落ち着き度・過去の経験記憶なども関係してきますので、一概には言えません。 これまでの心理は良くない内容ばかりでしたが、人はリラックスしている時にもうつ伏せで寝ることがあるそうです。 うつ伏せで寝ると、何かに抱きついたような感覚を得られるとされます。 うつ伏せで寝る前は何かモヤモヤ・イライラした部分があったかもしれませんが、うつ伏せで寝ている内に、いつの間にか安心・リラックスな状態になっている可能性があります。 犬もたまに、死んだようなうつ伏せで眠っていることがあると言います。 形はフセに似ていますが、前足は前へ伸び、後ろ足は後ろに伸びているので、一見ぺったんこに見えます。 大丈夫か!と思う飼い主さんの気持ちも知らず、そのような格好で眠る犬はエネルギッシュな気分ながらもリラックスしているそうです。 触り心地が良さそうな寝具がそこにある時、普段はうつ伏せで寝ることはない人も、少しくらいうつ伏せで寝た経験がある方はいませんか?そう、触り心地が良い寝具には肌を触れさせたくなるものです。 うつ伏せで寝る人の中には、少なからず、寝具の気持ち良さに惹かれていることが理由の方もいます。 もしかすると、肌触りが良くて心地良いものに触れていたい(癒しを求める)心理が隠されているのかもしれません。 ただし、もともとの香りではなく「自分の好きな香りを付ける」のです。 そういった習慣が無い方にとっては珍しい話になるかもしれませんが、寝具に自分の好きな香水やコロンなどを付ける方もいます。 選択が頻繁に行えるなら、柔軟剤の香りでも良いでしょう。 寝具に香水と見聞きすると大人のイメージを浮かべる方もいますが、好きな香りの中で眠ることはストレス解消・精神安定に役立ちます。 なぜなら、香りの影響は脳に届くためです。 たまには、好きな香りに包まれて、うつ伏せで寝るのも良いでしょう。 恋人の匂いが好き!という場合には、以下のカップルの寝相もご覧ください。 睡眠時無呼吸症候群や、肥満により顎・喉・舌が厚くなっている人は、うつ伏せで寝ると呼吸が楽になるそうです。 呼吸の通り道が狭くなる理由の1つとして、「顎が上がる」ことがあります。 顎を上げてみる(頭を後ろに倒して上を見る動作をする)と分かりますが、体格を問わず喉が狭くなることが確認できます。 仰向けで寝ると、大抵は顎が上がるために呼吸が浅くなりやすいとされます。 そのため、睡眠時や寝転がる時に呼吸の問題が出やすい方は、自然とうつ伏せで寝る行動を見せることがあるようです。 特に、胃腸系が心配です。 病気のリスクも否定はできませんが、日常で起きやすい胃もたれ・食べ過ぎ・過度な空腹感が原因となっていることもあります。 また、普段はうつ伏せで寝ない人が「最近はうつ伏せで寝ないと眠れない」とか「今日はうつ伏せで寝たい」などと感じる場合は、胃腸が疲れているのかもしれません。 しかし、精神的不調の可能性もありますので、自身の心身状態に目を向けてみましょう。 うつ伏せは、横から見ると仰向け同様に真っ直ぐな形ではありますが、体の構造としては前傾になります。 特に、首は少し前側へ傾いた形になります。 そのため、背中上部辺りから上の部分が前傾気味の人は、うつ伏せで寝ることが多い可能性があると考えられています。 その際、粘膜を侵入者から護るのは唾液や鼻水ですが、唾液に混ざった侵入者は、唾液と共に体内に流されて行きます。 胃酸で死滅する侵入者が多い中、生き延びて感染症を引き起こす強い細菌も存在します。 そのことから、感染症リスクを低減させるためにうつ伏せで寝る人もいるようです。 かなり稀な理由ではありますが、感染症に多大な不安を覚える心理を持つ人ならあり得ます。 ただ、うつ伏せで寝ると唾液が体外に出る可能性が高くなります。 いわゆる、ヨダレです。 就寝時よりも、うたた寝・昼寝といった途中の睡眠時にヨダレを垂らす人が多いとされますが、いずれの睡眠でも垂れたヨダレはちゃんと処理しましょう。 ヨダレには菌が豊富な上に妙な匂いもありますので、可能性であれば洗濯してください。 また、イビキ予防にもなります。 イビキは喉や鼻の通りが狭くなることで起きるため、喉からのイビキの場合には有効です。 鼻からのイビキでも、うつ伏せで顔が下・横に向いて鼻水が流れやすくなるため、軽減できる可能性はあります。 酸素は血液にも欠かせない存在であり、血液の酸素濃度が低くなると、疲労回復が十分に行われない状態になると言われています。 うつ伏せは呼吸を塞ぎにくい寝方なので、眠っている間に血中酸素濃度が低くなる可能性を減らすことができます。 それにより、疲労回復だけでなく、脳卒中や不整脈といった循環器系疾患の予防にもつながるそうです。 姿勢が前傾気味の方はうつ伏せで寝る率が高いとお伝えしましたが、その理由は楽な姿勢であるからです。 うつ伏せは完全な前傾にはならず、寝床が体を支えてくれるため、肩コリや腰痛が緩和されると考えられています。 しかし、寝返りが少ない場合には、首などが痛くなる恐れがあります。 腹式呼吸をすると、酸素が取り込みやすくなります。 以上で触れましたように、酸素は血液にも含まれており、全身に巡り、体内機能が働くために必要な元素です。 そのため、うつ伏せで寝ると疲労回復の効果が高くなると考えられています。 個人差はあるかと思いますが、普段はうつ伏せで寝ることをしない人がうつ伏せ寝を試してみると、疲労回復度の違いを実感することもあるようです。 それによる効果は体内の働きのことだけに限らず、睡眠の質にも良い影響を与えます。 睡眠の質は疲労回復に関係しており、特に脳・眼・筋肉にとっては重要です。 就寝前にヨガ・ストレッチ・瞑想などを行うと良いと言われるのは、呼吸を意識する動作であることや、酸素の巡りに関係する筋肉をほぐす効果があるからです。 うつ伏せは内臓にかかる圧迫が適度であり、その適度さが胃腸の調子改善に役立つと言われています。 もちろん、デメリットの部分も存在します。 ます、第一に「胸部が圧迫される」という悪い効果があります。 胸部は圧迫され続けると、肺に負荷がかかる恐れがあるそうです。 胃腸への負担を減らしたり、喉の開きが良くなることはありますが、肺の圧迫により呼吸困難になる可能性は否定できません。 また、赤ちゃんはうつ伏せで寝ると死のリスクが高いとされますので、観察や対処をちゃんとしてください。 バストサイズが大きい人ほどなりやすいので、ご注意ください。 O脚の原因には重心のズレが関係しており、重心のズレは骨格の歪みを要因とします。 そのため、O脚と同様、うつ伏せで寝ると腰痛になるリスクが多少ならとも上がると考えられています。 そう言われる理由は、うつ伏せは仰向けの時よりも、顔の骨にかかる負荷重量が約5キロ多くなるからです。 良し悪し?うつ伏せで寝る心理と性格!まとめ うつ伏せで寝る心理・性格・効果は、どれもこれも良し悪しです。 性格面では自己中・細かい・融通が利かないなど良くない内容が多い印象でしたが、心理としては「リラックスしている」などの良い意味もありました。 効果としてもメリット・デメリットがありましたが、正直な話、全ての寝方にメリット・デメリットは存在しています。 人は睡眠時、正常なら5回から20回くらいは寝返りをするそうです。 そのため、入眠時の寝方と熟睡中の寝方、覚醒間近の寝方や覚醒時の寝方は異なる可能性があります。 どの時間帯に心理・性格を当てはめてみても良いのですが、「全員には当てはまらない」ことは忘れないようにしてください。 たとえば、フランス人のうつ伏せ率はとても高いとされますが、フランス人のほとんどが自己中で支配的なわけではありません。 あくまで、人類全員で実験した説ではないので、信じ過ぎは禁物です。

次の